一人暮らしの部屋の寒さ対策!おすすめのプチプラグッズやプチプチ活用方法

samui


家族で住んでいるときはそれほど感じなかった冬の寒さですが、一人暮らしを始めると寒さが身にしみるのではないでしょうか。
冬が寒いのは当たり前のことですが、アパートなどは建物の構造や部屋の位置によって寒さが酷いことがあります。
今回は一人暮らしの寒さ対策や、プチプチの活用方法について紹介したいと思います。
※「プチプチ」は、川上産業株式会社様の登録商標です。

関連記事>>お風呂場が寒い!冬の浴室寒さ対策と体を温める入浴法

スポンサードリンク

一人暮らしの部屋の寒さ対策

家族の元を離れ、初めて迎える冬の季節。
いつもより寒いと感じたことはありませんか。

アパートやマンションなどの建物は、構造や部屋の位置によって寒いことがあります。

特に木造アパートでは断熱効果の低い物を使用していたり、断熱材を建物の一部にしか使用していないなど寒くなる原因が挙げられます。
また、ワンルームでは、玄関と部屋の間に仕切りや扉がない場合が多く、玄関からのすきま風によって部屋の中も冷え込みます。
その他にも、壁が薄かったり、角部屋や窓が多いのも寒さの原因になります。

そんな一人暮らしの部屋の寒さから開放される対策を紹介します。

  • カーテンの素材を工夫する

カーテンは厚手の物を用い、冷気をシャットダウンしましょう。
アパートなどの部屋が寒いのは窓から冷気が入るからなのです。
冷気を通過させないことが、一番の寒さ対策です。

厚手の生地やビニールなどは冷気を通しにくいので効果的です。
またカーテンはできるだけ床ぎりぎりの長さで調節すると窓の下から入る冷気を防ぐことができます。

  • 窓に防寒シートを貼る
カーテンでも寒さが防げないときは、窓に防寒シートを貼ると良いでしょう。
北国など寒さが厳しい地域では窓が二重窓になっていますが、これと同じ原理で防寒シートを貼ることで二重になり寒さを防ぐことができます。

  • 暖房器具の位置を工夫する

暖房器具を窓付近に設置することで寒さを防ぐことができます。
冷たい空気は下へ、温かい空気は上へと流れて行きます。
窓際に暖房器具を置くことで窓から入って来る冷たい冷気が上へ押し流され、温かい空気と混じるので部屋の上部と下部との温度差がなくなり暖房効果が高くなります。

  • サッシの隙間をなくす

窓などのサッシに隙間があると、隙間から冷気が入り込んで部屋多が冷える原因になります。

隙間がある場合は市販されているすき間モヘヤシールなどを使用して隙間を埋めてあげましょう。
窓際の隙間には断熱テープなども効果的です。

  • 部屋でお湯を沸かす

ケトルから出る湯気を利用して部屋を暖めます。
多めに沸かすことで蒸気も多くなり温かさが違います。

また、部屋でお鍋をするのも効果がありますよ。
お鍋をすれば部屋だけでなく身体も温まりますね。

体の中から温めたい人へ

一人暮らしの部屋の寒さ対策にオススメのプチプラグッズ

最近は、部屋の寒さ対策グッズも豊富に販売されています。
100均ショップなどで手に入るものも多くありますので、お金をかけずに工夫したいですね。

部屋の寒さは、ちょっとした工夫やグッズを使用することで部屋がいつもより暖かく感じられるようになります。
寒さ対策に効果的なグッズを紹介しますので、参考にして下さいね。

  • コルクマット

フローリングの部屋は冷えやすく、また床は寒さがこもりやすい場所でもあります。
市販されているコルクマットを敷くことで寒さを防ぐことができます。
100均ショップで売っている、ジョイント式のクッションマットでもOKですよ。

  • 段ボール

段ボールは、実は保温効果が高いアイテムなんです。
空気層が寒さをシャットダウンしてくれるので、カーペットの下などに敷くと温かさが違いますよ。

  • アルミシート

アルミシートも断熱効果が高く、部屋の寒さ対策に使えるアイテムです。
100円ショップなどで「アルミ断熱シート」と言ったものが販売されているので、カーペットの下に敷くことで熱を保温して、床からくる冷えを遮断することができます。

  • 気泡緩衝材(プチプチ)

ホームセンターなどで購入できる気泡緩衝材(プチプチ)も断熱効果が得られ部屋を寒さから守ってくれます。
防寒シートなど値段が高くつくものは限られた範囲でしか使用できませんが、プチプチならお手頃な価格で窓全体に気兼ねなく貼ることができますね。
プチプチの活用方法については、後述しますので参考にしてみて下さい。

  • 隙間テープ

窓やサッシの間に隙間テープを貼って、部屋に冷気が入り込まないようにするのも効果的です。

  • 冷気を防ぐ専用のシート

窓に貼るタイプや、カーテンの裾に使用できるアイテムです。
窓に貼れば冷気を遮断でき、寒さから部屋を防いでくれます。
専用シートはホームセンターや100円ショップなどで購入できます。

一人暮らしの部屋の寒さ対策にプチプチの活用方法

荷物や商品の梱包に使用される緩衝材を窓に貼ると窓が2重になり寒さを防いでくれます。
プチプチの中に入っている空気の層が冷気を防いでくれるため、断熱効果が得られるためです。

比較的安価に手に入るため費用もかからず、保温効果も高いので是非試して下さいね。

プチプチの貼り方

プチプチの部分(凸凹している方)を窓に直接貼っていきます
プチプチの凹凸面をガラスに貼ることで空気の層ができ、効果が高くなります。
貼る時は、剥がせるタイプの両面テープを使用するのがオススメです。

冷たい空気は窓の隙間やサッシから入り込むため、窓や隙間に隙間テープなどを貼ってからプチプチを貼ると更に保温効果が高まります。

また窓のサッシの部分にもプチプチを貼ると更に効果的ですよ。
冬場限定であれば、窓枠ごと丸っと覆ってしまうのも一つの手です。

体の中から温めたい人へ

まとめ

一人暮らしではアパートの構造や部屋の向きから寒くなることがあります。

窓などの隙間から隙間風を入れないことや、二重窓の原理を利用するなど少しの工夫で部屋を寒さから防いでくれることができます。
まずは窓から入る冷気を遮断することから始めてみると良いですよ。
一人暮らしの部屋が、少しでも温かくなりますように!

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ