秋の花粉症の時期はいつまで続くの?原因や症状は?

menokayumi


春は何ともないのに、秋になると鼻水が出たり、目や喉が痒くなったりという人が増えています。
秋の花粉症ってやつですね。

春だけに限らず、植物によっては夏や秋などにも花粉症を発症することがあります。
特に秋の花粉症は風邪症状と似ていることもあり、うっかりすると花粉症を見逃してしまうことがあります。

今回は秋に起こる花粉症について紹介します。

スポンサードリンク

秋の花粉症の時期はいつまで続くの?

秋の花粉症は最近は春に次いで有名ですが、暑い夏が過ぎて朝晩冷え込むことから風邪と間違えてしまうことがあります。

秋の花粉症は8月から10月までと言われていますが、8月下旬頃から徐々に飛び始め9月にピークを迎え10月くらいまで続きます。

また秋の花粉症は春に発症するスギやヒノキなど背丈の高い樹木に比べ、ブタクサやヨモギなど背丈の低い植物から花粉を飛ばします。
このような秋の植物は7月頃から徐々に花が咲き始めるので、7月の早い時期から予防しておくと症状が軽くてすむでしょう。

秋の花粉症の原因は?

秋の花粉症の原因となる植物にはブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、イラクサなどがあります。

これらの植物はどれも背丈が低く、空き地や野花、河川敷などに繁殖し散歩やジョギングをした際など知らない間に吸い込んで症状を発症することがあります。

アレルギー体質やスギ花粉症のある方はなどは、花粉症にかかりやすいため注意が必要です。
花粉の飛散は数百メートル程度で春に比較すると飛散する範囲は小さめです。

ブタクサ(9月中旬~10月中旬)

キク科の植物で河川敷や道端などに繁殖しています。
秋の花粉症を代表する植物で9月から10月にかけて花を咲かせるためこの時期になると症状が出始めます。
またブタクサは粒子が細かいため、気管に入りやすいのも特徴です。

ヨモギ(8月中旬~10月中旬)

キク科の植物で草餅の原料や食用天ぷらのとしても知られる植物です。
ヨモギも花粉症の原因になります。
繁殖するのは関東地方や関東以南地域で、北海道や東北地方ではあまり生えていません。

カナムグラ(8月中旬~10月中旬)

荒れ地や電柱、ガードレールなどでよく見かけるクワ科の植物です。
巻き付きながら高い位置で花粉を飛ばします。

イラクサ(9月上旬~9月下旬)

山地や林の中に見られる植物で本州、四国、九州地方にかけて繁殖しています。

秋の花粉症は空き地や河川敷など私たちが普段、歩いたり散歩に利用するコースなどに咲いていることがあるため、このような植物が生えている場所を避けて通るようにしましょう。

また花粉症を発症する原因には原因物質となる植物のほか、日ごろの生活習慣も関係しています。

例えば、肉食を中心とした高たんぱくな食生活や、大気汚染、ストレスなど免疫力が低下した時もアレルギー症状を発症しやすくなります。

特にストレスは自律神経を乱しやすく、花粉症の症状が強く出る場合がああります。
免疫力を高めておくことで外敵と戦うことができます。

秋の花粉症の症状は?

秋の花粉症の症状と言えばくしゃみ、鼻水、鼻づまりなど春の花粉症とそれほど変わりはありませんが、秋の花粉症では咳が出ることがあります
また症状も風邪症状と似ているため風邪と間違えてしまうこともあります。

スギ花粉は花粉の粒子が大きいため鼻の粘膜に詰まりやすく、鼻水やくしゃみなど鼻を中心に症状が現れますが、秋の花粉症はブタクサなど花粉の粒子が小さいので、気管に侵入して喘息様症状を引き起こすことがあるのです。

風邪と花粉症の症状の違いをまとめましたので参考にして下さい。

花粉症の主症状

  • 並び項目
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 透明でさらっとした鼻水
  • 1週間以上続く鼻水、鼻づまり
  • 目や鼻の痒み
  • 喉の痒みやイガイガ感
  • 目の充血
  • 咳や頭痛
  • 天気の良い日に症状が強く出る
  • 微熱が出る

鼻がムズムズしたり、鼻水やくしゃみが止まらないなど症状がある時は花粉症を疑いましょう。

風邪の症状

  • 粘り気のある鼻水(サラッとした鼻水から始まり粘度のある鼻水に変化します)
  • 食欲減退
  • 熱が出る
  • 1週間すると症状が軽減する

9月から10月に入って風邪かな?と思ったら花粉症も疑ってみましょう。

春と秋の花粉症に共通する症状はありますが、秋の花粉症では体や喉の痒み、咳が出るなど気道に影響を及ぼすことがあります。

但し、症状の出方には個人差があるため、花粉症にかかった全ての人が同じような症状を発症するわけではありません。
咳の症状は放置しておくと喘息に進行する恐れがあるため、長く続く咳は放置せず耳鼻咽喉科など受診するようにして下さい。

また鼻水は慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の原因ともなるため症状が酷い時は適切な処置を受けるようにしましょう。

まとめ

秋の花粉症についてまとめした。

花粉症は早めに対策して症状を軽減することも可能です。

また、花粉症などアレルギー症状は免疫力が低下した時に発症したり、症状が強く出ることがあります。
栄養バランスの良い食事や規則正しい生活、たっぷりの睡眠で体に抵抗力をつけ花粉症に罹らない身体つくりに励みましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ