あしかがフラワーパークイルミネーションの車でのアクセスや駐車場は?混雑情報も

asikaga


栃木県足利市にあるあしかがフラワーパークのイルミネーションは関東三大イルミネーションのひとつで、日本夜景遺産にも認定登録されています。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは全国にあるイルミネーションの中でも上位を占め、カップルや家族などに人気のスポットとなっています。

今回は、あしかがフラワーパークイルミネーションのアクセス方法や混雑情報などについて説明したいと思います。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークイルミネーションの車と電車でのアクセス

あしかがフラワーパークイルミネーションは栃木県足利市迫間町に所在します。

イルミネーションは毎年、10月中旬頃から2月初旬頃まで開催され多くの人で賑わいます。
約250万球以上の電球やLEDを使用し、多くの人の目を楽しませています。

車でのアクセス方法

首都圏に近く、4つのインターチェンジから約20分と高立地な場所に会場があります。

<東北自動車道>

・佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

<北関東自動車道>

・太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)

・足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)

・佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

電車でのアクセス方法

電車でアクセスする場合は、JRと東武伊勢崎線の二通りあります。

・JR両毛線 富田駅 徒歩約13分
・東武伊勢崎線 足利市駅下車 シャトルバスで約30分

あしかがフラワーパークイルミネーションの駐車場情報

車でドライブをしながらあしかがフラワーパークイルミネーション会場に出かける場合、駐車場の確保が必要ですよね。

あしかがフラワーパークには、300台収容可能な無料の駐車場があります。
また、イルミネーション期間中はこの他にも臨時駐車場が利用できる場合もあります。
出掛ける日が決まったら、事前に臨時駐車場の有無を確認すると良いでしょう。

問い合わせ先:0284-91-4939

土日祝日、クリスマスの前後、年末年始などイベントがある時は大変混雑しますので、早めに来園することをお勧めします。

16時過ぎなど日没に近付くと混雑するため、無料駐車場に駐車できない場合もありますので、早めの到着がおすすめです。

また、昨年(2015年度)は栗田美術館の駐車場が臨時駐車場となっていました。
栗田美術館からイルミネーションの会場までは約550m、徒歩約7分の距離になります。
時間は17時〜閉園まで利用することが可能でした。
今年(2016年度)については未定ですので、行かれる前に公式サイトなどをチェックしておくと良いかと思います。

その他、民間の有料駐車場や空き地を開放した駐車場(有料)なども利用できます。

イルミネーションの点灯時間が近くなると駐車場待ちの渋滞に巻き込まれ、駐車するのに時間がかかることもあります。
無料駐車場を確保するためには、イルミネーションが点灯する30分前には到着しておくと安心ですね。

なお、路上駐車は他の方の迷惑になるため絶対やめましょう。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークイルミネーションの混雑情報

あしかがフラワーパークイルミネーションは、関東三大イルミネーションとして知られている為、混雑は避けられません。

イルミネーションの点灯時間は16:30~21:00、土・日曜・祝日は16:30~21:30です。

園内は広い為、全てのイルミネーションを見るには約1時間〜2時間はかかると思いましょう。

特に19時くらいにはかなりの混雑が予想されるため、早めに行動することでゆっくり眺めることができるでます。

また12月の土日祝日、クリスマス前後、年末年始などは特に混雑します。
逆に、平日や日没前などは混雑を避けることができます。

イルミネーションが始まってすぐの10月中旬頃から11月中、またクリスマスや年末年始が終わった1月の中旬頃が比較的混雑せず見ることができるでしょう。

時間では15時30分〜16時くらいまでに入園すると駐車場渋滞も避けられ、比較的ゆっくりと過ごすことができます。

まとめ

あしかがフラワーパークイルミネーションの混雑状況などについてまとめました。

冬はイベントが多く、特別な思い出を作りに出かけたくなりますが、反対に混雑して良い思い出が残せなかったなどの可能性も出てきます。

カップルで出かける時には楽しいひと時過ごせるように、混雑する時間帯や時期を避けるようにするのがベストですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ