RSウィルスの妊婦への影響は?治療方法は?胎児への影響は?

ninpu


今流行中のRSウィルスに、家族が感染してしまいました。
私は現在妊娠4ヶ月の妊婦ですが、万が一家族からうつってしまった場合どんな影響が考えられますか?
また、妊婦治療方法胎児への影響についても気になります。
感染症が流行するこの時期は、妊婦さんにとっても何かと心配続きですよね。
それでは、妊婦さんがRSウィルスに感染した場合の影響や、治療方法、そして胎児への影響についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

RSウィルスの妊婦への影響は?

RSウィルスは乳幼児に多く感染する病気ですが、大人が感染した場合は風邪症状程度におさまることがほとんどです。

潜伏期間は4日〜5日くらいで、1週間ほどで良くなりますが、妊婦の方が感染するとどうなるのでしょう?

妊婦の方も成人と同じように風邪症状で済むことがほとんどですが、妊娠中はウイルスに対する抵抗力や体力も低下気味なので症状が悪化したり長引きやすいと言われています。

日頃から規則正しい生活を送り栄養バランスのとれた食事で身体の管理を行いましょう。

RSウィルスに妊婦が感染した場合の治療方法は?

妊娠中は使用できる薬剤も限られてくるので、なるべく風邪や感染症にかかりたくはないですよね。

RSウィルスに妊婦が感染してしまったら、まず自然治癒を試みます。

症状が重くなるようであれば、妊婦でも内服できるような安全な薬を処方してもらいましょう。

緑黄色野菜や果物など栄養のある食品を摂取したり、水分を多くとるなどウィルスに対抗できるように免疫力を高めておくのも大切ですね。

また手洗いやうがいを普段から行いウィルスに感染しないように予防することも重要です。

妊婦がRSウィルスに感染した場合の胎児への影響は?

RSウィルスは風疹やトキソプラズマ症、単純ヘルペスウィルス、サイトメガロウィルスなどの感染症と違い妊婦がRSウィルスに感染しても胎児への影響はありません

妊娠中は免疫力や抵抗力も低下しているので、重症にならないように注意しましょう。

体力が回復するようしっかりと休養し、また水分補給をして脱水にならないようにして下さい。

RSウィルスは胎児に影響を与えませんが、脱水症状によって胎児に影響を与えることがありますので注意が必要です。

RSウィルス感染症についてはこちらもチェック!

RSウィルス赤ちゃんの症状は?突発性発疹との違いや治療法は?
RSウィルス?マイコプラズマやインフルエンザや溶連菌との違いは?
RSウィルスの感染経路や予防方法は?いつまでうつる?
RSウィルスの初期症状は?大人が感染した時の症状や治療方法
RSウィルス完治までの期間やいつから外出できる?
RSウィルスは予防接種を受けた方が良い?副作用や費用は?保険適用?
RSウィルスの潜伏期間は何日?潜伏期間中にもうつる?検査は?

まとめ

妊婦がRSウィルスに感染した場合の症状や対処法、また胎児への影響についてまとめましたが、参考になりましたか?

RSウィルスは胎児に影響を与えないということで安心したのではないでしょうか。

症状が軽いとはいえ妊娠中は抵抗力も弱いことからRSウィルスに感染しないように注意したいですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ