中秋の名月の楽しみ方!用意するものや食べ物はコレ!

tukimi


猛暑日が落ち着いて、虫の声が聞こえ始めるとお月見の季節がやって来ます。
お月見は日本古来からある秋の行事で、月を眺めながらお団子を頂くという風習があります。

風情のある行事ですが、忙しい日常の中で古くからある行事を何気なく行っている方もいるはずです。

今回は中秋の名月の楽しみ方を紹介しますので、今年のお月見はいつもと違った楽しみ方で家族で過ごすなどいかがでしょうか。

スポンサードリンク

中秋の名月の楽しみ方

暑い夏が過ぎ、秋分の日が近づく頃に中秋の名月がやってきます。
中秋の名月の日にちは月の満ち欠けによって変わるため、毎年同じ日にやって来るわけではありません。
また、お月見というと満月のメージがありますが、中秋の名月の日が満月であるとは限らないんですよ。

中秋の名月の始まりは中国から伝わったとされ、日本では平安時代に秋の収穫を感謝・祈願するために行われた行事と言われています。
また貴族の間では、美しい月を眺めながら俳句を詠んだり宴が催されたという情緒ある行事でした。

今年はいつもと違った方法でお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

自宅でできるお月見の楽しみ方を紹介します。

  • お供え物を用意する
お月見の日は、お団子以外にもススキやさつま芋、里芋、ブドウなど旬の農作物などお供え物を本格的に揃えてみましょう。

  • お神酒を用意する
自分の好きなお酒を用意して、月を眺めながらお月見団子と一緒に頂くのも良いですね。

  • 手づくりのお月見団子を用意する
いつもお月見団子をスーパーマーケットなどで購入しているという方は、今年は手づくりの月見団子で楽しんではいかがでしょうか。
お団子を作る際に、白いお団子にかぼちゃを混ぜれば黄色い月見団子ができ、更にお月見らしくなりますね。
子供と一緒に作ってお月見の歴史を語るのも良いですね。

  • 部屋の電気を消して月を眺める
美しいお月様を眺めるには、電気を落として月明りだけでお団子を頂くのも風情がありますね。
暗い時はキャンドルなどを利用して、優しい雰囲気を出すようにして下さいね。

  • 月うさぎを探してみる
月と言えばウサギですよね。
月の中に浮かぶウサギを探してみましょう。

このようにお月見の楽しみ方を工夫することで、何気なく行っていたお月見の行事も楽しさが増すこと間違いないですね。

中秋の名月に用意するものは?

中秋の名月を楽しむにあたり、お月見に必要な物をきちんと用意して楽しむようにしましょう。

早速、お月見に必要な物を見ていきましょう。

  • お月見団子
お月見にはお団子は欠かせない食べ物です。
スーパーマーケットなどでお団子を購入することができますが、家にある材料で簡単に作れるので今年のお月見は手づくり団子に挑戦してはいかがでしょうか。

手作りなら白い団子の他にお月様をイメージした黄色い団子など、色とりどりの団子を作ることができ、目に見て楽しく、また食べても美味しい団子になるに違いありませんね。

  • すすき
稲穂を飾るのが本来の方法ですが、時期によって稲穂が入手できないことから代りにススキを飾ることになりました。

またススキは月の神様の対象物とされ、神様が宿るものとされています。
飾ったススキを軒先に吊るしておくと病気をしないなど魔除けの意味も込められています。

そのほか、災いなどから農作物を守り、翌年の豊作を願う意味もあります。

ススキは5本か15本を1升瓶にさして飾るようにします。

  • 秋の収穫物
里芋やさつま芋、栗、柿、葡萄など秋に収穫される果物や野菜を飾る地域御もあります。
葡萄などツルのついた食べ物は人と月のつながりを意味して縁起の良い食べ物と言われています。
中秋の名月は「芋名月」とも言われることから里芋やさつま芋などの収穫を祝います。

  • 三方(三宝)さんぽう
三方(三宝)はお月見団子を並べる時に使用します。
三方とは神事に使用する器でお供え物を置く台を指し、「三宝」は仏事に用いられます。

三方はホームセンターや仏具店などで購入できますが、手に入らない場合は、自宅にある白い皿や普通のお皿、お盆に半紙や奉書紙など白い紙をのせてお団子を置くことができます。

中秋の名月に食べる食べ物とは

中秋の名月は秋の収穫を祝う行事ですが、お団子以外にも食べるものがあるのを知っていますか。

秋の収穫を祝う行事のため芋類や旬の果物、野菜を使用した料理やお月様をイメージするような食べ物が食されています。

中秋の名月に食べるもの
季節の果物・野菜
・里芋の煮物
・けんちん汁
・筑前煮
・栗ご飯
・さつま芋のご飯
・さつま芋やかぼちゃ、里芋のコロッケ
・枝豆
・ブドウ

お団子類
・月見団子
・団子汁

その他
・月見うどん
・鶏つくね

このように秋に収穫される旬の食材で作られた食べ物やお月様に見立てたものを食べて、お月様に収穫の感謝・祈願していたのですね。
またお月見の起源の中国では「月餅(げっぺい)」をお月様に見立てて食べられているそうですよ。

まとめ

以上が、中秋の名月の楽しみ方です。

毎年何気なく過ぎて行った中秋の名月も、いつもと違った楽しみ方で過ごしてみて下さいね。

お月見の由来など知らない人も以外に多いので、これを機会に家族でお月見の歴史を話しながらお団子を食べるなど子供に伝えていくのも良いですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ