お彼岸の結婚式は非常識?中日の場合は?縁起悪い?

wedding


「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、お彼岸の時期は季節が落ち着き、結婚式を考えているカップルもいることでしょう。
また仕事や休みの関係から、お彼岸の時期でないとどうしても結婚式が挙げられないなど事情のある方もいるはずです。
でも、お彼岸に結婚式って非常識なのでしょうか・・・。

今回はお彼岸の結婚式についてまとめした。
お彼岸に結婚式を挙げるべきか悩んでいる方は参考にして下さいね。

スポンサードリンク

お彼岸の結婚式は非常識?

お彼岸は喪中と違い身を慎む時期ではないので、お彼岸に結婚式を挙げることに関しては問題ありませんし、非常識でもありません。

ですが、結婚式には老若男女、さまざまな年代の方が参加しますよね。
新郎新婦の友達や両家の親戚、会社の上司や先輩・後輩など、中にはお彼岸に結婚式を挙げることに対して良いイメージを持たない人もいるかもしれません。

また、結婚式に参列する方の中には、お彼岸にお墓参りを計画している方もいるはずです。
年齢が高い人ほど先祖のお墓参りをするという気持ちが強いため、お彼岸に結婚式をあげるのは非常識と考える人もいます

そのほか、住んでいる地域などではお彼岸の時期にお祝い事は避けるべきという風習の場所もあり、特に田舎ほど強い傾向にあります。

結婚式に出席する人々が若い世代であれば、お彼岸に結婚式を挙げてもあまり気にならないという人もいますが、年配の方の参加を考えれば、控えるのが良いかもしれませんね。

お彼岸に結婚式を挙げてはいけないという決まりはありませんが、このように周囲に配慮しながら決めると良いでしょう。

迷った時は、まずは両家の両親に相談して、大丈夫というなら結婚式を挙げても良いのではないでしょうか。

お彼岸に結婚式を挙げる場合は、事前にお墓参りをしてご先祖様のお墓を掃除したり、結婚の報告をするなど亡くなった方に対する感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

お彼岸中日の結婚式は避けた方が良い?

お彼岸の時期は3月の春分の日と9月の秋分の日の前後3日間あり、彼岸の中日は春分の日と秋分の日を指します。
ちょうど祝日なので、結婚式を春分の日や秋分の日に挙げようと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

時期によっては連休にるので、連休を利用して遠くにある家族のお墓参りに行く人もいるかもしれません。
お彼岸の中日に結婚式をしても良いですが、このように連休を利用してお墓参りを計画している人がいた場合、結婚式に参列することでお墓参りをキャンセルしなければならいという方も出てくるかもしれませんね。

結婚式は自分たちのものですが、参加者にも気持ち良く参列してもらうために日にちを考慮しなければなりません。

しかし、人によっては、自分たちの休みの関係や式場の関係などから、彼岸の中日に結婚式を挙げなけれならないという事情の方もいるでしょう。

この様にお彼岸の中日に結婚式を挙げなければならない場合は、参列者の招待状を渡す時に一言添えるのが良いでしょう。

お彼岸の時期に結婚式を挙げなければならなかった理由や、多くの方にお祝いしてもらいたかったことなど想いを伝えると良いですよ。
特に会社の上司や年配者の親族などへの配慮はきちんとしましょう。

こうすることで、参加する人も気持ち良く参加できますし、自分たちも罪悪感を抱きながら結婚式を挙げずにすみますね。

そして、結婚式ではお彼岸にも関わらず参加してくれたお礼の言葉も忘れずに。

スポンサードリンク

お彼岸の結婚式は縁起悪い?

仏滅の結婚式は縁起が悪いと言われていますが、お彼岸はどうなのか気になるところです。

人気の結婚式場の場合は、日取りの良い日は全て予約でいっぱいなんてことは当たり前で、自分たちの予定と合わせたらお彼岸になってしまったという方もいるでしょう。

通常、お彼岸でも「大安」や「友引」など縁起が良い日なら問題ありませんが、お彼岸の「仏滅」は避けた方が良いと言われています。

2人がクリスチャンなら仏教の行事であるお彼岸や仏滅、大安など気にすることはありませんね。

ただ、2人がクリスチャンでも親戚や会社の上司、同僚、先輩・後輩などがクリスチャンとは限りませんよね。

ですから参列者の方の気持ちも考えて、縁起の良い日を選んで結婚式を挙げるのが良いでしょう。

また、お彼岸の時期はご先祖様に感謝してお墓参りをする時期なので、結婚式でバタバタしてしまうとご先祖様をおろそかにしてしまうおそれあります。

お彼岸の結婚式は縁起が悪いことはありませんが、仏滅を避けて結婚式を挙げるようにしましょう。

まとめ

お彼岸の結婚式についてまとめました。

お彼岸は喪中などとは異なり、お祝い事は大丈夫とされていますが、地域や年代によっては良い印象を持たないこともあります。
参列者の中には、お墓参りの予定があって、当日は大忙しとなる場合もあるかもしれません。

年配者への配慮も忘れずに、招待状にお彼岸に出席してもらう感謝の気持ちや事情なども付け加えるようにしましょう。

せっかくの結婚式なので心から喜んでもらえるように心配りを忘れずにして下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ