お彼岸の意味や過ごし方と避けるべきことも知っておこう

hasu


お彼岸は古くからある日本の風習で、春と秋の年に2回行われる行事です。

お彼岸になるとほとんどの方はお墓参りをしてご先祖様を敬いますが、なぜお彼岸にお墓参りをするのでしょうか。

日本にはお盆やお彼岸など様々な仏事がありますが、案外深い意味を知らずに何気なく行事をこなしている人も多いかと思います。

ということで、今回はお彼岸の意味や過ごし方、お彼岸には避けるべきことについて見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

お彼岸の意味は?

お彼岸は春分の日の3月と、秋分の日の9月の年に2回ある行事です。

お彼岸の初日を「彼岸の入り」と言い、終わりの日を「彼岸明け」と言います。

そして春分の日と秋分の日を「お彼岸の中日」として、春分の日・秋分の日の前後3日間を合わせて7日間をお彼岸と呼んでいます

お彼岸の由来はサンスクリット語のパーラミター波羅蜜(はらみつ)から来ていると言われています。
パーラミターとは悟りを意味し、煩悩や悩みを超えてたどり着く悟りの岸の仏の世界へ到達すること「到彼岸」を表します。

私たちの住む「この世」は此岸(しがん)と呼ばれ、煩悩や悩みにあふれた世界です。
反対に仏様が住むあの世は彼岸と言われています。

この世に住む者が布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)の6つを修行することで仏様の住む、あの世へ行くことができるとされているのです。
そして彼岸は、この修行をする期間なのです。

また、彼岸には仏教の極楽浄土の意味があり、太陽の位置が関係しています。
春分の日や秋分の日は太陽が真東から登って真西に沈みますよね。
真西には阿弥陀如来が存在するとされることや、昼夜の長さが同じになる日にはあの世とこの世が近づくとも言われています。
そのため、お墓参りをしてあの世にいるご先祖様を敬うようになったのです。

お彼岸の過ごし方は?

お彼岸はお盆と同様に、亡くなったご先祖様を敬い感謝をするという日本に古くからある行事です。

お彼岸はお墓を参りをしてお墓を綺麗に掃除するという方が多いと思いますが、ここではお彼岸の過ごし方について紹介したいと思います。

お彼岸に必要な物と準備

お彼岸に供え、以下のものを用意します。

・お線香やろうそく
・お供え物(春彼岸:ぼたもち、秋彼岸:おはぎ)
・彼岸団子
・仏壇やお墓用の生花
・掃除道具

お彼岸を迎える前の準備

可能であれば、お彼岸が来る前にお墓や仏壇を綺麗に掃除しましょう。
また、お彼岸の前日におはぎやぼたもちを作りましょう。
作っている時間がないという場合は、スーパーマーケットや和菓子屋さんでも購入できますよ。

お彼岸当日の過ごし方

1. お仏壇でお参りをします。
お仏壇をを綺麗にしててから、お供え物や生花を飾りお参りします。

2. 家族みんなで故人のお墓参りをします。
墓石やお墓の周囲を掃除して綺麗にしてから、お線香やお花お供え物をお供えして、お参りをします。

3. 家に戻り、ぼたもちやおはぎ、彼岸団子などを食べます。
食べながら故人の生前の話をするなど亡くなった方を偲ぶように過ごすのも良いでしょう。
また故人の好きだったものを食べるなども良いですね。

午前中にお墓参りを済ませたら、午後など時間があるときは故人のお気に入りだった場所に出向くのも良いでしょう。
故人の好きな場所に佇みながら話をするなど亡くなった方も喜ぶに違いありませんね。

お彼岸に避けるべきことは?

お彼岸の時期に結婚式や引っ越しなどお祝い事などをしてはいけないと良く耳にしますが、どうなのでしょうか?

お墓参りをしたり、お寺の法要に参加するなど仏事のイメージがあるので大きなお祝い事は避けた方が良いと考えている方もいることでしょう。

ですが、お彼岸は喪中と異なり「身を慎む」期間でないので、結婚式や引っ越しなどを行っても問題ないとされています。

ただし、住んでいる地域や世代によっては、結婚式などお祝い事の意味がある行事を避けるべきとしていることもあります。

基本的に入籍や結婚式、納車など避けなければいけないという厳密な決まりはありませんが、周囲の様子をうかがいながら決めるようにすると良いでしょう。

また、ご先祖様を敬う大切な時期に引っ越しなどで自分が忙しくなってしまうと、お彼岸の準備やお墓の掃除などを怠ってしまうこともあります。

お彼岸はご先祖様を偲ぶ大切な時期なので、可能であれば引っ越しなど時期をずらすことも考えたいですね。

まとめ

お彼岸の過ごし方についてまとめました。
お彼岸やお盆は先祖を敬う大切な期間です。
日頃の感謝を込めてお墓やお仏壇を掃除したり、お墓参りをするようにしましょう。

また、お彼岸は喪中ではないのでお祝い事をしても大丈夫ですが、地域の風習や年配の方などあまり良い印象を持たない方もなかにはいますので、周りの様子をうかがいながら行うようにして下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ