カビを吸い込むことで人体に与える影響や健康被害の症状と病気

virus2


カビは高温多湿の環境を好むので、ジメジメした梅雨時や台風の季節にはカビの発生に注意が必要です。

カビは不快なだけでなく、私たちの体に入りこみ思わぬ病気を引き起こすこともあります。

特にエアコンや壁紙の後ろなど目に見えにくい場所にカビが発生するため、気づかない間にカビを吸い込んでいたなどと言うこともあります。

今回はカビが体に与える影響について解説します。
カビによる健康被害やカビが原因で起こる病気についても説明したいと思います。

スポンサードリンク

カビが人体に与える影響は?

カビが人体に悪影響を及ぼすということは、皆さんよくご存知だと思います。
ですが、カビと言ってもいくつか種類があって、黒カビ、白カビ、赤カビ、青カビなど数万種類ものカビが存在します。
そして、全てのカビが人体に悪影響を及ぼすという訳ではありません。

例えば、ゴルゴンゾーラチーズやカマンベールチーズ、ヨーグルトなどもカビを用いて作られますが、人体に無害なカビの仲間から作られます。
また、酵母や麹菌などもカビの仲間で、発酵に必要なものです。

一方、人体に悪影響を及ぼすカビとして黒カビや青カビ、ススカビなどが挙げられます。

これらのカビは、胞子によりアレルギー症状を発症して気管支喘息やアレルギー性鼻炎、肺アスペルギルス症など呼吸系の病気を引き起こすことがあります。

カビの胞子は非常に小さいため日常的に吸い込むこともありますが、健康な人であれば抵抗力があるため多少のカビが体内に侵入してもカビの繁殖を防ぐことが可能です。

しかし、赤ちゃんや高齢者、病気などで免疫力が低下した人などは、抵抗力が弱いためカビによって病気を引き起こしてしまう恐れがあります

また、カビは呼吸系の疾患にかかるだけではなく、肝臓がんや腎臓がんなど、悪性腫瘍などの原因になることもあるので軽視できません。

カビによる健康被害の症状は?

カビは人体に悪影響があるため発生させないことが大切ですが、湿度や温度、酸素、栄養など条件が揃えばカビはいつでも発生します。
カビを見たことが無いなんて人は殆どいないですよね。
それほど、カビは日常的なものでもあります。

カビによる健康被害としては、以下の様な症状が現れます。

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎
  • 熱がないのに咳が出続ける
  • 咳が止まらず、微熱もある
  • ヒューヒュー、ゼーゼーなど喘鳴の呼吸音
  • 原因不明の頭痛
  • 呼吸困難
  • 息苦しさ
  • 長引く風邪症状

特に熱がない、またはあっても微熱程度で咳が止まらないという場合は、カビが原因でそのような症状が出ていることがあります。

また、年間を通して鼻水、鼻づまりなど症状があるときも、カビが原因となっている可能性がああります。

カビを吸い込むとどんな病気になる?

カビを吸い込むと体に様々な症状が現れることがありますが、ひどい場合はカビが原因で病気を発症してしまうことがあります。

カビが原因で起こる病気

  • アレルギー性鼻炎
風邪でもないのに、1年中くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状が見られます。
エアコンや風呂場に発生したカビを吸い込むことで起こりやすくなります。

  • 肺アスペルギルス症
発熱や咳、胸痛、呼吸困難などの症状が見られ、気管支喘息のある方はこの病気にかかるリスクが高くなります。
エアコンやカーペットに生えたアスペルギルスのカビが原因となります。
喘息の治療薬で症状の改善が見られないときは、肺アスペルギルス症の可能性があります。

  • 夏型過敏性肺炎
夏場にかかりやすい病気です。
自宅にいる時に咳や発熱などの症状が酷くなり、旅行などで自宅から離れると症状が軽減します。
トリコスポロンというカビが原因で起こり、エアコンやお風呂場などの水回りや陽が当たらず、風通しが悪い場所に発生します。症状が酷いと呼吸困難を起こすこともあります。

  • 気管支喘息
咳や呼吸困難、ヒューヒュー、ゼーゼーと言った喘鳴など症状が現れます。
様々な原因が考えれますが、アルテルナリアと呼ばれる黒色真菌が原因となることがあります。
壁の塗装面や水回りなどにに発生しやすいカビです。

このように、カビは体に様々な悪影響を及ぼします。
カビが原因で病気にならないためにも、日頃からカビ対策を心がけるようにしましょう。

また、いつもと違った症状や長引く風邪、原因不明の咳が続くなど症状がある時は、一度呼吸器内科などで検査をしたり相談すると良いでしょう。

【カビ対策関連記事】
部屋の壁に発生したカビの安全な取り方!原因と対策も紹介します
押し入れのカビ対策!おすすめの除去方法や布団のカビの取り方と防止策

まとめ

カビは私たちの体に知らずの間に入り込んで悪さをします。

いつもより体の調子が悪い日が続く場合や、風邪が長引くときはカビが原因の病気を疑ってみる必要があります。

特に高温多湿の梅雨時や冬場の結露など、カビの発生条件が揃いやすい季節は注意が必要です。

カビが原因で病気にかからないためにも、こまめに換気をしたり、掃除をするなどカビが生えてこない環境作りを心がけたいですよね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ