夏バテ解消や熱中症予防にうなぎは効果なし?おすすめレシピは?

unagi


暑い日が続き、体力が消耗して夏バテ気味になっている方もいるのではないでしょうか。

夏は暑さのため食欲が低下することで体の抵抗力が衰え、夏バテになったり夏風邪をひいたり、熱中症にかかるなど病気を発症しやすい時期でもあります。

これらの夏の病気を防ぐには規則正しい生活を送るほか、栄養バランスの摂れた食事を摂取することが大切です。
精のつく食べ物と言えば「うなぎ」を連想しますが、果たしてうなぎは夏バテ解消に効果があるのでしょうか。

という訳で、今回はうなぎの効果やうなぎを使ったレシピを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

夏バテ解消にうなぎは効果ある?

夏バテ解消にうなぎが効くと言うのは昔からよく聞く話ですよね。
そのため、土用の丑の日にうなぎを食べれば夏バテをしないという風習もできました。

夏バテにかかる原因には、夏の暑さから食欲が低下して栄養バランスが崩れることが挙げられます。
また汗を多くかくため、水分やミネラルなどの栄養素も排出されてしまいます。

特に大切なのがビタミンB1で、ビタミンB1が不足すると疲れやすく夏バテを引き起こす原因となってしまいます。

そこでうなぎの登場です。

うなぎは栄養価の高い食品で、ビタミンB1やB2、ビタミンA、ビタミンD、たんぱく質や脂質、カルシウム、DHAやEPA、ミネラルなどバランスよく栄養素が含まれています。

また、うなぎには牛肉の数十倍以上ものビタミンAが含まれてます。
ビタミンAは免疫力を高めて風邪を予防したり、ウィルスを撃退するために必要な栄養素なんですよ。

更に、うなぎは消化吸収も良いため、冷たい飲み物や食べ物を摂取し過ぎて疲れた胃腸にも優しい食べ物です。

このようにうなぎには多くの栄養素が含まれるため、夏バテ解消に効果的な食べ物なんです!

熱中症予防にうなぎは効果ある?

うなぎは夏バテを解消するために効果があるというお話をしましたが、熱中症を予防するための直接的な効果は期待できないと考えた方が良いでしょう。

熱中症は猛暑の中、水分も摂らず大量に汗をかいて水分や塩分などの電解質が体外に排出された結果、体温調節が機能しなくなり発症します。

そのため、熱中症予防にはこまめな水分補給が第一で、うなぎを食べても水分が不足してしまうと熱中症にかかるリスクは高くなります。

ただ、熱中症は体力が低下している時に発症するリスクが高まりますので、夏バテ気味で弱っている時にうなぎを食べることで熱中症発症のリスクが軽減されるかもしれません。
もちろん、水分補給は忘れずに!

夏バテ解消&熱中症予防に!うなぎを使ったおすすめレシピ

自宅でうなぎを食べる時は、ご飯の上に乗せてうなぎ丼ぶりにして食べると言う方がほとんどではないでしょうか。

うなぎ丼ぶり以外にも、うなぎを美味しく食べる方法がありますので、紹介したいと思います。

うなぎのとろろ丼

1. うなぎとオクラを一口大にカットします
2. 山芋をすりおろしておきます
3. 温かいご飯にうなぎのたれをかけて、うなぎ、とろろ、オクラの順番でご飯の上に盛り付けていきます
4.最後に残ったタレと山椒をふりかけて出来上がりです

うなぎの混ぜご飯

1.青じその葉とみょうがを千切りにします
2.炊きたてのご飯にうなぎのタレと一口大に切ったうなぎを混ぜ合わせます
3. 1.を乗せます
4.山椒と白ごまをふりかけて出来上がりです

うなぎの卵とじ

1.麺つゆと水1:2でネギとニラを軽く煮立たせます
2. 一口大に切ったうなぎを1.に入れて卵でとじます
3.ご飯の上に盛り付ければうなぎの卵とじの出来上がりです

ひつまぶしのお茶漬け

1.うなぎをフライパンで軽く焼いて温めます
2.付属のタレをうなぎに混ぜ合わせて煮立たせます
3.うなぎが煮立ったら取り出し一口大に切ります
4. ご飯の上にうなぎを盛り付け、お湯をかけます
5. お好みでわさびや参照、刻み海苔や万能ネギなどを薬味としてふりかけます

うなぎに含まれているビタミンB1は疲労回復効果があり、夏バテ解消に効果的な栄養素ですが、ニラやネギ、ニンニクと一緒に摂取することで吸収率が高まります。

また鰻に付いてくる山椒には生薬の効果があり、抗菌作用で食あたりを防止したり、胃腸の働きを改善してくれる作用もあるんですよ。

是非うなぎと一緒に食べてみて下さいね。

まとめ

夏バテ解消とうなぎの効果について紹介しました。

夏はついつい冷たい飲み物や食べ物を摂取しがちで、胃腸の機能が低下することがあります。
また食欲の低下から、十分な栄養素を得られないことも。

そんな時、夏バテ予防や弱った胃腸の機能を回復してくれるのが栄養価の高いうなぎです。

是非、夏の体力回復に、うなぎを食べてみて下さいね。
もちろん、緑黄色野菜も摂って栄養バランスの良い食生活を心がけることも大切ですよ。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ