マイコプラズマ肺炎の妊婦は産婦人科を受診?治療は?胎児への影響は?

tyoshinki


実家の母がマイコプラズマ肺炎と診断されました。
私も今朝から咳が出るのですが、もしかしたら私もうつったかもしれません。
現在妊娠中なので、産婦人科を受診した方が良いでしょうか?
もしマイコプラズマ肺炎だった場合、妊婦の治療方法は?
胎児への影響も心配です。
妊娠中は、何かと心配事が多いですよね。
特に、様々な感染症が流行する冬期は、注意が必要です。
それに、妊娠中に病気や感染症にかかると、薬を内服しても大丈夫なのか、胎児への影響など何かと不安になるものです。
ここでは、妊婦さんがマイコプラズマ肺炎に感染したかもしれない場合、産婦人科を受診すべきか?また、マイコプラズマ肺炎と診断された場合、妊婦さんの治療方法胎児への影響についてご紹介しますね。
スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎に感染したかも?妊婦は産婦人科を受診すべき?

妊婦さんが病気にかかると何科に受診すべきか悩んでしまいますよね。

ずばり、産婦人科でも内科でもどちらを受診しても大丈夫です。

ただし、産婦人科は周りが妊婦さんなので、他の妊娠している人にうつしてしまう可能性がでてきます。

できれば内科を受診した方が良いですが、産婦人科を受診する場合はマスクを着用するなど他の人にうつさない対策も忘れずにしましょう。

また内科を受診する場合は、必ず妊娠中であることを伝えて下さいね。

スポンサードリンク

妊婦がマイコプラズマ肺炎に感染した場合の治療方法は?

妊婦がマイコプラズマ肺炎に感染した場合の治療方法ですが、自然治癒か、または妊婦さんに安全な抗生物質の投与を行います。

マクロライド系の抗生物質を用いることが多いですが、抗生物質に耐性のものも多くなっているので症状が回復するのに時間がかかることがあります。

また咳止めなどなどを内服しながら自然に回復するのを待つことがありますが、完治するまで約1か月かかってしまうことがあります。

症状や状態に応じて医師と相談しながら治療を進めていくことになります。

マイコプラズマ肺炎の胎児への影響は?

マイコプラズマが直接、胎児に影響することはありません

抗生物質も妊婦さんが安全に使用できる弱い薬を処方しますので、安心して内服することができます。

臨月のマイコプラズマ感染の薬は慎重に行う必要があるので、医師と相談して治療を行なってください。

まとめ

今回は妊婦とマイコプラズマについてまとめました。

マイコプラズマは胎児に影響がないことは分かりましたが、薬は医師の指示に従いながら内服しましょう。

また産婦人科を受診する際は、前もって電話をかけておくと妊婦さんの少ない受診時間に対応してくれることもあります。

マイコプラズマに感染しないためにも日頃の手洗い、うがいを心がけましょう。

また秋から冬にかけての流行期にはマスクを着用して自分の身体を守るようにして下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ