梅雨の季節の結露対策!オススメグッズやエアコン設定はドライか冷房か

ketsuro


雨が「しとしと」と降り続く梅雨の季節。

洗濯物を室内に干したり、雨や曇りの日が続くなど天気がスッキリしないため、何かと湿気が多い季節でもあります。

湿気はジメジメとして不快なだけではなく、結露の原因にもなります。

結露は窓ガラスの他、壁や床下などにもつくことがあり、放置するとカビが生えて病気を発症することもあるので注意が必要です。

今回は梅雨の季節の結露対策について紹介したいと思います。
結露を防ぐグッズやエアコンの効果的な使用方法などもまとめましたので参考にして下さいね。

スポンサードリンク

梅雨の季節のオススメ結露対策

梅雨の時期の結露とは

結露は冬の寒い時期に発生するだけでなく、梅雨のじめじめとした季節にも起こります。

結露には「表面結露」と「内部結露」の2種類があります。

表面結露はガラスの表面に水滴がつき、内部結露は壁や天井裏、床下など見えない場所に水滴が発生します。

冬の結露は外気温と室内温度の差で窓ガラスや壁などに結露が多くできますが(表面結露)、梅雨時の結露は空気中に存在する水蒸気の量が多くなり、水分を含んだ空気が室内に入り込みます。(内部結露)

このように梅雨の結露は室内に入り込んだ湿った空気が天井裏や壁の裏、床下など建物の低温部分に触れることで発生します。

結露が発生しやすい建物
・戸建てよりもマンションやアパート
・北側を向いている部屋
・風通しが悪く空気が停滞する部屋

梅雨の時期のオススメ結露対策

  • 除湿する
湿気の多さが梅雨時の結露の原因ですから、除湿が効果的です。
除湿器やエアコンなどを使用して湿度を下げることで、結露の発生を防ぐことができます。

  • 換気する
換気扇や扇風機などを使用して湿気のこもった空気を外に出すことで、結露を防ぐことができます。

  • 家具を壁から離して配置する
家具と壁に隙間がないと、空気が滞り結露が発生しやすくなります。
空気の流れを作るために、家具は壁から5cm以上話して配置するのが効果的です。

  • 室内のインテリアに気をつける
観葉植物や水槽を置いている部屋は湿度が高くなります。
水槽に蓋をしたり、梅雨時は部屋の中に観葉植物を置かないなど工夫しましょう。

  • 結露グッズを使用する
結露防止スプレーや吸水テープなどを使用して、結露を防止することができます。

スポンサードリンク

結露を防ぐおススメ対策グッズ

結露を防ぐにはエアコンを使用したり、様々な除湿グッズを使用するのが効果的です。

結露を防ぐためのグッズは、100円ショップで気軽に購入できるものから、ホームセンターで販売している本格的なものまで、種類も豊富にあります。
目的や好みに合わせて使い分けると良いでしょう。

結露を防ぐオススメグッズ

除湿器
部屋の湿気を効率的に取ることができるほか、室内に干した洗濯物を乾かすのに使用することができます。

結露防止防止ヒーター
窓の側に設置するだけで結露を防止することができます。
ホームセンター等で購入できます。

結露防止シート・結露吸水シート
窓の下に貼っておくだけでテープが結露を吸い取ってくれる優れものです。

水切りワイパー(スクレーパー)
窓や壁、ドアなど結露が溜まっている場所を擦るだけで水滴を取ることができます。

除湿剤・除湿シート
湿気がたまりやすい押入れの角に除湿剤を置いておくと湿気を吸い取ってくれます。
また、クローゼットなどには吊り下げタイプの除湿シートが便利です。

結露防止スプレー
窓やドアなど結露が溜まりやすい箇所に専用の液体をスプレーしてスポンジで延ばすだけで効果が得られるでしょう。

結露を防ぐにはエアコンのドライと冷房どっちが効果的?

エアコンには「冷房」と「除湿(ドライ)」の機能がありますが、この2つの違いが分かりますか?

  • 冷房
部屋の温度を下げて涼しくすることを目的とした機能です。
室内にこもった熱を外に排出することで部屋を涼しくしてくれます。
温度や湿度を短時間で下げたいときに利用すると便利です。

  • 除湿(ドライ)
部屋にこもった湿度を下げることを目的とします。
室内に溜まった湿気を集めて湿度を下げていき、湿度が下がるまでは冷房運転を行っていきます。
長時間利用しても電気代はそれほどかからないのがメリットです。
また、除湿機能には「再燃除湿」機能を備えてものがあり、室温を下げずに除湿をすることができます。
再燃除湿は温度を下げないため肌寒い梅雨の湿気対策にも役立ちます。

気になる除湿効果ですが、冷房もドライも除湿効果の違いに大差はありません
除湿は超弱冷房と覚えておくと良いでしょう。

湿度を短時間で一気に下げたいときは冷房が効果的で、長時間に渡り除湿をしたいときは除湿機能を使用した方が経済的です。

結露を防ぐのであれば、除湿機能を運転させておいた方が効果的ですね。
電気代を考えても、除湿機能を使用した方がお得になります。

ただし、再燃除湿の場合は温度を下げずに除湿を行うため、電気代が多少高めになることがあります。

まとめ

結露は冬場に限らず湿気の多い梅雨の時期にも発生します。

冬の結露は窓につくことが多いですが、梅雨の結露は天井裏や壁の裏、床下など目に付きにくい場所に発生するのが特徴です。

結露の発生を防ぐには結露対策グッズを利用したり、除湿や冷房機能を使って部屋に湿気をためないようにしましょう。

また、梅雨の晴れ間を見はからい、窓を全開にして部屋に風を通すことも忘れずに!

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ