手足口病は大人にうつると症状は悪化する?出勤しても問題ない?

virus2


毎年夏になると、子供が手足口病に感染してしまったというお母さんの声を聞きます。

夏風邪のウイルスが原因で感染する手足口病ですが、5歳以下の乳幼児がかかりやすい病気で、特に1歳くらいの年齢に感染者が多いと言われています。

子供が手足口病に感染した場合、「大人にはうつらないの?」と疑問に思うかと思います。

特に近くで看病しているお母さんは心配ですよね。

ということで、今回は手足口病の大人への感染について解説したいと思います。

スポンサードリンク

手足口病は大人にもうつる?

手足口病が大人に感染したという話はあまり聞かないですが、実際に子供だけの病気なのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

手足口病の90%以上は子供への感染ですが、だからと言って大人には感染しないということでは決してありません。
わずかな確率ではありますが、大人へも感染する病気です。

そして大人が手足口病に感染すると、症状も重症化しやすい傾向にあります。

熱を例に挙げると子供は38度くらいでとどまりますが、大人は40度くらいの高熱が出ることがあります。
発疹による痒みなども、子供よりひどくなる傾向にあります。

そのため、手足口病に感染した子供をお世話しているママなどは、感染する可能性はゼロではないことを念頭に置いて看病するようにしましょう。

手足口病は、飛沫感染や接触感染によりうつりますので、感染したお子様に接する時にはマスクを着用したり、お世話の後は手洗いを入念にするなどして感染を防ぐようにしたいですね。

手足口病が大人に感染した場合の症状は?

手足口病の初期症状としては、口腔内の痛みや違和感や、白っぽい小さな水泡が口の粘膜に出来ます。
これは大人も子供も変わりません。

お子様が手足口病で、看病しているお父さんお母さんにこれらの症状が確認された場合、かなり高い確率で手足口病にかかった可能性があるかと思います。

手足口病に大人が感染した場合の主な症状として、以下のような症状が挙げられます。

  • 高熱
  • 指先や手・足の裏に痒みを伴う白い水泡(痛みはほとんど感じません)
  • 口の粘膜の発疹
  • 頭痛や筋肉痛
  • 咽頭痛

そして、子供の手足口病の症状と比較すると、大人はこれらの症状が重症になることが多いので注意が必要です。

手足口病に感染したら外出禁止?出勤しても問題ない?

手足口病には有効な薬がないため、症状を緩和する対症療法が主になります。

発症から1週間〜10日くらいで症状も改善されて、自然治癒します。

手足口病は咳や鼻水、くしゃみなどが原因で感染する飛沫感染や、ウイルスの付着した物を触って感染する接触感染があります。

大人へはあまり感染はしませんが、感染力は強いウィルスなので抵抗力の弱まった人へは感染する可能性もあります。
ご自身の体調も良くないでしょうから、万が一手足口病に感染してしまった場合は会社を休むことをお勧めします。

どうしても出社する必要がある時は、マスクを着用して飛沫感染させないよう注意します。

また高熱が出た場合など症状がひどい場合は、無理をせず自宅で休養して早めに回復できるよう心がけましょう。

まとめ

手足口病は大人へ感染することは少ないですが、抵抗力が弱っていたりすると感染しやすくなります。

ですから、子供が手足口病に感染してしまった場合は、周囲の大人も十分に気をつける必要があります。

家族内での感染を避けるためにも、手洗いやうがいをこま目に行なうよう心がけましょう。

妊婦さんはこちらもチェック!
手足口病は妊婦にもうつる?妊婦や胎児への影響は?

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ