溶連菌に感染後外出はいつから可能?うつる期間や完治までに何日かかる?

odekotoodeko


子供が保育園や幼稚園、小学校などに通い集団生活を送るようになると心配になるのが感染症ですね。
感染症にも色々ありますが、今回は溶連菌についてお話したいと思います。

溶連菌は子供特有の病気で、感染した場合は学校や保育園・幼稚園を休まなければなりません。
感染症ですので、当然外出も控えないといけない訳ですが、症状も治まって元気な場合、外出させても良いのか迷いますよね。

感染力がなくなれば、外出しても問題ないでしょうが、それってどのくらいかかるのか気になる所です。

スポンサードリンク

溶連菌にかかったら外出はいつから可能?

溶連菌は子供が良く感染する病気のひとつで、溶連菌にかかったら学校を休ませるのが「学校保健安全法」の決まりとなっています。

溶連菌以外には、インフルエンザや水疱瘡なども登校停止の決まりがあり、感染した場合は学校や幼稚園・保育園を休まなければなりませんよね。

溶連菌感染症の登校停止期間は医師の判断によりますが、通常24時間は外出できないと考えた方が良いでしょう。

治療には抗生物質が処方されますが、薬を内服することにより菌の効力が弱まり他の人に感染させる恐れが少なくなります。

薬を飲んで熱発がなく、喉の痛みも治まり体調が回復している様子なら外出も可能でしょう。

溶連菌に感染した場合の外出可能のポイントは、次の通りです。

  • 医師の許可が出ている
  • 喉の痛みや発熱がない
  • 食事が普段と変わりなく摂れる様になった

以上のようなことを目安に、外出させるかどうかを決めると良いでしょう。

判断に迷った時は、小児科の医師に確認してもらうのが確実です。
医師によっては再度受診をしてから外出の許可を出す場合や、症状が落ち着いてきたら外出できるなど症状の目安を教えてくれる医師もいますので、かかりつけの医師の指示に従うのが良いかと思います。

また、きちんと医療機関を受診して医師から処方された抗生物質を内服していれば、菌の効力は低下しているはずですから、子供の症状や状態で判断しても良いでしょう。

喉の痛みや痒みなどの症状が長引く場合、外出許可が延びることがありますが、通常は2日〜3日で症状が改善します。

いずれにしても、症状がまだ出ている時は、外出させずに自宅でゆっくり休ませる様にしましょう。

溶連菌が人にうつる期間は?

溶連菌感染症は、学校など集団生活を送る4歳〜15歳の子供に多く発生する感染症です。

溶連菌に感染すると38〜39℃の突然の高熱や喉の痛み、発疹やイチゴ様のぶつぶつが舌にできるいちご舌が特徴の病気です。

ほとんどはA郡溶血性連鎖球菌による感染で、潜伏期間は2日〜5日程度と言われていますが、免疫力が低下している子供だと半日から24時間以内には感染してしまいます。

溶連菌は感染力が比較的強い病気で、感染者の咳やくしゃみ、唾液などから飛沫感染します。

潜伏期間中に感染する可能性もありますが、最も感染力が強いのは症状が出てから抗生物質を内服するまでの24時間以内と言われています。

抗生物質を内服して24時間以上経てば感染力が弱くなり、うつらないとされていますが、菌が完全に消失したわけではありませんので注意が必要です。

また潜伏期間中は菌の数が少ないため、検査をしても陰性に出ることがあります。

溶連菌の感染率は兄弟の間では約50%、親子間では約20%の確率で感染すると言われています。

症状には個人差があり、風邪症状と似ていることから他の子供に溶連菌を感染させてしまう可能性もあるので、周囲に溶連菌に感染した子供がいないか流行時期なども考慮しましょう。

溶連菌の流行期は1年に2回あり、冬の間と春から夏にかけて流行します。

溶連菌は完治まで何日かかる?

溶連菌に感染すると、高熱や咽頭痛など風邪と似た症状が出ます。

発熱や激しい喉の痛みから始まり、その後痒みを伴う発疹が手足や体に見られ、舌はイチゴのようなブツブツしたいちご舌が現れるようになります。

抗生物質を内服すれば1日〜2日程度で症状は軽減しますが、溶連菌が体の中から消失したわけではありません。

抗生物質を内服すると熱がすぐに下がりますが、2、3日しても熱が下がらない場合は再受診して適切な薬を処方してもらいましょう。
溶連菌が完治するまでには、約10日〜14日程度は抗生物質を内服する必要があります。
なお、抗生物質を内服して症状が治まっても、勝手に内服を中止しないようにしましょう。

溶連菌はきちんと治療をしないと重篤な合併症を引き起こす菌で、独自の判断で薬を止めてしまうとリウマチ熱(心臓の弁膜に障害を起こす病気)や急性糸球体腎炎、猩紅熱など合併症を引き起こしてしまいます。

合併症にかかると入院が必要になったり食事制限があるなど子供にとっても負担になってしまいますので、注意が必要です。

完治の目安は症状が改善した後の2週間〜3週間後です。
完治を確認するためには、2週間〜4週間後に医師の診察を受け、尿検査を行い血尿の有無で溶連菌が完治できたか確認します。

まとめ

溶連菌は、少なくとも発症から24時間は外出を控える様にしましょう。
抗生物質を内服することで症状は比較的早く治まることが多いですが、まだ他人に感染させてしまう可能性もありますので、医師の許可が下りるまでは登校や外出は控えた方が良さそうです。

また、溶連菌は合併症を引き起こす可能性もありますので、症状が治まってもしばらくはお子様の様子に気を付けていて下さい。

そして、完治したかどうかを確認するためには、再度小児科を受診し尿検査によって確認してもらうのが確実です。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ