脇汗治療にボトックスは効果ある?費用や副作用について

tyuusya


最近よく雑誌などで見かける「脇汗ボトックス」。
脇汗が気になる人は、受けてみようかなと思っている人も多いかと思います。
脇汗ボトックスは、安心且つ安全で手軽に行えるという点で女性を中心に人気がある治療法です。

でも、脇の下に注射ってちょっと怖い・・・。

本当に効果があるのか、治療費はどのくらいなのか、副作用はないのかなどなど。
色々気になることは多いですよね。

そんな訳で、今回は脇汗に効果のあると言われているボトックスについて、解説したいと思います。

ボトットクの効果や副作用、費用などもまとめましたので、脇汗ボトックス治療が気になる方は参考にして下さい。

スポンサードリンク

脇汗治療にボトックスは効果ある?

脇汗ボトックスは、脇汗で悩んでいる方なら一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。
脇の下に薬剤であるボトックスを注射することで、汗を止めるという治療方法です。

手術をせずに汗を止めることができ、体にも負担が少ないですが効果や持続期間、痛みなどが気になりますよね。

気になる脇汗ボトックスの効果ですが、約90%に方に効果があると言われています。

ただ残念なのが、ボットクスの効果は一時的なもので、流れ出る脇汗が永久に止まるわけではないのです。

ボットクスの効果には個人差がありますが、約3ヶ月〜6ヶ月程度、長ければ9ヶ月くらい効果が持続すると言われています。
1ヶ月間程度の期間をあければ再度注射は可能で、汗が出てきたなと思ったら再度受けることはできます。

ボトックス注射によって脇汗が止まる訳

ところで、なぜボトックスを注射することによって脇汗を抑えることができるのでしょうか。

ボトックスは「ボツリヌストキシン」というタンパク質の成分で、ボツリヌス菌が出す毒素の働きを利用して治療を行ないます。

ボツリヌストキシンには、神経筋接合部など神経細胞や筋肉の働きを抑える作用があります。
そのため、このボツリヌストキシンを注射することにより、汗腺から汗を出す指令を遮断して汗を抑えることができるのです。

脇汗ボトックスの治療方法

治療は注射をするのみで切開をしないため、時間も約5分〜10分あれば終了します。

傷跡も残らないので気にならず、治療後すぐ帰宅できるのも良い点です。
但し、注射は1カ所ではなく、数十ヶ所に行うため痛みは多少あります。

注射の痛みが苦手という方は、クリニックにより麻酔をしてから注射を打ってくれるところもあります。

またクーリングや冷却装置などを使用して、痛みを最小限に抑えた治療を受けることもできますので、まずは事前にそういった痛みを抑えた治療をしてもらえるか確認するのが良いでしょう。

手術とは異なり、入浴やシャワーなどの制限もないため、ほぼ日常と変わりなく生活を送ることができます。

脇汗治療のボトックスにかかる費用は?

美容整形分野の治療では保険適応外となることも多く、ボトックス治療を受けたいという方は金額が気になりますよね。

脇汗のボトックス治療は、2012年11月より医師から重度の原発性腋窩多汗症と診断された人は、保険で治療することができるようになりました。

保険適用の基準は、以下のいずれかの項目2つ以上が当てはまることが条件です。

・両方か左右のどちらかに汗が見られる
・汗が多くでることにより日常生活にも支障をきたす
・1週間に1回以上はワキに多汗が見られる
・発症した年齢が25歳未満である
・家族歴がある
・睡眠中は発汗がない

更に「発汗が我慢できず、日常生活に常に支障がある、または頻繁に支障がある」ことも条件に含まれます。

以上のような基準を満たし、「原発性腋窩多汗症」と診断された場合は保険で治療を受けることができ、「単に汗が多いから」という理由の場合は自費診療となります。

参考費用でうが、自費の場合は約10万円前後、保険診療の場合は約3万円前後です。
保険診療であっても、少々高めですよね・・・。

脇汗治療のボトックスの副作用は?

脇汗のボトックス治療での作用は稀ですが、やはり気になりますよね。

主な副作用として

  • 発汗(首や背中など)
  • 四肢痛
  • 腕の痛みやひきつれ

などがありますが、副作用が出るのは稀で、ごく少数の方のみです。

中には、脇の下の汗は抑えることができたけど、首や背中など他の場所に発汗が増えたという方もいます。

また注射によって腕が赤くなったり、内出血を起こしたり、腫れたりすることもありますが、一時的な症状で時間の経過とともに治ります。

副作用は少なめですが、治療を受けた後に注意事項を守らない場合、副作用に繋がることがあります。

例えば、注射後の飲酒、激しい運動、脇の下のマッサージなどは行なってはいけません。

なお、以下のような方はボトックス治療を受けることができません。

  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方
  • 巡遊中の方
  • 神経や筋組織に病気がある方(重症筋無力症など)
  • 過去にボトックス治療でアレルギー反応を起こしたことがある方

まとめ

脇汗のボトックス治療の効果や費用についてまとめました。

治療も簡単で日帰りで行うことができ、病気と認められれば保険で診療を受けることができます。
治療費は高めではありますが、効果が期待できるので脇汗が酷くて悩んでいる方は検討してみるのが良いかと思います。
長年悩み続けていた脇汗が治まるのなら、ボトックス治療を受けてみる価値は十分あるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ