初盆・新盆の服装マナー!アクセサリーやバッグや子供の場合も紹介

obon2


お盆は日本に古くからある季節の行事ですよね。
先祖を供養するために行う行事ですが、故人が亡くなって初めて迎える初盆・新盆(はつぼん・にいぼん)は、いつものお盆と違って自宅に僧侶を招いて法要を行なったり、身内や親しい人達を招いて会食を行ったりします。

そんな初盆・新盆に招かれた場合、どのような服装で行けば良いのか、服装のマナーやアクセサリーやバッグなどの小物について解説したいと思います。

スポンサードリンク

初盆・新盆で親族の場合の服装のマナー

初盆・新盆では親戚や知人、親しい友人などを招き、僧侶の方にお経を唱えてもらい故人を供養します。

通常のお盆では僧侶を呼んでお経を唱えてもらうことはないので、初盆・新盆は特別な行事という事が分かりますね。

そのため初盆・新盆を行う親族や招かれた人は服装にも注意をする必要があります。

一般的に、一周忌までの法事には、略式礼服を着用します。
礼服には格があって、格が高い順に正礼服準礼服略礼服となりますが、いわゆるブラックフォーマルは略礼服にあたります。
つまり、葬儀などに参列する祭に着用する喪服で問題ありません。

男性の場合:黒いスーツ(喪服)、白いシャツ、黒ネクタイ、黒の靴下、黒の靴
女性の場合:黒のワンピースやスーツ(喪服)、黒のストッキング、黒の靴

以上のように男性も女性も喪服が一般的ですが、初盆・新盆を親族のみで行う場合は平服で参列するところもあるようです。
事前に平服でと言われた場合は、喪服でなくても大丈夫です。

平服なら男性は白いシャツや黒や紺、グレーのズボン、女性では黒のワンピースやグレーの服装など地味な服装で参列しましょう。

平服についてはこちらの記事も参考にして下さいね!
>>初盆・新盆の服装は平服と言われたら!男性と女性や子供の場合

初盆・新盆は真夏の暑い時期に行うため、親戚同士どの様な服装を着るのか事前に話し合って決めておくと、迷わずにすみますね。

また、女性の場合、初盆・新盆でお手伝いをすることもあるので、白や黒など無地のエプロンを持参するのが良いでしょう。

初盆・新盆の時のアクセサリーやバッグは?

初盆・新盆の時に持つバックや身につけるアクセサリーも気になる所ですよね。
また、靴や髪飾りなどについても注意する点がありますので、順番に見て行きましょう。

  • バッグ
黒で無地のもの、装飾がないものを選びます。
黒のバッグが無い場合は、なるべく地味な色のバッグを選びましょう。
金色のチェーンなど金具が付いている物は避ける様にします。

  • アクセサリー
女性のアクセサリーはパールが基本になります。
二連以上のネックレスは不幸が重なるという意味合いを持たせてしまうので、必ず一連のものを選びましょう。
指輪は結婚指輪であれば付けてもOKです。
なお、シンプルなパールのアクセサリーがなければ特に付ける必要もありません。
男性は、普段アクセサリーを身に付けている場合でも、このような法事では外す様にしましょう。

男性も女性も、黒色で光沢のない靴を選びます。
夏だからと言って、サンダルやつま先の見える靴はNGですよ。

  • ネイル
派手な色のネイルやつけ爪はマナー違反になります。
マニキュアなどは塗らない方が良いでしょう。

髪の毛が長い人はひとつにまとめて清潔感のある髪型にしましょう。
髪の毛を結わいた時に使用する髪留めのバレッタは、黒や紺、茶色など地味な色を使用します。
単色でシンプルなデザインが良いでしょう。

  • ベルト
男性のベルトは黒が基本で、金具が派手なものは避けましょう。

初盆・新盆では地味、シンプルな物を選ぶようにして、派手な装飾品は避けるのが最低限のマナーです。

スポンサードリンク

初盆・新盆の時の服装のマナー子供の場合

親族の場合、子供も新盆・初盆の法要に参列することがありますよね。
初盆・新盆では、子供であっても服装には注意する必要があります。

まず制服があるときは、学校の制服を着用するのがベストです。
制服が無い場合は、黒や紺色の服装を選ぶ様にします。

男子:白いシャツ、黒や紺などのズボン、無地のブレーザー
女子:白のブラウス、黒や紺色など装飾の少ない地味な色のスカート、ワンピース
靴下:白色や紺色
靴:黒色や紺色のダークブラウンの革靴(ない場合は、白や黒色、紺色のスニーカーでも問題ありません)

なお、初盆・新盆の時期は暑いので、子供の場合は白いシャツやブラウスだけでも問題ありません。

赤ちゃんの場合は、それほど神経質になる必要はありませんが、常識的に考えるとやはり暗めの色の地味な服装を選んで着せるのが良いかと思います。

派手なデザインや柄物は避け、てシンプルで単色系の洋服にします。
赤ちゃんに黒色を着せるのは抵抗があると言う方は、白や紺色、茶色系の洋服を選ぶと良いでしょう。

まとめ

初盆・新盆の時の服装のマナーについて、まとめました。

普段のお盆と違って、初盆・新盆は特別な行事です。
そんな時にマナー違反とならないよう、気を付けて下さいね。

また、住んでいる地域や、その家によっても様々ですので、不安な場合は親戚などにあらかじめ確認しておくと安心ですよ。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ