新盆・初盆のお香典の相場やのしの書き方は?渡し方のマナーも解説

kouden


毎年、お盆には先祖のお墓参りに訪れる方は多いと思います。

お盆でも故人がなくなって初めて迎える新盆・初盆は、僧侶の方にお経を唱えてもらったり、親族や生前親しかった人々を集めて法要を行う特別な行事です。

初盆・新盆では服装のマナーはもちろんのこと、お香典に関するマナーも知っておく必要があります。

そこで一番悩むのが、お香典の金額ではないでしょうか。

親戚づきあいの関係から、お香典の金額やのしの書き方、渡し方などマナーはきちんとしたいですよね。

今回は初盆・新盆のお香典について紹介しますので参考にして下さい。

スポンサードリンク

初盆・新盆のお香典の相場は?

初盆・新盆は故人が亡くなって四十九日の法要が終えた後に迎える初めてのお盆を言います。
忌明け前(四十九日前)にお盆が来た場合の初盆・新盆は翌年になります。

お盆の時期は先祖があの世からこの世に戻ってきますが、初盆・新盆は故人が初めてこの世の家に帰ってくるためお経を唱えたり、親戚や知人を招くなど特別な行事として行います。

通常のお盆ではお供え物を持参することが多いですが、初盆・新盆に限っては「お香典」を包みます。

気になる金額ですが、3,000円〜10,000円の範囲で包むのが一般的となっていますが、、生前に故人とどれくらい親しかったかで金額が異なります。

・友人や知人:3,000円〜5,000円

・親戚:5,000円〜10,000円+お供え物(2,000円~3,000円)

・親戚で食事がある場合は10,000円+お供え物(2,000円~3,000円)

・食事がない場合は5,000円+お供え物(2,000円~3,000円)と金額も多少変わることがあります。

食事の有無で金額が変動しますが、以上の金額を目安にすると良いでしょう。

また地域によっては自分が初盆・新盆を行った時に香典として頂いた金額と同等の額を包むことがあります。

親しい親族の場合、「盆提灯」を贈ることもありますが、住宅事情などを配慮して「御提灯代」として現金を包むのも良いでしょう。

盆提灯を贈る場合は初盆・新盆が行われる家に連絡をして盆提灯を贈っても良いか確認するようにしましょう。

親族の場合、お香典のほか2,000円~3,000円程度の菓子折りをお供えとして持参しますが、ゼリーやジュース、水ようかん、果物など夏にふさわしい食べ物を持参すると良いでしょう。

初盆・新盆に招かれなかったけど、どうしても挨拶したいという方は初盆・新盆の時期ではなく時期をずらしてお香典の代わりに「お線香代」として2,000円〜3,000円を包むようにします。

初盆・新盆のお香典ののし書きは?

初盆・新盆ののしの書き方は表書きには「御仏前」、「御佛前」、「御供物料」と記載します。

・仏式:「御仏前」
・神式:「御玉串料」「御神前」
・宗派に関係ない:「御供物料」

またお供え物や提灯代を持参する場合は、以下のようになります。

・お供え物を持参する場合ののし:御供
・提灯代:御提灯代

のし袋の水引は藍銀、双銀・黒白、黄銀・黄白で、水引の結び目は、結切りや鮑(あわび)結びののし袋を使用します。

のし袋の名前の書き方

のし袋の下の段には自分の名前を記入します。
夫婦の場合は夫の名前を記入するのが一般的ですが、どちらも親しい仲だった場合は連名で記入しても問題ありません。
内袋には住所と名前を記載します。

初盆・新盆のお香典の渡し方のマナー

初盆・新盆に招かれた時は、お香典の渡し方もどうして良いのか迷いますよね。

まず、お香典は袱紗(ふくさ)に入れて持参します。
袱紗の色は、紺や紫、グレーなど地味な色を選びます。
袱紗がない場合は地味な色のハンカチに包んで持参しても問題はありません。

お香典の渡し方ですが、施主に直接手渡しする場合と、お仏壇の前に置く場合とがあります。
お香典は手渡しして、お供え物はお仏壇の前に置くというのでも良いですね。

施主に手渡しする場合は、まず施主に挨拶してから「心ばかりのものですが、仏前にお供え下さい」と一言添えて手渡しします。
そして御仏壇にお線香をあげてお参りします。

お仏壇の前に置く時は、お参りの前にお仏壇側に向けて置きます。

まとめ

今回は初盆・新盆の香典やのしの書き方などマナーについてまとめました。

冠婚葬祭にマナーはつきものですから正しいマナーを学ぶようにしましょう。

お香典の金額で困った場合は、一緒に招かれている人と相談して決めるのも良いですね。

なお、初盆・新盆のマナーには住んでいる地域や家族によっても異なることがありますので、地域の習慣に従うようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ