RSウィルスの初期症状は?大人が感染した時の症状や治療方法は?

kaze2
なんだか今朝から熱っぽくて・・・
ただの風邪ならいいんだけど、この間RSウィルスに感染した甥っ子と遊んだ時にうつった可能性はあるかしら?
大人がRSウィルスに感染した場合の症状や治療方法は?
RSウィルスは呼吸器系の感染症で、冬から春にかけて流行します。
特に2歳以下の子供に多く発症しますが、もちろん大人にも感染します。
それでは、RSウィルスの初期症状や、大人が感染した場合の症状や治療方法について説明しますね。
スポンサードリンク

RSウィルスの初期症状は?

RSウィルスは2日〜8日の潜伏期を経て感染しますが、通常4日〜6日で感染することがほとんどです。

ウィルスに感染すると初期症状として発熱や鼻水、咳といった上気道症状がみられます。

数日後には症状も軽くなっていきますが、なかには咳がひどくなり肺炎や細気管支炎を発症して喘鳴や呼吸困難症状など発症することもあります。

そのほか合併症として急性脳症や無呼吸発作などを生じる恐れがあります。

RSウィルスに大人が感染した場合の症状は?

大人がRSウィルスに発症した場合は、咳や鼻水、発熱、倦怠感など感冒様症状ですみますが、一度にたくさんのウィルスをあびると症状がひどくなることがあります。

特に病児の世話をしている保護者などはウィルスをたくさんあびるので重症化しやすいと言われています。

また抵抗力の弱い高齢者が感染すると気管支炎や肺炎など下気道疾患を起こして重症になることがあり注意が必要です。

RSウィルスに大人が感染した場合の治療方法は?

RSウィルスは子供の病気のように思えますが、大人にももちろん感染します。

現在、RSウィルスに有効な薬はないので対症療法が主となります。
大人の場合、ただの風邪の様な軽症で済むことが殆どなので、症状がある時は無理をせず暖かくして体を休めましょう。

また、軽症でもウィルスは排出されていますので、外出時にはマスク着用など他人に感染させないよう気を付けて下さいね。
特に、乳児に感染した場合重症化する恐れがあるため、赤ちゃんには近付かない様にしましょう。

RSウィルス感染症についてはこちらもチェック!

RSウィルス赤ちゃんの症状は?突発性発疹との違いや治療法は?
RSウィルス?マイコプラズマやインフルエンザや溶連菌との違いは?
RSウィルスの感染経路や予防方法は?いつまでうつる?
RSウィルス完治までの期間やいつから外出できる?
RSウィルスは予防接種を受けた方が良い?副作用や費用は?保険適用?
RSウィルスの妊婦や胎児への影響は?治療方法は?
RSウィルスの潜伏期間は何日?潜伏期間中にもうつる?検査は?

まとめ

子供に多く発症するRSウィルスですが、繰り返し感染することで症状が軽くなるウィルスでもあります。
2歳以下の乳幼児が感染すると重症化することもあるので注意したい感染症です。

大人の感染では風邪症状と区別がつかないため、RSウィルスに感染しながら乳幼児に接触して感染させてしまう恐れがあります。

乳幼児に感染させないためにも風邪の時の接触は避けるようにしましょう。

また病気の子供を看病する保護者の方は、ウィルスをたくさんあびやすいのでマスクの着用を忘れずに看病して下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ