しそジュースのおいしい作り方!保存方法と保存期間や効果効能も紹介

shiso


6月になると実家の母が必ず赤しそジュースを作ってくれます。
水割り、ソーダ割り、焼酎割りなど子供も大人も美味しく飲めて、我が家では夏の飲み物として欠かせません。

いつも作ってもらうばかりなので、今年は一緒に作って作り方を伝授してもらいました。
クエン酸と素精糖を使った体にとても良いしそジュースの作り方を紹介します!

スポンサードリンク

しそジュースの作り方

材料
image
・赤紫蘇の葉 3束(500g)

image
・クエン酸 150g

image
・素精糖 500g

・水 5リットル

甘さ控えめの分量ですので、味見をしながら砂糖やクエン酸の量を調整して下さいね。

それでは、作り方を見て行きましょう。

image
1. しその葉をよく洗い水気を軽く切ります

image
2. 鍋に洗ったしその葉と分量の水を入れ沸騰させます
沸騰したらすぐに火を止めてしまってOKですよ。

image
葉っぱを煮ると赤い色が落ちて、こんな風に緑色になるんですよ。

image
3. 冷めたら鍋から葉っぱを取り出します。
葉っぱはよく絞って下さいね。絞り汁も勿体ないので使いますよ。

image
4. 絞り汁を鍋に戻し、クエン酸と素精糖を加えて再び火にかけます。
素精糖とクエン酸を溶かすだけなので、溶けたらすぐに火を止めます。

image
クエン酸を加えると、紫色から美しい赤い色になります。

image
5. 冷めてからじょうごなどを使ってペットボトルなどの容器に移します

image
今回はペットボトル2.5本分出来ました。

すごく簡単ですよね。
あれ、こんなに簡単に作れちゃうの?と拍子抜けでした。

しそジュースの保存方法と賞味期限

できあがった紫蘇ジュースは濃縮タイプなので、実際に飲める量はかなりあります。
ですから、出来る限り日持ちして欲しいですよね。

保存方法は、ペットボトルのまま冷蔵庫で保存すればOkですよ。
クエン酸が入っているので、かなりの期間長持ちします。

賞味期限は1年くらいと言われてますが、私は試したことがありません。

あまり時間が経つと酸味が増して酸っぱくなることもあるので、美味しく飲むためにはやっぱり早めに飲んでしまう方が良いかと思います。

毎日飲んでいればすぐに飲み干してしまいますけどね。

ちなみに、私は2ヶ月くらいが最長です。

しそジュースの効果・効能

赤紫蘇は栄養価がとても高いことで有名ですよね。

ビタミンやミネラルはもちろんのこと、カルシウムや鉄分も豊富なんですよ。
また、特にβカロチンはほうれん草や人参よりも含有量が多いんです!

様々な効果・効能があるので、漢方薬にも用いられているほどなんです。

紫蘇ジュースに含まれる注目すべき栄養素について、どんな効果があるのか見て行きたいと思います。

  • ルテオリン
ルテオリンには抗アレルギー効果、抗炎症作用があるので、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和する働きがあります。

  • アントシアニン
ブルーベリーにも含まれるアントシアニンは、目の疲れや視力回復に効果があることは有名ですよね。
この他にも、抗酸化作用によってアンチエイジング効果もあるんですよ。

  • ロズマリン酸
ロズマリン酸はポリフェノールの一種で、炭水化物の吸収を抑える働きがあるので、ダイエット効果が期待できます。
また、抗アレルギー効果もあるので、花粉症対策としても有名です。

  • α-リノレン酸
α-リノレン酸は食品から摂取する必要のある必須脂肪酸の一つで、アマニ油などに多く含まれていることで有名です。
アレルギー症状の改善効果の他、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化や高血圧の予防にも効果があります。

この他にも、しそは殺菌作用が強いので、食中毒予防も期待できますし、お肌の解毒作用もあるのでニキビなどにも効果的なんです。
また、紫蘇ジュースを作る時に使ったクエン酸には疲労回復効果があるので、夏バテ予防にも最適ですよ。

まとめ

赤紫蘇は、6月〜7月の間しか手に入らないので、この期間中に沢山作っておきたいですね。
自家製しそジュースは無添加なので、安心して飲めますしね。

シンプルに水で割ったり、炭酸でスッキリ飲んだり、焼酎割りにしたりとその時の気分に合わせて、色々な飲み方を試してみて下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ