初盆・新盆の服装は平服と言われたら!男性と女性や子供の場合

obon2
今年のお盆は夫の祖父の新盆です。義母に平服でいいわよと言われたものの、平服ってどんな服装が良いのかわからなくて・・・。夫と子供と私、それぞれどんな服装が良いのかしら。


新盆・初盆に呼ばれ「平服で来てください」と言われることがあります。
「平服」と言われても、具体的にどんな服装で行けば良いのか、悩んでしまいますよね。
喪服の方がかえって楽なのになーなんて、思ったりして。

今回は新盆・初盆に平服でと言われた場合の男性や女性、子供や赤ちゃんの服装について紹介したいと思います。

新盆に招かれ平服の意味が分からず悩んでいる方は参考にして下さいね。

スポンサードリンク

初盆・新盆の服装は平服と言われたら?男性の場合

初盆・新盆など法事の時の「平服」というのは、礼服ではなくても良いですよという意味が含まれてます。
平服の定義は曖昧なのですが、法事の席ですので常識的に考えると、TシャツやジーパンなどはNGであることがわかりますよね。

男性なら、黒やグレー、紺色などのダークスーツが一般的です。
ワイシャツは無地の白で、ネクタイは地味な色にしましょう。

もう少しカジュアルに、シャツにジャケット、ダークグレーのズボンなどでも問題ありませんが、心配ならば他に出席される方に相談してみるのも良いかと思います。

・スーツの色:無地のダークグレー、濃いめのネイビーカラーなど
・シャツ:白い無地のもの
・ネクタイ:黒色やダーク系のネクタイ。柄は控えめなネクタイにします。
・靴・靴下:黒

なお、金色など派手な腕時計やカフスボタン、タイピン、金具の付いている靴など派手なものは避けましょう
法事ですから全体的に暗めの色で、控えめな服装で出席するようにしましょう。

初盆・新盆の服装は平服と言われたら?女性の場合

続いては女性の場合です。

女性も男性と同じように地味で控えめな服装を心がけます。
特に女性の場合は、お洒落をしたいという気持ちから派手になってしまわないように気をつけましょう。

黒や紺、グレーなど暗めの色のワンピースやスーツが一般的です。
ブラウスとカーデガンにスカートやパンツの組み合わせでも問題ありません。

ストッキングは肌色でも構いませんが、やはり黒色がオススメです。

・洋服:スーツやワンピース、スカートやパンツを着用
・色:黒、ダークグレーなど地味な色合いのもの
・ストッキングの色:黒かベージュ
・靴:光沢のない黒い靴
・ヘアアクセサリー:黒
・アクセサリー:パールのネックレスやイヤリング

やはり、法事ですからきらびやかに着飾らず、地味な服装が鉄則です。
ですから、派手な色やフリルが付いたシャツなどは控えましょう
派手なネイルも周囲から非常識に見られてしまう場合もあるので、控えておいた方が無難ですね。

また、ノースリーブなど露出度が高い洋服や丈の短いスカートなどはNGです。
アクセサリーや小物類も、地味目なものを選ぶようにします。

初盆・新盆の服装は平服でと言われたら?赤ちゃんや子供の場合

子供や赤ちゃんがいる場合の服装も迷いますよね。

子供の場合の平服は、小中学校に通っている児童や生徒なら学校の制服で出席することができます。
制服のブレザーではなく、無地で紺色や黒色、グレーなど暗い色のカーデガンなどでも問題ありません。

小学校や保育園に制服がない場合は、白いシャツ+黒や紺のズボンかスカート+地味な色のカーデガンがおすすめです。
男の子なら紺色など無地のブレーザーに白いシャツやズボン、女の子なら地味目のワンピースやブラウスやスカートでも良いですよ。

靴下は、黒色や紺色、または白色。
靴は、黒やこげ茶色の革靴がベストですが、革靴がない時は黒や紺色、白色のスニーカーでも問題ありません。
サンダルやミュールは避けましょう。

初盆や新盆のためわざわざ新しく購入する必要はありませんので、手持ちの地味な服装を選ぶと良いですよ。

赤ちゃんの場合は、それほど服装に神経質になる必要はありません。
ただし、派手な色や柄の服装は避けて、なるべく暗めの地味な服装を選ぶ様にしましょう。

まとめ

初盆・新盆の平服について紹介しました。

「平服」の定義は難しいですが、礼服ではない地味な服装と考えておくと良いかと思います。

もし心配ならば、事前に施主さんや同じく出席される方に聞いてみると安心ですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ