七夕飾りの処分方法 神社にお願いする方法やいつ処分するべきか

tanabatakazari


今年の七夕は、娘と一緒に笹の葉に短冊や七夕飾りを飾ったのですが、七夕も終わり処分に困っています。願い事が込められている飾り付けなので、ゴミとして捨ててしまうのも避けたいです・・・。七夕飾りの正しい処分方法を教えて下さい。
七夕飾りはなんだか神聖な物のように思えて、粗末に扱うのは気が引けますよね。せっかく願い事を込めた七夕飾りですから、正しく処分したいものです。それでは、七夕飾りの処分方法についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

七夕飾りの処分方法は?

七夕のイベントが終わると短冊飾りを処分するわけですが、正しい処分方法って意外と知られてないんじゃないでしょうか。

我が家も毎年娘が学校から七夕飾りの一部を笹の葉と一緒に持ち帰って来るのですが、いつも処分に困っていました。
なかなか捨てられず、年明けのどんど焼きの時に燃やしたこともありましたよ。

皆の願いが込められて飾り付けられた短冊や七夕飾りは、願いが届くようにきちんと処分したいですよね。

七夕飾りの処分方法を紹介しますので、各ご家庭にあった方法で七夕飾りを処分して下さいね。

燃やす

笹の植物は上に伸びる性質があり、笹の樹木が天に高く伸びることで皆の願いが届くようにと思いが込められています。
そのため燃やすことにより浄化され、願いが届くとされているのです。

我が家はどんど焼きで燃やしたというお話をしましたが、この方法はあながち間違えではなかったようです。

燃やす場合は、火災を起こさないように広い安全な場所で燃やすようにして下さい。
また、自宅の敷地内以外で燃やす場合は、燃やしても大丈夫な場所か必ず確認しましょう。

また住宅環境から庭が狭い場合は、火が燃え移り火災の原因になることもあるので火の取り扱いには十分に注意するようにして下さい。

白い紙に包装して捨てる

笹は植物なので短冊飾りは可燃物として処分することもできますが、何となく申し訳ない気持ちになりますよね。

そのまま処分するのに抵抗がある場合は、白い紙に短冊などの七夕飾りを包んで処分すると良いですよ。
白の紙は神様を意味するもので、包むのは浄化すると言う意味合いもあります。

このように白い紙に包んで処分することで願い事もきちんと伝わることでしょう。

神社に持っていく

神社に持参したり、許可を得たうえで送ることも可能です。
神社では「お焚き上げ」をしてくれることがあるので、住んでいる近くの神社で確認してみると良いでしょう。

お焚き上げをしてもらうことで清められ、願いが天まで届くことでしょう。

この他にも、地域によっては短冊飾りを庭などの土に埋める風習が残る場所もあります。
また、ひと昔前には川や海に流すのが主流でしたが、現在は環境問題などの理由から禁止している場合も多いようです。

七夕飾りの処分を神社にお願いする方法

七夕飾りの処分を神社の「お焚き上げ」でお願いする方法について、もう少し詳しく説明したいと思います。

お焚き上げは、想いや気持ちのこもった物を焼いて供養する行事です。

七夕飾りや短冊に書いた願い事も、お焚き上げによって燃やすことで浄化し、天に届けることができるでしょう。

七夕飾りをお焚き上げしてもらうためには、まずはお近くの神社に確認してみて下さい。
お住まいの地域にお焚き上げをしている神社がない場合は、郵送などで受け付けている神社もあります。

また、七夕に関する神社は全国に数か所ありますが、福岡県に所在する「媛社(ひめこそ)神社」は特に有名で、全国の短冊が奉納され8月8日にまとめてお焚き上げを行ってくれます。

そのほか宮城県仙台市の大崎八幡宮神社でも、七夕短冊の奉納申し込みを受け付けています。
仙台市と言えば七夕祭りでも名を知られているためお焚き上げも地域をあげて行っているようです。

気になる方は詳細を問い合わせてみると良いでしょう。

七夕飾りの処分はいつする?

七夕のお祭りは7月7日ですが、数日前から準備をして短冊に願いを書いたり飾り付けしたりしますよね。
また、商店街やデパートなどを歩いていると長期間飾られていますが、実は七夕飾りは一夜飾りなのです。

正式には、七夕飾りは7月6日の夕方頃に行い7月7日の夜には取り外してしまいます
早ければ7月7日の朝に取り外し、遅くても7日の夜には取り外すのが正式な七夕飾りです。

そして7日の夜には「七夕送り」または「七夕流し」として川や海に流すのが昔の風習でした。

しかし現在では7日の夜には処分せず、8日に取り外し処分するのが一般的になっています。

せっかく綺麗に飾った七夕飾りを見られるのが1日だけとは、ちょっと寂しい気もしますね。

まとめ

七夕の処分方法などについてまとめました。

せっかくキレイに飾り付けした七夕飾りですから、処分する前に写真に撮るのもお忘れなく!

そして、願いのこもった七夕飾りは、粗末にせず納得の行く方法で処分して下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ