土用丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?由来や理由を解説!うなぎ以外の食べ物も

unagi


古くからある日本の風習に、「土用の丑の日にうなぎを食べる」と言うものがあります。

毎年、土用丑の日にはスーパーなどでも大々的に売り出されますし、そういうものだからと思ってうなぎを食べている人も多いかと思います。

毎年のことであまり深く考えたことがなかったのに、ふと「何で土用丑の日にうなぎを食べるんだろう」と考え出したら気になりますよね。

それでは、土用丑の日にうなぎを食べる理由や由来について説明したいと思います。

スポンサードリンク

土用丑の日にうなぎを食べるのはなぜ?由来や理由は?

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

うなぎと言えば、スタミナ満点なイメージですよね。
なので、土用丑の日にうなぎを食べるのは、夏バテなどで弱った体にスタミナをチャージするためだと思っている人も多いのでは?

確かに、夏の土用の期間は暑さで夏バテしやすいため、栄養価が高く消化の良い食品を食べて暑さを乗り切ると言う風習がありました。

でも、それだけじゃないんです。

昔から、丑の日に「う」のつく名前の食品を食べると夏バテにならないという風習がありました。
栄養価が高くて「う」のつく名前の食べ物ということで、丑の日のうなぎが定着したようです。

土用丑の日にうなぎを食べる由来

土用の丑の日にうなぎを食べることが根づいたのは、江戸時代と言われていますが、その由来は諸説あります。

その由来について、いくつかご紹介します。

  • 文学者「平賀源内」のアイディア
一番有力とされている由来は、文学者や蘭学者として知られている「平賀源内」のアイディアによって、世間に広められたという説です。

実はうなぎの旬は冬場で、濃厚な味の夏のうなぎの売れ行きは思わしくありませんでした。
売れ行きを伸ばしたいと友人のうなぎ屋から相談を持ちかけられた平賀源内は、「本日土用の丑の日」という貼り紙をお店の前に出しました。

珍しい言葉に人々は足を止めて、うなぎ屋の主人は平賀源内から教わった宣伝文句を使い客を引き込みました。
これがきっかけでこのうなぎ屋は大繁盛し、また他のうなぎ屋もまねをするようになったことにより、土用丑の日にうなぎを食べる習慣が広まったと言われています。

  • 狂言師「大田南畝」の狂言文句
江戸時代に活躍した狂言師「大田南畝」が、うなぎ屋に頼まれて「土用の丑の日にうなぎを食べれば夏バテをせず、健康に過ごせる」という狂言文句を詠って売り出したところ、うなぎ屋が繁盛したのがきっかけであると言う説もあります。

  • うなぎ屋の「春木屋善兵衛」のうなぎの蒲焼き
文政年間に大名からうなぎの蒲焼の注文を受けたうなぎ屋の春木屋善兵衛が、「子の日」「丑の日」「寅の日」と3日間かけてうなぎの蒲焼を作って保存しておいたところ、丑の日に作った蒲焼きだけが悪くならなかったことから、うなぎの蒲焼は丑の日に作るのが一番とされたという説もあります。

土用丑の日に食べるうなぎ以外の食べ物は?

土用丑の日に食べると夏バテ予防になるとされていた「う」のつく食べ物は、必ずしもうなぎである必要はありません。

土用丑の日に食べる「う」のつく食べ物

  • 梅干し
食欲増進や疲労回復効果があります。

  • 瓜(胡瓜、南瓜、西瓜、冬瓜、苦瓜など)
瓜類の野菜や果物は栄養価が高く、水分を多く含むため利尿作用や体の体温を下げてくれる効果があります。

  • うどん
さっぱりして喉ごしも良く、夏の暑い日にも食べやすい食品です。

  • うま(馬肉)
疲労回復や滋養強壮に効果的な食材です。

  • うし(牛肉)
タンパク質の他ビタミンやミネラルの含まれ疲労回復にも役立つ食材です。

  • 土用餠
ビタミンB1が含まれ糖質を速やかにエネルギーに変えてくれる働きがあります。
また小豆には無病息災の意味があり魔除けとしても食されます。

これらのように「う」のつく食べ物をたべることで夏バテを防止したり、病気をせずに暑さを乗り切るという迷信があり、土用の丑の日にはこのようにうなぎ以外に「う」のつく食べ物を食されていました。

土用丑の日に食べる黒い食べ物

頭文字に「う」のつく食べ物を食べる風習の他に、昔から土用丑の日に「黒い食べ物」を食べると暑い夏を乗り越えられるという言い伝えもあります。

  • どじょう
うなぎと同様で栄養価が高く地域によってはうなぎの蒲焼の代りにドジョウの蒲焼を食べる地方もあります。
また国産のドジョウは高級食材として扱われます。

  • 黒鯛
黒い食べ物の魚として食されていました。

  • なす
体を冷やしてくれる作用があります。

  • しじみ
滋養豊富な食材で肝機能を高めてくれます。

  • 土用卵
栄養価が高く滋養の食品として人気がありました。

黒い食べ物をたべる由来は丑の方角の「玄武」という神様のカラーが黒の為と言われ、夏の魔除けや体力回復などの意味で食べられている地域もあります。

そもそも土用丑の日とは?

最後に、そもそも土用丑の日とはどんな日なのか、解説しておきたいと思います。

「土用」とは

「土用」は、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前18日間のことを言います。
立春の前18日間、立夏の前18日間・・・と1年のうちに土用の期間は4回巡って来るという訳です。

ちょうど季節の変わり目ということになりますね。

なぜ土用と呼ぶかというと、これは中国の「五行説」から来ています。

五行説は、この世の全ての物は木、火、土、金、水から成り立っているという考え方で、季節に当てはめると以下の様になります。

木・・・春
火・・・夏
金・・・秋
水・・・冬

あれ、土がありませんよね。
土は、全ての季節の変わり目に分類されるため、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前18日間を土用と呼ぶ様になったのです。

「丑の日」とは

丑の日の丑は、子、丑、寅、兎・・・の十二干支の丑のことです。

十二干支は年だけでなく方角や時刻、月、日などを数えるためにも使用されています。
ですから、12日周期で丑の日が巡って来ます。

ということで、土用の期間中の丑の日にあたる日が、「土用の丑の日」になります。

土用の期間は18日ありますから、年によってはこの18日間に土用丑の日が2回あることもあります。
そして2回ある時は「一の丑」「二の丑」と呼んでいます。

土用丑の日にうなぎを食べる理由や由来についてまとめ

普段何気なく土用丑の日に食べるうなぎですが、ちゃんと由来や理由があったんですね。

土用丑の日にうなぎを食べるのは昔からの風習でもありますが、うなぎにはビタミンやミネラル、タンパク質などバランスよく含まれていますので、夏バテ予防に相応しい食べ物です。

今年の土用丑の日にもうなぎを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ