夏風邪はうつる?感染力は強い?潜伏期間や感染経路について

mask2


5歳の息子が夏風邪と診断されました。昨日は知らずに2歳の妹と遊んでいたけど・・・もしかしたら下の子にもうつってしまってるかも?パパも会社を休めないから感染してたら大変!夏風邪は感染力が強いのかしら?
インフルエンザなどが流行する冬は手洗いうがいなど予防に努めますが、夏はついつい油断しがちですよね。そんな時にご家族が夏風邪と診断されると焦ってしまうかと思います。それでは、夏風邪の感染力や潜伏期間、感染経路について説明したいと思います。
スポンサードリンク

夏風邪はうつる?感染力は強い?

冬にインフルエンザが流行するのと同じ様に、夏には高温多湿を好むウィルスが活発になります。

夏風邪の主な原因ウィルスには、

  • エンテロウィルス
  • コクサッキーウィルス
  • アデノウィルス
  • エコーウィルス

などがありますが、いずれも感染力の高いウィルスです。
そしてこれらのウィルスに感染すると、ヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)を発症します。

どれも抵抗力の弱い子供に多く発症する病気ですが、大人にももちろん感染します
特に夏場はエアコンの関係で自律神経が乱れたり、暑さから食欲不振や寝不足など体の免疫力が低下気味になっているため夏風邪をひきやすい状態と言えます。

ある程度、体の抵抗力も強ければウィルスの感染を免れますが、免疫力が弱い状態では簡単に感染してしまいます。
また、インフルエンザやウィルス性胃腸炎などが猛威を振るう冬場と違って、夏は油断しがちですよね。

暑さなどから体の抵抗力も弱っているため、感染すると回復に時間がかかるのが夏風邪の特徴と言えますので、できれば感染を避けたいものです。

家族が夏風邪と診断されたら、冬の感染症予防と同じ様に注意が必要です。

夏風邪の潜伏期間と症状

家族が夏風邪と診断された時に気になるのが、潜伏期間ですよね。

夏風邪の種類にはヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)などがありますが、それぞれ潜伏期間も異なります。

それでは、それぞれの潜伏期間と、発症した場合の症状について見て行きましょう。

  • ヘルパンギーナ
原因ウィルス:コクサッキーウィルスやエコーウィルス
潜伏期間:2日〜4日

感染すると急な高熱(38℃〜40℃)と咽頭痛、口の中の水疱が特徴の感染症です。
口腔内の水疱は破けて潰瘍になることがあります。
また、喉の痛みが強いため、食事や水分摂取が困難になることがあります。
年齢が低いほど高熱が出る確率が高くなり、逆に大人の場合は軽度の熱で済むことが多いです。
そのほか消化器系症状として下痢や腹痛、嘔吐など見られることがあります。

  • 手足口病
原因ウィルス:コクサッキーウィルスやエンテロウィルス
特にエンテロウィルスは腸で増殖するため消化器系に症状が現れることがあります。
潜伏期間:3日〜6日間

足の裏や手のひら、口の中に米粒くらいの2㎜〜3㎜の発疹や水疱ができるのが特徴です。
発疹の箇所に痒みや痛みなどの症状はありませんが、口の中にできた水泡は痛みを伴うこともあります。
高熱が出ることは少ないですが、下痢や腹痛など消化器系に症状が現れることがあります。

  • 咽頭結膜熱(プール熱)
原因ウィルス:アデノウィルス
潜伏期間:5日〜6日程

主に発熱、咽頭痛、急性結膜炎などの症状が発症します。
回復するまでに2週間程度かかることがあり、長引くのが特徴的です。
予後は良好ですが、髄膜炎や心筋炎、肺炎など合併症を引き起こすことが稀にあるので注意が必要です。
どれも乳幼児や小児に発症しやすいので、小さなお子様がいるご家庭は特に注意が必要です。

夏風邪の感染経路は?

家族からの感染を防ぐためには、夏風邪の感染経路について知っておく必要があります。

それでは、夏風邪の感染経路を見て行きましょう。

  • ヘルパンギーナ
感染経路:飛沫感染や接触感染、糞便感染など

感染者のくしゃみや咳を浴びた時にウィルスに感染する飛沫感染が多いです。
またウィルスが付着した手すりやおもちゃなどを触って身体の粘膜に触れるなど、手指を介して感染する接触感染や糞便中のウィルスが口に入って感染する糞便感染があります。

  • 手足口病
感染経路:咳やくしゃみ、鼻水などによる飛沫感染、接触感染、糞便感染など

糞便感染ではオムツ交換など排泄物の処理を正しく行わなかった場合や、トイレ後の手洗いが不十分なまま手で食べ物を口に運んで感染してしまうことがあります。
そのほかウィルスが付いた手すりや物品などを感染していない人が触り、ウィルスの付着した手で粘膜などをこすると感染します。

  • 咽頭結膜熱(プール熱)
感染経路:飛沫感染や咽頭分泌物や目やになどからの接触感染

特に感染者がウィルスの付着した手でタオルや物を触り、感染していない人がウィルスの付いた部分に触れて目や口に触れると感染します。
またアデノウィルスは感染力が強いため、温泉施設やプールなどの共同施設で感染することがあります。
家族間でのタオルの共有は特に注意が必要です。

夏風邪の感染力や潜伏期間、感染経路についてまとめ

以上が、夏風邪の感染力や潜伏期間、感染経路についてでした。

冬に比べるとついつい夏は油断しがちですが、夏風邪も感染力が強く、感染すると長引くことも多いため軽視できません。

特にご家族が感染した場合は、家族間での感染を防ぐために、マスク着用や手洗いうがいを念入りに行なう様にしましょう。

夏は免疫力も低下気味なので、十分な睡眠や水分補給、栄養バランスの良い食事など心がけ風邪をひかない体を作ることも大切ですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ