赤ちゃんの食欲がないのは夏バテが原因?対策や解消するための離乳食について

babycar


暑い日が続くと、大人ばかりでなく赤ちゃんも食欲がなくなります。
順調に進んでいた離乳食なのに、突然赤ちゃんが食べなくなると心配になってしまいますよね。

これってもしかして夏バテ?
赤ちゃんでも夏バテするの?

ここではそんな疑問に迫りたいと思います。

また、赤ちゃんが食欲がない時の対策や、おススメの離乳食についても紹介しますので参考にして下さいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんが食欲ないのは夏バテが原因?

暑い夏の季節には、大人と同じ様に赤ちゃんも夏バテになります

特に赤ちゃんは体温調節機能が未熟で、体温も大人と比べて高めなので夏バテになりやすいんです。

でも赤ちゃんは夏バテで体調が悪くても、言葉で表現することができません。
ですから、お母さんやお父さんなど、周囲の大人が赤ちゃんの体の状態や様子に気を配って夏バテに早く気付いてあげることが大切です。

例えば、今まで順調に進んでいた離乳食を急に食べなくなったり、普段よりも元気がないなど、普段と違った様子が見られたら夏バテになっている可能性がありますよ。

赤ちゃんが夏バテになる原因は・・・

  • 室内と外気温の急激な温度差による自律神経の乱れ
  • 暑いため夜間に何度も起きて眠れない
  • 熱中症を恐れて冷たい飲み物を頻繁に与えすぎて胃腸の働きが悪くなる

など大人と同じようにエアコンや睡眠不足、冷たい飲み物の過剰摂取などが原因として考えられます。

また、赤ちゃんが夏バテになると栄養が不足して体力も低下し、風邪をひきやすくなったり悪循環を繰り返します。

夏バテにならないためにも、栄養バランスのとれた離乳食や十分な睡眠が重要ですね。

赤ちゃんの夏バテ対策は?

赤ちゃんが夏バテになると、他の病気を発症したり体調が戻るまでに時間がかかることがあります。
ですから、赤ちゃんが夏バテかも?と感じたら、早めの対策が肝心ですよ。

赤ちゃんの夏バテ対策その1:部屋の中の温度調節

大人と同じ様に、赤ちゃんも外気温と室内の温度に大きな差があると、自律神経が乱れて体調を崩す原因になります。
赤ちゃんは体温のコントロールが上手に行えないため、特に注意が必要なんです。

エアコンの温度設定は、少し高めに28℃くらいに設定するのが理想です。
エアコンの風は赤ちゃんに直接あたらないよう、風の向きにも気を付けて下さいね。

また、スーパーやデパートなど涼しい場所へ買い物に行く時は、上着などで対応しましょう。

赤ちゃんの夏バテ対策その2:水分補給

暑い日は汗をかくので熱中症予防のためにも水分補給は重要です。

お散歩の後や入浴後は、麦茶などで水分を補給してあげるようにして下さい。
またイオン飲料は、汗を多くかいた時や外遊びをした後など必要に応じて与えるようにしましょう。

ただし、一度に沢山与えたり、冷たい飲み物は赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまうので注意が必要です。
常温の麦茶などを少しずつ与えるようにします。

赤ちゃんの夏バテ対策その3:お散歩時間の調整

暑いからと言って、全く外出しないのは赤ちゃんの発育においても問題です。

夏場でも涼しい時間帯にお散歩をするように心がけましょう。

外出する際は、午前10時前や午後は4時くらいの涼しい時間帯に出かけ、短時間で済ませます。

ベビーカーで外出する時は、断熱シートなどを使用して地面からの熱の照り返しを防ぐようにしましょう。
また日よけのカバーをかけて、赤ちゃんに直射日光が当たらないように注意して下さいね。

お散歩の際は、こまめな水分補給ができるように麦茶など水筒に入れ持ち歩くようにしましょう。

赤ちゃんの夏バテ対策その4:十分な睡眠

暑い熱帯夜は、夜中に何度も起きてしまい、赤ちゃんも睡眠不足になってしまいます。

赤ちゃんが睡眠不足にならないように、室内温度を快適に保つことが大切です。
夜眠る時にも、エアコンを使用することをオススメします。
温度設定を高めにして、寝ている赤ちゃんに直接風があたらないようにします。

また、タオルを巻いた氷枕などで、頭を冷やすのも効果的ですよ。

涼しい室内にこもってばかりでは、逆に生活サイクルが狂い寝つきが悪いなど睡眠不足の原因になることがあります。
昼間は涼しい時間にお散歩をして、規則正しい生活を送るようにして下さい。

夏バテで食欲がない時の離乳食は?

赤ちゃんも夏バテの時は大人と同様に食欲が低下します。

栄養が摂れなくなると体力や抵抗力が低下して、風邪をひきやすくなってしまいます。
暑い時は大人と一緒で、赤ちゃんも口当たりが良くさっぱりしたものを与えるようにすると良いでしょう。

赤ちゃんが夏バテで食欲不振の時におすすめの離乳食を紹介します。

  • リンゴのすりおろし
リンゴをすりおろして与えます。

  • 人参とオレンジの寒天
人参をすりおろして200ccの水と粉寒天を鍋に入れます。
沸騰したら火を止めてオレンジジュースを加えます。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

  • じゃがいものスープ
じゃがいもを柔らかくなるまで茹で、裏ごしをした後に和風だしなどで味付けをします。

  • バナナヨーグルト
マッシュ状にしたバナナとヨーグルトをあえれば出来上がりです。

  • 具沢山そうめん
茹でたそうめんの上に細かく切って茹でた野菜類(カボチャや人参、ブロッコリーなど)を盛り付けます。

  • 茶碗蒸し
卵アレルギーの心配がないなら茶碗蒸しも喉ごしが良く食べやすい食品のひとつですね。
茶碗蒸しの中に細かく刻んだ野菜を入れても良いですよ。

  • 野菜スープ
圧力鍋で野菜や鶏肉を煮込んでトロトロのスープ状にします。
食パンに浸して食べたりそのまま食べれば栄養満点のスープで体力も回復するでしょう。

以上が赤ちゃんの食欲が低下している時におススメの離乳食でした。
離乳食では、消化が良く不足になりがちなビタミンやミネラルを補給するようにしましょう。

赤ちゃんの夏バテ対策や食欲低下時のおススメ離乳食まとめ

赤ちゃんの夏バテ対策について、紹介しました。

赤ちゃんも大人と同じように夏バテになります。

離乳食を食べないなど夏バテかな?と思った時は、消化が良く栄養の良い食品を与えるようにしましょう。

また夏バテにならないためにも規則正しい生活を送り、お天気の良い日はお散歩に出かけて外で遊ばせてあげるようにして下さいね。

但し、暑い日には熱中症を起こさないように涼しい時間帯を選びようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ