夏バテとは?病気なの?症状と原因について解説します

zutsuu


高温多湿の日本では、夏の暑さから体力を奪われる方も多いですよね。

暑さのため食欲が低下したり、疲れやすかったり、何かと体調が悪くなるものです。

そんな症状が現れると、真っ先に「夏バテかな?」と思う人も多いかと思いますが、そもそも「夏バテ」とは病気なのでしょうか。
気になる夏バテの症状や原因についても見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

夏バテとは?病気なの?

夏になると「夏バテ」という言葉を良く耳にしますが、そもそも「夏バテは病気なの?」と考える方も多いかと思います。

夏バテは「暑気あたり」や「暑さ負け」、「夏負け」と言われることもありますが、夏バテの本来の意味は夏場の暑さから体が弱り、秋になって体調を悪くすると表されています。

「夏バテ」というのは病名ではありませんが、夏バテは夏の暑さから自律神経の働きが乱れて体にさまざまな症状を起こします。

人間の体は気温や湿度が高くなると、体を一定の体温に保つため体内の温度調節に関係する器官が一生懸命に働きます。

一定の体温を維持するためにはエネルギーを必要としますが、エネルギーの消費が多かったり長期期間に渡ると体内に溜まった熱を放散できなくなってしまいます。

その結果、体内の水分やミネラルが不足したり、消化機能の低下や自律神経の乱れなどから体にさまざまな症状が起きてきます。

夏バテは病気とは言い難いですが、夏バテが原因でさまざまな症状を引き起こすため病気のひとつとして捉えることもできるでしょう。

夏バテの症状は?

夏バテは自律神経が乱れることから、体にさまざまな症状があらわれます。

<夏バテの主な症状>

  • 疲労感
  • 全身倦怠感
  • 食欲不振
  • 微熱
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 便秘
  • 下痢

以上に挙げたものが夏バテに見られる主な症状です。

特に全身倦怠感や疲労感は夏バテに見られる代表的な症状で、疲れが溜まりやすく体がだるく感じたり、暑さから睡眠不足になり疲労感が増したりします。

また夏バテは自律神経が乱れている状態の為、消化機能にも影響します。
そうすると、食欲不振やビタミン類が不足し、疲れが取れにくくなる原因にもなります。

更に、夏バテは体力が低下するため微熱や咽頭痛、下痢を主症状とした夏風邪をひいたり、また免疫力が弱まり身体の中に隠れていた病気が悪化することもありますので軽視できません。

これらの他にも、夏バテの症状にはイライラや立ちくらみ、無気力やむくみ、集中力の低下などが起こることもあります。

また、夏バテは他の病気と似ている症状が出ることもあります。
例えば、うつ病の初期段階と似たような症状が出ることもあります。
頭痛や吐き気、倦怠感などの症状も、糖尿病やバセドウ病、急性肝炎といった重大な病気の症状と似ています。

他の病気を見逃さないためにも、夏バテの症状が重かったり、長引くような時は早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

病院では、問診などにより夏バテかそのほかの病気かを区別します。
そして夏バテと診断された場合は、状態に応じて電解質やミネラルを補給する点滴や、ビタミン剤などの内服薬の処方を行い治療をします。
また夏バテを再度起こさないように、生活指導を行うこともあります。

夏バテの原因は?

暑さが続いたり湿気が多いと起こる夏バテは、何故発症するのでしょうか?
夏バテの主な原因について見ていきましょう。

  • 自律神経の乱れ
高温多湿な夏に必要不可欠なエアコンですが、外気温と室内温の温度差が大きいと体温調節に関与している自律神経が上手くコントロールできず、消化器系や血管系など体のさまざまな部位に悪影響を及ぼします。
冷たい室内で過ごす時間が長ければ、血行が悪くなり疲れやすくなったり、激しい温度差は体力を消耗して夏バテを助長してしまいます。
エアコンを調節する際には、外気温と室内の温度が5℃くらいに設定するのが理想です。

  • 食欲不振
暑い夏は、冷たいジュースやビールなどの飲み物を頻繁に摂取することでお腹が冷やされ、胃腸の働きが悪くなりがちです。
そうすることで消化機能が低下し、結果として食欲不振を招きます。
食事の量が減ったり栄養バランスが偏ると、体を維持するために必要なビタミンやミネラルなど栄養素が不足して体調を崩してしまいます。

  • 体内の水分やミネラルが不足する
暑い日には汗をたくさんかきます。
汗は水分だけではなく体内にあるナトリウムやミネラルといった成分も汗と共に排出してしまいます。
水分やミネラルが不足すると脱水症状を引き起こすばかりでなく、体温を一定に維持するために必要な汗の元となる水分が不足して、熱を上手く放散できなくなってしまいます。

  • 睡眠不足
都市部などは住宅の密集など建物の構造の関係から夜間も温度が下がらず、熱帯夜で睡眠不足になることがあります。
十分な睡眠は疲労回復に重要ですが、暑くて眠れない日が続くと眠りが浅くなったり疲れが取れにくい状態になってしまいます。

夏バテの症状や原因のまとめ

夏バテを軽視していると、免疫力が低下して思わぬ病気を発症することがあります。

夏バテにならないように、日頃から栄養バランスの良い食事や規則正しい生活を送ることも重要です。
また自律神経を乱さないよう、エアコンの温度設定を見直したり、十分な睡眠を取る様にしましょう。

暑いからと言ってシャワーばかりではなく、ぬるま湯につかり自律神経の働きを整えてあげることもおすすめです。

また、夏バテかな?と感じたら、無理せず休息を取り、症状が続くようなら病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ