子供の脇が臭いのはワキガ?小学生の子供の対策や治療法は?親から遺伝するの?

gimon


先日、小学生の娘が、自分の脇が臭い!と訴えて来ました。
えー、まだ子供なのに?単に汗臭いだけかな?と思いながら臭いを嗅いでみると・・・

うっ、かすかに腋臭のニホイがする・・・。
そんなにきつい臭いではありませんが、確かに腋臭のあのツーンとした臭いがしました。

子供でも腋臭になるのか、治療方法はあるのか気になったので調べてみました。

子供にも安心して使えます。ワキガ臭の99.99%殺菌!

子供でもワキガになるの?

子供でワキガ臭いって今まで経験がなかったのですが、最近はワキガの低年齢化が進んでいるんだそうです。
以前は、ホルモンの分泌が盛んになる思春期頃からワキガ臭がする子が出て来たそうなんですが、最近の子は発育が良いせいか、小学生低学年でもワキガ臭に悩む子が増えて来ているそうです。

確かに、うちの娘も小学3年生ですが、同学年の子よりも発育が良くて身体も大きい方です。
となると、やはりあの臭いはワキガ臭の可能性が高いですね。

ワキガかも!?小学生の子供の場合の対策は?

ワキガのセルフチェック方法

本当にワキガなのか、セルフチェックをしてみる方法があります。
まだそれほど強い臭いではないし、常に臭うという訳ではないので、病院へ行く前にセルフチェックをしてみることにしました。

ワキガのセルフチェック方法は、以下の通りです。

  • ワキにティッシュペーパーやラップをはさんで、数分したらニオイを嗅いでみる=汗と違うニオイ
  • 下着の脇の部分が黄ばむ
  • 耳垢が「しっとり」している
  • 親のどちらかがワキガ体質

これらに当てはまれば、ワキガの可能性が高まるそうです。

うちの子の場合は、上記のうちの2つ当てはまりました。

子供のワキガの臭い対策

ワキガ体質の人は、ワキガの原因になるアポクリン腺の数が多い、太いという可能性があります。
ワキガ体質でも、ニオイの強さによっては、日常の対策で気にならない程度に抑えることができます。
特に子供の場合、それほど強いワキガ臭ではない場合が多いので、簡単に臭いを抑えられそうですね。

子供のワキガを抑える日常の対策については、以下の通りです。

  • 菌を抑える
・入浴時に重曹石鹸・ミョウバン石鹸を使う
・濡れたタオルでこまめに汗を拭き取る
・ミョウバン水のスプレーをワキや服にかける

  • 皮脂を抑える
・肉・揚げ物・乳製品を食べる量を減らす
・魚・野菜・大豆製品をたくさん食べる

  • 生活環境を整える
・夜更かしをしない
・便秘を解消する

他にも、制汗剤(スプレーや塗るタイプ)などで、汗を抑えたり消臭したりする方法があります。

ミョウバンは、スーパーの漬け物の材料が置いてあるところで買えるそうなので、早速ミョウバン水を作ってみたいと思います。
また、普段の食生活や生活環境も大切なんですね。

ワキガは子供でも治療できる?治療方法は?

あまり臭いが気になるようなら、できれば治療で治したいですよね。

皮膚科を受診してワキガとはっきりしたら、子供でも治療できるようですが、ワキガ治療と言えば、アポクリン腺を除去する手術ですよね。
しかし、子供にいきなり手術をするのは抵抗があります。
また、子供はまだアポクリン腺が発達途中のため、もし手術で除去したとしても取り残す可能性があるため、おすすめできないようです。

手術以外のワキガの治療方法は、以下の様なものがあります。

  • 塩化アルミニウム水溶液
液体を脇の下に塗ることで臭いを抑える方法です。
病院で処方してもらえます。

  • 内服液
汗の分泌を抑える内服液を服用します。
病院で処方してもらえます。

  • 電気凝固法
毛穴に電気ばりを刺して、アポクリン腺や皮脂腺を破壊します。

  • ボトックス
脇の下に注射をし、汗の分泌を抑えます。

上記の治療法には、それぞれメリットとデメリットがあります。
親がよく調べたり、医師と相談したりして、適切な治療のタイミングと方法を選びたいですね。

ワキガは子供に遺伝する?

親の体質は、子供に遺伝します。
残念ながら、ワキガ体質(アポクリン腺が多い・太い)は、かなり高い確率で遺伝するようです。
でも、ニオイの強さは食事や生活習慣で変化する可能性があります。
親子でワキガに悩むのではなく、親子で一緒にワキガ対策をするとよいかもしれませんね。

ちなみに我が家は、治療はまだ早いと思ったので、口コミで評判だったこちらの塗るタイプのクリームを購入してみました。
子供にも安心して使えるところが気に入ってます。
毎朝脇に塗って登校するようになってから、臭いが全然しなくなった!と喜んでいます。

子供にも安心して使えます。ワキガ臭の99.99%殺菌!

子供のワキガ臭対策や治療方法まとめ

子供のワキガ対策は、親があわてないことが大切ですね。
子供がどの程度気にしているかを見守りながら、ワキガの対策や治療方法の知識を持つようにしたいものです。

親が慌てても、子供を不安にさせてしまうだけです。
まだ小学生のうちは、様子を見ながら臭い対策をしつつ見守りたいですね。

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ