もしかして熱中症?初期症状や応急処置の方法と段階別症状について

sun


毎年、気温の上昇に伴い増加する熱中症
熱中症で救急搬送されたというニュースも多く耳にしますよね。

炎天下の中で激しい運動をしていなくても、熱中症にかかる恐れは十分あります。
早い段階で熱中症に気づけば、重症にならなくても済みますので、いつもとちょっと違うな、もしかして熱中症かな?と思ったら、重症化する前に応急処置を行ないましょう。

今回は熱中症の初期症状や段階別の症状を解説します。
また応急処置の方法も紹介しますので、熱中症かな?と思った時の参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

もしかして熱中症?熱中症の初期症状は?

炎天下の中を歩いているときやスポーツをしている時など、いつもと体の様子が違うと感じた時はありませんか?
これはもしかしたら、熱中症かもしれません。

熱中症にかかった場合の初期症状には、以下のような症状があります。

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 頭痛、吐き気
  • 心拍数の増加
  • 顔色が悪くなる
  • こむら返り
  • 手足のしびれ
  • 手足が冷たい
  • 汗が大量に出る

なお、この中で頭痛や吐き気は、やや症状が進行した状態で、危険な状態が迫る一歩手前の症状です。

これらの症状に気付いた時は、重症化する前に涼しい場所へ移動して、スポーツドリンクなどで水分を補給するようにしましょう。

次に、応急処置の方法についてもう少し詳しく見て行きます。

熱中症かもと思ったときの症状別応急処置

熱中症は高温で湿度が高く、風通しの悪い場所で起こる熱障害を言い、症状によって「熱痙攣」「熱疲労・熱失神」「熱射病」に分かれます。

早期に対処することで重症化を避け回復も早くなります。
それぞれの症状別応急処置の方法を説明したいと思います。

熱痙攣の症状と応急処置

  • 症状
大量に汗をかくと水分と一緒に体内のナトリウムも失われます。
このような時、水分補給をしなかったり、また水分補給をしても塩分を含まない飲み物だけ摂取すると体内のナトリウムが不足して、筋肉が痙攣を起こしたり、筋肉痛、手足がつるなどの症状が現れます。
この状態を熱痙攣と言います。

  • 応急処置
意識があり吐き気などがなければスポーツドリンクを飲んだり、0.9%の食塩水を飲むことで症状はおさまります。また、痙攣が起きている箇所を伸ばしたり軽くほぐしたりするのも効果があります。

熱疲労・熱失神の症状と応急処置

  • 症状
汗をたくさんかくため脱水症状となり、汗が蒸発することによって起こる熱放散が上手く機能しなくなり体温は上昇し続けます。
熱失神はめまい、立ちくらみ、顔面蒼白、唇のしびれ、頭痛、悪心・嘔吐などの症状が現れます。
血液の循環が悪くなり急に意識をなくすことがあるので、自覚症状が出た時に気づくことが重要になってきます。

  • 応急処置
涼しい木陰やエアコンの効いた部屋に移動して衣服を緩めます。
濡らしたタオルを体に覆ったり、水スプレーを吹きかけて扇風機があれば扇風機を使用して風を送ります。
首回りや脇の下、太もものつけ根を保冷材などで冷やすと効果的です。
意識があり吐き気がなければスポーツドリンクを飲んだり、少量の食塩を溶かした水を飲むようにします。

熱射病の症状と応急処置

  • 症状
体温調節機能のコントロールが不可能となり、異常な体温上昇、痙攣、昏睡など意識障害を起こします。

  • 応急処置
生命に危険な状態ですので、救急車を要請して病院へ搬送してもらいましょう。
救急車を待つ間は、水を体にかけたり、氷や冷水で全身を冷やします。
また扇風機やうちわなどで風を送るのも効果があります。
首回りや太もものつけ根(鼠径部)、腋の下など太い血管のある箇所を冷たい氷やアイスパックで冷やすのも良いでしょう。

熱中症の症状別応急処置のまとめ

  • 涼しい木陰やエアコンの効いた室内に移動させます。
  • 衣服を緩めて風通しを良くします。また顔面蒼白が見られるときは足を高くしてあげましょう。
  • 意識があり、嘔気・嘔吐がない時はスポーツ飲料か少量の塩を溶かした食塩水を与えます。
  • 皮膚の温度が高い時は水で皮膚を濡らして体を冷やし、うちわや扇風機などで風をおくります。
  • 皮膚が冷たい場合や震えが見られるときは乾いたタオルなどでマッサージしてあげます。
  • 意識がない時や熱射病の症状がある時、処置をしても症状が改善されないときは救急車を要請して医療機関へ搬送してもらいます。

熱中症の症状を段階別に見てみよう

最後に、熱中症の症状を段階別に見てみましょう。
初期症状のまま適切な処置を怠ると次第に症状が進行し、場合によっては重症化により生命に危険を及ぼすこともあるんです。

熱中症の症状は、レベル1からレベル3まで3段階に分かれ、それぞれに症状が異なります。
それでは、一つずつ見て行きましょう。

  • Ⅰ度(軽症)
大量の発汗、めまい、手足のしびれ、こむら返り、気分不快、筋肉痛、失神など

脳への血流が不足するとめまいが起こり、ナトリウムが不足することにより痛みを伴うこむら返りの症状が現れます。

気分の不快感や手足のしびれなどは熱中症の初期症状の為、この様な症状が見られたときは無理せず涼しい場所で水分補給をすれば回復します。

  • Ⅱ度(中等度)
頭痛、嘔気・嘔吐、気分不快、倦怠感、体に力が入らない(虚脱感)

体がぐったりしたり、体に力が入らない等症状が見られます。
また、頭痛や吐き気もこの中等度に分類されます。
いつもと様子が違ったり意識がぼんやりしているときは、速やかに医療機関を受診するようにして下さい。

  • Ⅲ度(重度)
体が熱い、呼びかけに対して鈍かったり反応しない、痙攣、意識障害、手足の運動障害など

救急車で病院へ搬送する必要があります。
処置が遅れるとショックをおこしたり、多臓器不全を起こしたり、死亡することもある危険な状態です。

熱中症の初期症状や応急処置まとめ

熱中症の初期症状や応急処置の方法、また段階別の症状についてでした。
もしかして熱中症かも?と感じたときは、無理をせずに涼しい場所での休息と水分補給をすることが大切です。

いつでも水分補給できるように、出歩く時には常に飲み物を持参しておくと良いですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ