高齢者の熱中症対策!クーラー嫌いな人や睡眠時の予防方法について

aircon


毎年、熱中症により救急搬送されるお年寄りが増えています。
高齢者は体温調節機能が低下しているため、熱中症になりやすくまた重症化しやすいと言われいます。

にも関わらず、クーラー嫌いのお年寄りが多いのも事実ですよね。
そのため、暑い室内にいても我慢してクーラーを使用せずに過ごしているという高齢者も沢山いるようです。

ここでは、クーラー嫌いのお年寄りの熱中症対策について、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

高齢者でクーラー嫌いは熱中症になりやすい?

熱中症にかかる人の約半数が65歳以上の高齢者だって知ってましたか?
熱中症は炎天下の中でスポーツをしている人にかかるイメージですよね。
しかし、高齢者の熱中症患者の殆どは、室内で過ごしている時に熱中症にかかってしまうのです。

そもそも熱中症とは、高温多湿の場所であれば屋内でもかかります。
特に高齢者は、以下の様な理由から熱中症にかかりやすいと言われています。

  • 汗をあまりかかず、体温調節機能が低下している
  • 若者に比べると、体内の水分量が少ない
  • 喉の乾きに鈍感である
  • 皮膚の温度を感じる機能が鈍感である

これに加え、クーラーの風が苦手だったり、クーラーが嫌いなお年寄りは、更に熱中症にかかるリスクが高い状態なのです。
クーラーを使わず室内の温度が高いと体の温度も上昇して行きます。
そして体温調節機能が低下しているお年寄りは、上昇して行く体温を下げることができず、体内に熱がこもり、結果として熱中症を引き起こしてしまうのです。

クーラー嫌いな人の熱中症対策

クーラー嫌いの高齢者にいくら説得してもクーラーを使いたがらなくて困る、というご家族の話をよく耳にします。
何とか説得できれば良いのですが、それが難しい場合はせめて他の手段で熱中症を予防するようにしましょう。

クーラーを使用しない熱中症対策をいくつか紹介したいと思います。

  • 扇風機を使用する
クーラーが苦手でも扇風機の風で部屋の通気性を良くすることができます。

  • こまめに水分補給をする
高齢になると喉の渇きが鈍くなります。
喉が渇いてなくても時間を決めて水分を摂取するようにしましょう。
また、トイレが近くなるからという理由であまり水分を取らないお年寄りもいますが、この場合も熱中症のリスクが高まりますので、注意が必要です。

  • カーテンや簾(すだれ)を使用する
カーテンや簾(すだれ)などを利用して直射日光を防ぎ、室内の温度を上げないようにしましょう。

  • 窓を開けて風を通す
熱中症は通気性の悪い場所で起こります。
窓を開けて風通しを良くしてあげましょう。

  • 風呂場やトイレは換気扇を回す
お風呂やトイレは湿気や熱がこもり注意が必要な場所です。
換気扇を回すだけでも熱が放散するため熱中症を防ぐことができます。

  • 首に冷たい濡れタオルや保冷剤を巻く
首周りや足のつけ根、腋の下など太い血管が通っている場所を冷たいタオルや保冷剤を巻くだけでも予防になります。
深部の血管を冷やすことで血液の温度も下がります。

クーラーが苦手という人でも、以上のような対策で熱中症のリスクを軽減することが可能ですので、是非試してみて下さい。

また、水分補給についても少し触れておきます。

汗をかくと体内のナトリウムも失われますが、水だけの補給では体内の塩分が欠乏して体の筋肉が痙攣する熱性痙攣の原因になります
水分補給の際には水だけではなく、スポーツドリンクで電解質を補給してあげることも大切です。
ただ、スポーツドリンクは電解質が補給でき効果的ですが、糖分が多いため水と薄めて飲むことをお勧めします。

また水分を補給しながら塩飴を舐めたり、スイカに塩をかけて食べるのも効果がありますよ。

高齢者の熱中症対策!睡眠時の場合

熱中症は昼間だけでなく、夜も注意が必要です。
昼間の熱が下がらず夜も暑い状態が続き、寝ている間に熱中症を起こすことがあるのです。

寝ている間に熱中症を予防するには、寝る前に体温を下げて寝ている間に体温が上昇しないようにすることが重要です。

睡眠時の熱中症対策について、紹介したいと思います。

  • 寝る前の水分補給
寝ている間でもコップ2杯ほどの汗をかきます。
寝る前にコップ1杯程度の水を飲んでから寝るようにすると脱水症状が防げます。
また、枕元に水筒などに入れた水を置いておけば、喉が渇いて起きた時に手軽に飲むことができますね。

ビールなどのアルコール類は利尿作用があり、更に脱水症状を引き起こす原因になるので控えめにしましょう。

  • 通気性の良い寝具やパジャマを使用する
気温や湿度が高く汗が蒸発できないと熱が体内にこもって熱中症になります。
通気性や吸湿性、速乾性に優れた素材のパジャマやタオルケットなどを使用すると良いでしょう。

  • 寝る前の入浴は避ける
寝る前に入浴する方もいるかと思いますが、冷たいシャワーで体を冷やしても表面温度のみ下がって身体の深部は暑いままです。
寝ている間に体温が上昇して熱中症になることがあるので、寝る前の入浴は避けるようにしましょう。
夏場は入浴せず、シャワーだけで済ませるのも夜間の熱中症予防になります。

  • 寝る前に首周りや足の付け根を冷やす
首周りや足のつけ根、腋の下を冷やすことで深部の血液も冷えて寝ている間に体温が上昇するのを防ぐことができます。

  • 寝る前にエアコンで寝室を冷やしておく
クーラーの風が苦手でも、寝る前に寝室を冷やしておけば快適に眠りにつけることができます。

  • 熱中症対策グッズを使用する
冷感マットレスや寝具など様々な種類のものがあるので、気に入ったものがあれば購入して熱中症対策をしましょう。

クーラー嫌いの高齢者の熱中症対策まとめ

クーラー嫌いな高齢者の為の熱中症予防について、まとめました。
クーラーが苦手でも、窓を開けたり扇風機などで部屋の通気性を良くしてあげることが大切です。

また高齢者は喉の渇きに鈍感になっていますので、定期的に水分を補給するよう促してあげることも大切です。
水分摂取のほか果物のスイカを水分補給代わりに食べるのも良いですね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ