赤ちゃんとお散歩や外出時の熱中症対策!抱っこ紐やベビーカー対策も

babycar


赤ちゃんを連れての暑い夏の日のお出かけは、熱中症が心配です。兄弟がいるので家の中でじっとしている訳にもいかないし・・・。赤ちゃんと一緒に外出する時の熱中症対策はどうすれば良いかしら?
赤ちゃんと一緒の夏場のお散歩や外出は、熱中症が気になりますよね。ベビーカーや抱っこ紐でのお出かけも、赤ちゃんにとってはなんだか暑そうで心配です。ここでは、赤ちゃんと一緒に外出する時の熱中症対策について紹介したいと思います。
スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症対策!お散歩や外出時の場合

夏場は日が長く外で活動したくなりますが、熱中症には注意が必要です。
特に赤ちゃんはまだ体温調節が上手にできないので、暑い日のお出かけには注意が必要です。

まず可能であれば、外出は涼しい時間帯を選ぶ様にしましょう。
紫外線や気温が高くなる午前10時〜午後14時の時間帯は避けた方が良いです。
午前中に散歩をするなら午前10時まで、午後なら陽ざしが弱まってくる15時以降に散歩をすると良いでしょう。

なるべく涼しい時間帯を選びたいところですが、やむを得ず暑い時間帯にお出かけしなくてはならないこともありますよね。

そんな時に、熱中症対策や紫外線対策としてできることについて紹介したいと思います。

  • 薄手の素材で通気性のある服を着せる
赤ちゃんは体温調節が未熟な為、着せすぎると体に熱がこもって熱中症の原因になります。
通気性が良く薄手の素材のベビー服を着せるようにしましょう。

  • 帽子を被る
直射日光を避けるため、つばの広い帽子をかぶせたり、ベビーカーの日よけを使用するようにしましょう。

  • 水分補給用のボトルなどを持ち歩く
いつでも水分補給ができるように水や麦茶、イオン飲料など持ち歩くようにしましょう。

  • 日焼け止めクリームを塗る
赤ちゃんの足はベビーカーからはみ出してしまい、紫外線が当たります。
日焼けから肌を守る為日焼け止めクリームを塗ったり、薄手のバスタオルをかけてあげると良いでしょう。

  • 薄めの上着を持参する
外は暑くても外出先の室内では、エアコンが効いて体が冷えてしまうことがあります。
特に体温調節が上手くできない赤ちゃんは、汗をかいた後の冷気で風邪をひいてしまうこともあります。
薄手の上着があれば臨機応変に対処できますね。

  • 車での外出は出かける前に車内を涼しくしておく
屋根のない屋外に駐車してある場合、車内の気温は高くなっています。
そのためチャイルドシートが熱くなっていることがあります。
特に金属部分は暑くなりやすい箇所なので、赤ちゃんの肌に触れないように気をつけましょう。
あらかじめ車の中を冷房で涼しく冷やしておいてから、赤ちゃんを車に乗せる様にします。

赤ちゃんと抱っこ紐でお出かけする時の熱中症対策

赤ちゃんと一緒のお出かけで欠かせないのが抱っこ紐ですよね。
エルゴなどで赤ちゃんを抱っこしているお母さんを沢山見かけます。

抱っこ紐は、ママと密着している体制なので、熱がこもりやすく赤ちゃんにとっても夏場は暑苦しい状態です。
特に赤ちゃんは暑がりなので、抱っこ紐で抱っこしている時も熱中症には気を付けなくてはなりません。

抱っこ紐を使用して外出する時にオススメの熱中症対策を紹介します。

  • 保冷シートを使用する
赤ちゃんの背中に下着の上からジェル状の保冷シートを付けてあげれば赤ちゃんも快適です。
固くならないジェル状タイプの保冷シートなら、赤ちゃんも気にならないでしょう。

  • 日傘を使用する
抱っこ紐の場合、赤ちゃんに直射日光がダイレクトに当たって暑くなってしまいます。
日傘などでカバーしてあげれば強い日差しから赤ちゃんを守ることができますよ。

  • 夏用の抱っこ紐を使用する
暑い夏は抱っこ紐の素材にも拘りたいですね。
インド綿やメッシュなど通気性の良い抱っこ紐使用すると良いでしょう。
インド綿は通気性や吸湿性に優れ、湿気にも強い特徴があります。

赤ちゃんとベビーカーでお出かけする時の熱中症対策

赤ちゃんとお散歩や外出する時には、ほとんどのママはベビーカーを使用するかと思います。

ベビーカーは路面との距離が近く、アスファルトの照り返しで赤ちゃんはかなりの暑さを感じています。
ベビーカーの位置の温度は外気温よりも3℃〜5℃高いと言われ、また通気性も悪いため熱中症を起こしやすい状況と言えます。

暑い日に赤ちゃんとベビーカーでお出かけする時は、熱中症には特に注意して下さい。

ベビーカーでお出かけする時にオススメの熱中症対策を紹介します。

  • 日よけシートやカバーを使用する
日よけシートやカバーを使用することで、直射日光が赤ちゃんに当たるのを避けましょう。

  • 照り返し防止シートを使用する
路面からの照り返しを遮断してくれる防止シートは、体感温度を下げて熱中症予防に効果的です。

  • ベビーカー用保冷シートを使用する
ベビーカーの背中に取り付けるタイプの保冷剤です。
ソフトな感触な保冷剤で背中がひんやりしてベビーカーに座っている赤ちゃんも快適です。
ベビカー専用のものや抱っこ紐兼用のものなどあります。

  • 保冷剤やネッククーラーを首に巻く
熱中症対策に効果的なアイテムです。
薄手で柔らかい付け心地で暑くなった体を冷やしてくれます。

  • 高さのあるベビカーを選ぶ
ベビーカーの高さが地上から50㎝以上のものが理想です。
ベビーカーのシートが地上から離れれば離れるほど、照り返しによる影響が少なくなります。

赤ちゃんの外出時の熱中症対策まとめ

赤ちゃんとお散歩や外出時の熱中症対策についてまとめました。

熱中症に罹らない為にはなるべく涼しい時間を選んで外出や散歩をしたいところですが、やむを得ず暑い時間帯に外出する場合は、赤ちゃんの様子には十分注意しましょう。

また、赤ちゃんだけでなくママも熱中症に罹らないように注意して下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ