長岡まつり大花火大会無料観覧席のおすすめや場所取り情報!穴場スポットも

nagaokahanabi


日本三大花火大会の一つでもある長岡まつり大花火大会は、毎年8月2日と3日の2夜連続で行なわれる大花火大会です。
2日間で約2万発の花火が打ち上げられ、両日合わせて100万人近くの人で賑わいます。

花火大会会場には有料席と無料席が設けられますが、今回は有料席チケットが手に入らなかった人や、最初から無料席狙いで見に行かれる方のために、無料席情報をお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

長岡まつり大花火大会無料観覧席のおすすめの場所は右岸?左岸?

長岡まつり大花火大会は、信濃川河川敷で打ち上げられますが、河川敷の花火大会としては珍しく、両岸での観覧が可能です。
信濃川を挟んで長岡駅側が右岸、長岡IC側が左岸です。

右岸にするか、左岸にするかは当日のアクセスの仕方や花火の見え方で決めると良いですよ。
以下に、右岸と左岸それぞれのおすすめポイントを紹介します。

  • 右岸
  • 花火全体をパノラマで見渡すことができる
  • 川辺に映る花火が見えるのは右岸だけ
  • 長岡駅側なので、電車でアクセスする人は右岸がおススメ
  • 左岸
  • 打ち上げ場所に近いので迫力満点の花火が見れる
  • 車でのアクセスの場合高速道路に近いので便利
  • 打ち上げ場所正面の長生橋~大手大橋間に無料席があるのは左岸だけ

無料席の中で最も人気が高い場所は、左岸の長生橋~大手大橋の間の場所です。
打ち上げ場所からも近く、花火がとても良く見える最高の場所です。

右岸には長生橋~大手大橋の間には無料席はありません。
右岸は長生橋付近と大手大橋付近の有料席の側に無料席がありますが、長生橋付近の方が人気のようです。
大手大橋側の無料席は、フェニックス目当ての人にオススメです。
この席は多くの打ち上げ花火はやや遠く、ナイアガラも若干見えにくいのですが、フェニックス席に近いためフェニックスを鑑賞するにはもってこいの場所です。

長岡まつり大花火大会無料観覧席の場所取り時間は?

無料席の開場は14時または15時で、時間になるといくつかあるゲートから入場して無料席の場所取りができるようになります。
早い人で深夜から既にゲートの前に並んでいます。
特に左岸の長生橋~大手大橋間の無料席はとても人気なので、この場所を狙っている人は午前中の早い時間を目指してゲートに並んでいる必要があります。

場所を選ばなければ、ゲートに並ばなくてもどこかしら場所は取れます。
例えば、右岸のフェニックス席近くの無料席は、毎年遅くまで席が残っているようです。
当日早めに行けない人や、並ぶのはちょっと・・・という人はフェニックス席付近の無料席を狙ってみてはいかがでしょうか。

なお、ゲートに並ぶ場合は炎天下の中で長時間待つことになるので、日よけや熱中症対策をお忘れなく!
混雑具合によっては、少し早めにゲートが開場されることもありますので、時間には余裕を持った方が良さそうです。

また、開場されると「走らないで下さい」という放送をよそに、並んでいた人達が我先にと一斉に流れ込んで行きますが、大変危険ですのでゆっくり落ち着いて入場するようにしましょう。
それとシートを石で固定するのは禁止されていますので、ガムテープを持参すると便利ですよ。
マナーを守って、気持ちよく観覧したいものです。

長岡まつり大花火大会おすすめ無料穴場スポットは?

場所取りが必要な無料の観覧席以外にも、花火が見えるスポットは沢山あります。
その中でも、地元の人達がおすすめする無料穴場スポットを紹介したいと思います。

まずおすすめなのが、イオン長岡店アピタ長岡店の屋上です。

打ち上げ場所の正面なので、とても見やすいですよ。
特にイオンの屋上は、フェニックスが正面に見えます。
飲み物や食べ物もすぐに調達できるのが嬉しいですよね。
それに、トイレの心配もいらないので、小さなお子様連れには最適な場所です。

フェニックスを見るなら、古正寺公園もオススメです。

打ち上げ会場からは離れるので迫力には若干欠けますが、フェニックスは正面で見ることができるおすすめスポットです。

右岸側では、悠久山公園がオススメです。

打ち上げ場所から距離が離れますが、空いているので落ち着いてゆっくり見たい人にはオススメです。

長岡まつり大花火大会無料観覧席のおすすめや場所取り情報まとめ

無料の観覧席でも十分花火を楽しむことが可能ですので、チケットの抽選に漏れてしまっても諦めないで下さいね。
ただし、良い場所で花火を観覧するためには、早め早めの行動が必須です。
また、混雑は避けて通れませんので、覚悟を決めて挑んで下さいね。
花火を見ればそんな苦労も吹き飛ぶくらいの満足感を得られますので、是非良い場所をゲットできるよう当日は花火のために頑張って下さい!

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ