赤ちゃんの熱中症対策 室内の場合と最適な温度や湿度について

baby2


暑い夏の日は、部屋の中でも熱中症になると聞いたけれど、赤ちゃんの室内での熱中症対策はどうすれば良いのかしら?

熱中症は屋外にいる時だけでなく室内でも起こります。
特に小さな赤ちゃんや高齢者は、体温のコントロールが上手くいかず熱中症になりやすいため、熱中症対策は万全に行なう必要があります。

それでは、赤ちゃんの室内での熱中症対策について、見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症対策 室内にいる場合

室内で過ごすことが多い赤ちゃんですが、外で過ごす時間が少ないから熱中症は心配ないと思っていませんか?

実は室内でも熱中症は起こるのです。
特に新生児は体温の調節がまだ上手に行なえないので、室内にいる時も熱中症対策が必要です。
熱中症対策の基本的な部分は赤ちゃんも大人も同じですが、夏の暑い日に赤ちゃんが室内で過ごす時の注意点やポイントについてまとめましたので参考にしてみて下さいね。

  • エアコンや扇風機で快適な温度を保つ
室内での熱中症対策に欠かせないのがエアコンです。
赤ちゃんにクーラーの風は良くないのでは?とお考えのお母さんも多いかと思いますが、赤ちゃんにエアコンや扇風機の風が直接当たらなければ、神経質になる必要はありません。
またエアコンが苦手と言う方は、除湿機能(ドライ)を使用しても良いでしょう。
最近のエアコンはお部屋をまんべんなく冷やしてくれるものもありますが、冷気は下に溜まる為、扇風機を利用して部屋の中の空気を循環させると更に効果的ですよ。

  • こまめな水分補給
こまめな水分摂取は熱中症を予防するためには重要です。
母乳だけでも水分は十分に取れていますが、特に暑い日は入浴後や散歩後などに水分を与えてあげましょう。
暑い日は赤ちゃんも水分を欲しがるため母乳を与える回数が増えると思いますが、授乳回数や時間に関係なく、赤ちゃんがおっぱいが欲しいと訴えた時は与えるようにして下さい。

  • イオン飲料の摂取
水などの水分だけでは体内のミネラルやナトリウム・カリウムと言った電解質を補うことはできません。
お散歩からの帰宅後や外遊びをさせた後など、必要に応じて赤ちゃん専用のイオン飲料や麦茶などで水以外の電解質も補給してあげましょう。
ジュースなどはカロリーや糖分が多かったり、虫歯の原因になったりするので、与えるのであればベビー専用のジュースを与えるようにしましょう。

  • パジャマや日中の服装を工夫する
吸湿性、通気性、速乾性に優れた寝具やパジャマ、ベビー服などを使用しましょう。
綿素材は吸水性が良く、麻の素材なら通気性、吸湿性、発散性に優れています。
素材を見ながら洋服や寝具を選ぶと良いですね。
また、暑いからといって裸で過ごすのは、体温調節が上手く出来ない赤ちゃんにとっては逆効果ですので注意して下さいね。

  • 室内温湿度計を置く
室内に現在の温度や湿度が分かる温湿度計を設置しましょう。
こまめにチェックができ、その日の温度や湿度が分かる為、熱中症対策も立てやすくなります。
また、部屋の中でも温度が異なる場合がありますので、赤ちゃんがいる場所の温度を計る様にしましょう。

熱中症対策にふさわしい室内の温度や湿度は?

温度や湿度が高くなる6月〜9月頃までは熱中症に注意が必要です。

熱中症対策にふさわしい室内の温度は26℃〜28℃で、湿度は40%〜60%が最適とされています。
赤ちゃんが過ごしている室内の温度が28℃を越える場合は、エアコンを使用することをオススメです。

エアコンは赤ちゃんの体に悪影響の為、使用を控えたいと思っているお母さんも多いですが、エアコンや扇風機は熱中症対策に有効なアイテムです。
最近は、節電対策などによってエアコンを使用しないことによる熱中症も増えています。
陽射しが差し込む部屋は、遮光カーテンやブラインドなどと併用することで、上手にエアコンを使用すると良いと思います。

エアコンの温度は昼夜問わず26℃〜28℃を保つように設定するのがオススメです。
湿度が高く、ジメジメした日は特に熱中症に罹りやすい為、除湿機能なども併せて使用すると効果的です。

なお、エアコンを止めたり、付けたりの繰り返しは逆に赤ちゃんの体温調節に逆効果なので、暑い日はエアコンをつけたままにする方が良いそうです。

また、風通しが悪く湿度の高い部屋は熱中症になりやすいため、適度にドアを開閉したり通気性にも気を配るようにしましょう。

熱中症は室内で何故起こる?原因は?

最後に、なぜ室内にいても熱中症になってしまうのか、その原因についても触れておきたいと思います。

熱中症は湿度や温度、通気性が関係しています。

人の体は体温が上がると皮膚の血管拡張が起こり、熱を発散するように働きかけることで体温を一定に保っています。
しかし、気温が高くなると熱の発散がうまく行かなくなり、体温が上昇してしまいます。

また、汗を出す行為も熱発散に関係する行為のひとつですが、湿度が高いと汗が蒸発せず熱が発散されなくなってしまい、体内に熱がこもってしまい体温が上昇します。

更に、体温が高くなることで大量の汗をかき、水分や電解質が失われ熱中症を引き起こします。

これは室内でも同じことで、30℃以上の室内に長時間いることにより、熱中症になってしまうのです。
特に通気性の悪い室内では、湿度も高く熱中症に陥りやすい環境なのです。

赤ちゃんや高齢者などは体温調節が上手にできないため、特に注意が必要とされています。

室内温度が30度以上で湿度も60%以上のジメジメしている日は、特に熱中症にかかりやすいので注意が必要です。

屋外だけでなく温度や湿度、通気性の悪い部屋で起こりやすいので、水分補給やクーラーなどを使用して熱中症を予防するようにします。

ぐったりとして元気がなかったり、ボーっとした様子や顔面蒼白、嘔吐などの症状がある場合は熱中症を起こしている可能性があります。
また万が一痙攣が見られたときは、救急車を要請したり、直ちに医療機関を受診するようにして下さい。

赤ちゃんの熱中症対策室内の場合まとめ

室内での熱中症対策などについてまとめました。

赤ちゃんは大人よりも体温が高いですが、お母さんが上手に室内温度を調節することで暑い夏も快適に過ごせることができます。

屋外だけでなく、室内でも熱中症は起きるので注意して下さいね。

熱中症を防ぐにはエアコンや扇風機は有効なので活用するようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ