赤ちゃんの熱中症対策 夜の場合のオススメと水分補給やクーラーについて

baby4


暑い夏の到来で、注意しなくてはならないのが熱中症ですよね。
温暖化により夏の平均気温も上昇気味で、室内でも熱中症にかかる可能性はあります。
特に小さな赤ちゃんは体温調節が上手くできないため、熱中症対策は万全にしておきたいですよね。

赤ちゃんは寝ている間に大量の汗をかきますので、熱帯夜が続くと、寝ている間に熱中症にならないかと心配になるかと思います。
今回は赤ちゃんの夜寝ている間の熱中症対策についてまとめましたので、参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの熱中症対策 夜寝ている場合

寝ている間に熱中症になるの?と疑問に思うかと思いますが、寝ている間は大量の汗をかきます。
そうすると、体内の水分が失われ熱中症になることがあります。

特に赤ちゃんは室内で過ごすことが多く、体温の調節機能が未熟なので熱中症対策は重要です。

赤ちゃんが夜寝ているときに熱中症に罹らないための対策を紹介したいと思います。

  • 寝る前にお水を飲ませる
新陳代謝の良い赤ちゃんはよく汗をかきます。
特に夏場はいつも以上に汗をかき、脱水症状を起こしやすいので、夜寝る前には母乳やお水、麦茶などで水分を補給してから寝かせるようにしましょう。
赤ちゃん用のイオン飲料なら水分以外の電解質も補給することができ便利です。

  • 通気性・吸湿性の良いパジャマや寝具を使用する
赤ちゃんを寝かせる時の服装にも注意が必要です。
暑いからと言ってオムツだけ着用して寝かせるママもいますが、体温調節が未熟な赤ちゃんには適しません。
吸収率の良いパジャマを着用すれば、吸い取った汗が蒸発して気化熱で涼しくなります。
ガーゼや綿素材など吸収率の良いパジャマに、通気性の良いタオルケット1枚をかけてあげると良いでしょう。
 
  • クーラーを使用する
熱中症対策には、クーラーが欠かせません。
赤ちゃんにクーラーは良くないとお考えの方も多いかと思いますが、最近では真夏の寝苦しい夜は赤ちゃんが寝る時にもクーラーを使用するよう指導するお医者様もいるようです。
赤ちゃんが寝ている時にクーラーを使用する時のポイントについて、次の章で紹介したいと思います。

赤ちゃんの熱中症対策にクーラーを上手に使おう

ひと昔は、赤ちゃんの体にクーラーの風は良くないとされてきましたが、近年では温暖化の影響もあって、熱帯夜には熱中症の恐れから赤ちゃんにもクーラーが推奨されるようになりました。
防犯上の理由などで窓を開けられない場合や、窓を開けても涼しい風が入って来ない熱帯夜には、クーラーを付けて寝る様にしましょう。

赤ちゃんが夜寝る時にクーラーを使用する時のポイントを挙げてみます。

  • 冷蔵の風が直接あたらない場所に赤ちゃんを寝かせる
赤ちゃんを寝かせる場所は、冷房の風が直接当たらない場所にします。
最近の冷房は風の当たり方も優しいものが多いですが、冷たい風には注意して下さい。

  • タイマーは使用しない
赤ちゃんにクーラーの冷たい風は良くないといって、数時間にクーラーが切れるようタイマーをセットしていませんか?
実はこれ、逆に赤ちゃんには良くないんです。
赤ちゃんは体温調節が上手く出来ないため、涼しかった部屋がクーラーが切れることにより暑くなることで、赤ちゃんの体にかえって負担をかけてしまいます。
そのため、クーラーは一晩中付けておく方が良いのです。

  • 除湿機能を使用する
気温や温度の高い部屋にいると熱中症の原因になります。
除湿機能は赤ちゃんの体温調節機能に負担も少なく、適度な湿度と温度を保つことができ有効です。

  • クーラーの温度設定
クーラーは大人が涼しいと感じる温度よりも少し高めに設定するようにしましょう。
また、クーラーの温度設定と実際の部屋の温度は違うこともあります。
部屋の中でも場所によって温度差があるので、赤ちゃんが寝ている場所の温度を計って25℃〜27℃くらいに保つ様にクーラーも調節します。

 

赤ちゃんの熱中症対策 水分補給について

赤ちゃんに限らずですが、熱中症対策に水分補給はかかせません。
特に赤ちゃんは汗をかきやすく体温調節が未熟で熱もこもる為、こまめな水分補給が大切になります。

塩分などを含まない水だけ補給した場合、電解質不足による熱痙攣が起きることがありますが、母乳やミルクには必要な成分が含まれているので赤ちゃんでは心配ないと言えます。

赤ちゃんの寝る前の水分補給は母乳やミルクで十分ですが、気になる場合は眠る前に20ml〜30mlの麦茶を飲ませるようにしましょう。

また夏場は赤ちゃんも喉が渇くため、夜の授乳回数も増えると思いますが、時間や回数を気にせず欲しがったら与えるようにしましょう。

なお、赤ちゃんは眠っている間にも大量の汗をかきますが、起こして水分を与える必要はありません。
喉が乾けば赤ちゃんは泣いて起きますので、その時に母乳やミルクなどを飲まして上げましょう。

ただし、以下のような状態の時は脱水症状を起こしかけている可能性があるので、ベビー用イオン水や麦茶などで水分を補給してあげましょう。

  • 唇がカサカサして口の中が乾燥している
  • 尿量が減って色も濃い
  • 尿が6時間以上出ていない
  • 機嫌や顔色が悪く、ぐったりしている
  • 母乳やミルクを飲みたがらない
  • 泣き声が弱い

赤ちゃんが夜寝る時の熱中症対策まとめ

寝ている時の熱中症を避けるためにも、赤ちゃんが寝ている部屋は快適に保ちましょう。
赤ちゃんは暑くて寝苦しくても意思表示ができません。
大人よりも体温調節が上手にできない赤ちゃんのために、大人がしっかりと対処してあげることが大切です。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ