足立の花火大会2016最寄り駅や場所取りや穴場スポットに屋台情報も

hanabitaikai

足立の花火は、その前身である千住の花火大会から数えると、もうすぐ100年を迎える伝統的な花火大会で、1時間の間に約13,500発の花火が荒川を彩ります。

そんな歴史ある花火大会ですが、新しい試みとして子供が描いた花火を実際の花火として打ち上げる企画や、音楽とのコラボなど見応えたっぷりの1時間です。

ちなみに、「足立の花火大会」とよく言われますが、正式には「足立の花火」です。

それでは、足立の花火について詳しく見て行きましょう。


スポンサードリンク

足立の花火2016の日程

第38回足立の花火の開催日程は以下の通りです。

開催日:平成28年7月23日(土)
開催時間:午後7時30分~8時30分

お問い合わせ先
一般財団法人足立区観光交流協会
電話:03-3880-5853

公式サイト
http://hanabi.adachikanko.net/38hanabi/index.html

多少の雨なら開催されますが、荒天の場合は中止されることもあります。

足立の花火2016のアクセス方法最寄り駅は?

足立の花火へのアクセスに最適な最寄り駅は、以下の4駅です。

JR・東京メトロ・東武鉄道・つくばEx 北千住駅 (4番出口)から 徒歩約18分
東武伊勢崎線・日光線 五反野駅から徒歩約20分
東武伊勢崎線・日光線 小菅駅から徒歩約20分
東武伊勢崎線・日光線 梅島駅から徒歩約20分

北千住駅以外は、打ち上げ場所と対岸の西新井側へのアクセスに便利です。

足立の花火2016有料席情報

昨年に引き続き、千住側(堤南)土手の斜面に有料席も用意されるようです。
6月発売予定で、価格は未定です。
ちなみに、2014年の有料席は2名5,000円でした。
(2015年は有料席はありませんでした。)

場所取りを気にせずゆったり見たいという人には、有料席がおススメですので、こま目に公式サイトをチェックしてみて下さいね。

足立の花火大会2016おススメの鑑賞スポット

足立の花火の打ち上げ場所は、荒川の南の千住側である千住新橋緑地です。
その周辺は立ち入り禁止になっていて、左右の西新井橋近辺と千住新橋近辺が最も混雑するスポットです。

おススメの鑑賞スポットは、堤北の西新井側の河川敷です。
千住側よりも広いため、場所も確保しやすいです。
また、遠くにスカイツリーも見えるので、スカイツリーと花火のコラボも楽しめますよ。

足立の花火大会2016場所取りについて

ここ最近、芝生にスプレーを吹き付けて場所取りをするなど大変悪質な場所取りが横行しています。
そのため、公式サイトにも事前の場所取りは絶対におやめ下さいと記載されています。

場所取りをする場合は、ビニールシートなどを敷いてその上に座り、花火の時間までその場を離れないなど、マナーを守る様にしましょう。

スポンサードリンク

足立の花火大会2016の屋台情報

花火大会に来たら、お祭り気分を楽しみたいですよね。
そのために外せないのが屋台です。

屋台など出店が沢山並んでいる道路を通るだけで、テンション上がりますよね。

足立の花火では、花火大会の会場である河川敷には屋台は出ませんが、最寄り駅から会場までの道のりに出店が多数出店されます。
特に、北千住駅から会場までの道のりには沢山屋台が出ています。
また、西新井側では梅島駅近辺にも屋台が出ていますよ。

屋台を満喫したいという人は、早めに現地に到着するようにしましょう。

足立の花火2016最寄り駅や場所取りや穴場スポットに屋台情報まとめ

足立の花火は、東京都の花火の中でも早い時期に開催されます。
当日はとても混雑しますので、小さなお子様連れの方は子供から目を離さず迷子に気を付けましょう。

また、夜は案外肌寒いので、羽織る物も忘れずに!
仮設トイレも多数設置されますが、とても混雑するので前もって済ませておきましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ