七夕飾りの笹はどこで買う?ない場合代わりになるものや手作りする方法は?

sasanoha


今年の七夕には、子供と一緒に七夕飾りを飾ろうと思ってます。でも、笹の葉ってどうやって用意すればいいのかしら?近くに竹やぶなんてないし、お店で買えるものなのかしら?
スポンサードリンク

七夕飾りの笹はどこで買う?

7月7日の七夕祭りには、子供と一緒に笹の葉に短冊や七夕飾りを飾ってみようと考えている人も多いのではないでしょうか。

どんな七夕飾りを作ろうかこれから決める人はこちらの記事がオススメです!
織姫や彦星、天の川(投網)や貝や提灯の作り方はこちら!

どんな七夕飾りを作るか決めたところで、ふとはどこで買えるのだろう?
と、疑問に思った人が今この記事を読んで下さっているのだと思います。

笹は竹やぶに生えていますが、なかなか竹やぶって身近にないことが多いですよね。
田舎のおじいちゃんの家にいけば、裏山に竹やぶがあったなぁ・・・なんて人は、そこから刈って来れば解決ですが、そうではない人が大半を占めると思います。

では、笹はどこで買えるのでしょうか。
実は、案外身近なところで手に入るんです。

まず、お花屋さん
普段お花屋さんで笹を見かけることはないと思いますが、七夕の時期になると置いている花屋さんが多いです。

それともう一つは、ホームセンター
ホームセンターにも、七夕に近付くと笹を取り扱う様になります。
お値段は、数百円から高くても1,000円程度とお安く手に入りますよ。

ですが、笹は切り花と違って水揚げが悪く、すぐに枯れてしまいます。
そのため、花屋さんやホームセンターでも、直前にならないと置いていなかったり、予約販売のみという場合もあります。
だからあまりお店に売っているというイメージがないんですね。

ですので、笹を購入したい場合は、予めお花屋さんやホームセンターで取り扱っているかを確認した上で、予約をするのが確実です。

笹の葉を長持ちさせる方法

先ほども少し触れましたが、笹の葉は切ってから半日から1日ですぐに葉っぱば乾燥し、固くなって丸まってしまいます。
そのため、笹を買う時は七夕の直前にした方が良いでしょう。
乾燥して丸まっても七夕飾りとして使えないことはないのですが、どうせなら緑の葉っぱに飾りたいですよね。

前もって七夕飾りを用意しておいて、前日の夜に飾り付けをするというパターンがベストです。

どうしても数日前から用意する必要があるという場合は、笹の葉を酢水に浸けるのがオススメです。
酢の量は、水3に対して酢2が目安です。

こうして作った酢水に笹の葉を浸けることで、普通に水に浸けたときよりも葉っぱが緑のまま長持ちするんです。
是非試してみて下さいね。

七夕飾りの笹がない場合代わりになるもの

笹が手に入らなかった場合に、笹の代わりになるものについてもいくつか紹介したいと思います。

  • 造花
本物の笹そっくりの、プラスチック製の造花の笹や竹もホームセンターやネット通販で買うことができます。
また、ミニサイズならば100均ショップでも売られているので、七夕の時期が近付いて来たら探してみて下さいね。

造花ならば、クリスマスツリーのように毎年使えるので案外便利ですよ。

  • ビニールひも
緑色のビニールひもを三つ編みして縄状にし、そこに七夕飾りを吊るします。
見た目は笹の葉ではありませんが、ガーランドのように壁沿いに垂らして飾ればインテリア風になりますよ。
長い期間飾っておけるので、お子様も喜ぶかと思います。

  • 突っ張り棒
部屋の入り口などに突っ張り棒を張って、そこに七夕飾りを飾ります。
のれん風に飾るイメージです。
こちらも笹の葉とはほど遠いですが、七夕飾りがメインと考えます。

七夕飾りの笹を手作りする方法

最後に、笹の葉を手作りする方法を紹介したいと思います。

用意するものは、緑色の折り紙と園芸用の支柱です。

まず、折り紙で笹の葉っぱを作ります。
作り方は、こちらの動画がわかりやすいので参考にして下さい。

笹の葉つづりを沢山作ったら、園芸用の支柱にテープで取り付けます。
園芸用の支柱は、ホームセンターに売ってますよ。
トマトやきゅうりなどを作るときに使う、緑色の棒です。

笹の葉つづりを支柱に取り付けたら、他の七夕飾りも取り付けて行きます。

支柱の代わりに、先ほど紹介した緑色のビニールテープを使って少し高い位置に横向きに吊るしてもいいですよ。

七夕の笹の入手方法や手作りの方法まとめ

笹はお花屋さんやホームセンターで購入することができますので、本物の笹を使いたい人は事前に予約をして下さいね。
また、手作りで笹の葉にも是非挑戦してみて下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ