地震の避難場所は屋外屋内どちらが安全?家の中や屋外で安全な場所は?

kousoubiru


日本は地震大国。
大きな地震が相次ぎ、防災意識も高まっていることかと思います。

首都直下型地震がいつ起こってもおかしくないと言われている中で、日頃から震災時にどう行動するべきか、シュミレーションしておくのも必要ですよね。

ここでは、大きな地震に教われた際に、どこに避難するのが安全なのかについて説明したいと思います。

スポンサードリンク

地震の避難場所は屋外と屋内どちらが安全?

地震は突然やって来ます。
大きな揺れに襲われた時、屋外に避難するべきなのか、屋内にとどまるべきなのかで判断に迷うかと思います。

テレビで専門家が、築年数を基準に判断すると良いと説明していました。

1981年に耐震基準が見直され、新耐震基準が適用されました。
また、2000年には木造住宅の耐震基準が見直されています。

このことから、築30年以上の場合は建物が倒壊する恐れがあるため、最初の揺れがおさまったら屋外へ避難します。
この時、窓ガラスが飛び散ったり、屋根の瓦が落下したり、塀が倒れたりする恐れがあるので、十分注意して外へ出て下さい。

一方、築30年に満たない新しい建物の場合は、倒壊の可能性は低いため、慌てて外へ飛び出さずに屋内に留まるのが良いそうです。
ただ、現在の耐震基準は震度6以上の大きな地震が複数回起きることは想定していないそうです。
熊本地震でも、二度目の揺れで多くの建物が倒壊しています。
ですので、最初の揺れがおさまったら、落ち着いて屋外に避難するようにしましょう。

地震の避難で屋内で安全な場所は?

続いて、屋内に避難する時に安全な場所について見て行きたいと思います。

家の中で安全な場所

家の中で地震に遭った場合、どこに避難するのが一番安全でしょうか。

私はこれまで、トイレやお風呂場など狭い場所が安全だと思っていました。
ですが、トイレやお風呂場など狭い空間は閉じ込められてしまう恐れがあるため、オススメできないそうです。

家の中で一番安全な場所は、玄関だそうです。
玄関は太い柱に囲まれていることが多いため、安全なスペースなんだとか。
実際に阪神大震災の際にも、倒壊した家屋の玄関だけが残っているというケースも多く見られたそうです。
また、玄関にいればすぐに外にも出ることができますよね。
ですので、大きな揺れを感じた際は、玄関の扉を開けた状態で玄関に避難するのが良いとのことです。

一戸建ての一階と二階ではどちらが安全?

一戸建ての場合、一階と二階では二階の方が安全です。
万が一家屋が倒壊した場合、一階部分は押しつぶされてしまう可能性が高いためです。
二階にいる場合は無理に玄関まで避難せず、二階で揺れがおさまるのを待ちます。

デパートやオフィスなどビルの中で安全な場所

デパートやオフィスなど、ビルの中にいる場合はどうでしょうか。

築30年以内のビルの場合は、倒壊の可能性は低いため慌てて外に出るのではなく、屋内の安全な場所に避難するのが良いそうです。
慌てて外に飛び出すと、ガラスの破片や看板などの落下物が直撃する可能性があり、大変危険です。

デパートやオフィスなどビルの中にいる場合は、なるべく広いスペースが安全です。
デパートの場合は陳列棚、オフィスの場合はロッカーなど倒れる恐れのあるものからは離れます。
また、照明などの落下物にも注意する必要があります。
窓の近くもガラスが飛び散る危険があるため、避けましょう。

地下街は安全?

地上にいるよりも、地下の方が倒壊やビルからの落下物などの危険性がなく、安全だと考えられてます。
ただ、地下は火災が発生した際やガス漏れなどの恐れがあるため、長時間留まるのは危険です。
揺れがおさまったら落ち着いて地上へ上がる方が良いそうです。
慌てて地上に出ようとすると、狭い出口に人が殺到してパニックになる可能性がありますので、まずは落ち着くことが大切です。

地震の避難で屋外で安全な場所は?

続いては、屋外にいる時に地震による揺れを感じた際は、どこに避難するべきか見て行きたいと思います。

屋外にいるときの避難場所

屋外のどんな場所にいるかによっても、避難する場所は変わって来ます。

繁華街などビルに囲まれた場所にいる場合
落下物が直撃する可能性があり危険ですので、バッグなどで頭を守りながら、近くのビルなどに逃げ込みましょう。

住宅街にいる場合
ブロック塀などが倒れて来たり、屋根の瓦が落下する可能性がありますので、なるべく広い場所に避難しましょう。
また、火災の恐れがある場合は、住宅地から離れた場所に避難します。

屋外にいる時は、落下物や転倒する恐れのあるものに特に注意が必要です。

運転中の場合

運転中に地震による揺れを感じたら、ハザードランプを付けてゆっくりと路肩に車を寄せます
慌てて急停車すると、後続の車が衝突する恐れがありますので、注意して下さい。

揺れがおさまって外へ避難する場合は、車の鍵を付けたまま避難します。

地震発生時の避難場所についてまとめ

地震発生時の避難場所や安全な場所について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
こうして事前に確認してあっても、実際に大きな地震が発生した場合には、何も出来ずに固まってしまうかもしれません。

地震による大きな揺れを感じた場合の行動については、日頃から頭の中でシュミレーションしておくと良いですよ。
そうすることで、いざという時に慌てず正確な判断ができるかと思います。

家族で定期的に被災時の対応について話し合う時間があっても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ