父の日の花は黄色いバラかひまわりか 由来や花言葉で贈る花を決めよう

fathersday


母の日の花はカーネーションですが、父の日に贈る花というと何を思い浮かべるでしょうか。
私はひまわりを思い浮かべますが、黄色いバラを思い浮かべる人もいるかと思います。

父の日が近付くと、デパートの紳士服売り場では父の日と書かれたポスターにひまわりの絵が書いてあったりしますよね。
世間一般的にも、父の日と言えばひまわりとイメージしている人は多いのではないでしょうか。

それでは、父の日の花について見て行きましょう。

スポンサードリンク

父の日の花はひまわりかバラか?その由来とは

父の日は、母の日と同じくアメリカが発祥の地です。

アメリカ人のジョン・ドット・ブルース婦人という人が、母の日があるなら父の日があってもいいじゃないかと訴えたことがきかけでアメリカ全土に広がり、1972年に正式に祝日となりました。

ブルース婦人の父親は、妻に先立たれ男手一つで6人の子供を育て、子供達が皆成人した後に亡くなりました。
そんな父親への感謝の気持から、父親の誕生月である6月に、牧師に礼拝をしてもらっていたそうです。
そして、母の日と同じ様に父の日もあるべきだと牧師協会に訴えたことがきっかけとなり、6月の第三日曜日が父の日として定められました。
アメリカも日本も、父の日は同じなんですね。

ドット婦人は、父の日に父親の墓前に白いバラを供えました。
そのため、父の日の花はバラとされています。
亡くなった父親には白いバラを、健在な父親には赤いバラを贈ります。
しかし、日本では男性に赤いバラを贈るというのはあまり定着しませんでした。

日本には、ベストファーザー イエローリボン賞と言って、毎年「素敵なお父さん」である著名人に贈られる賞があります。
最近では、宇宙飛行士の若田光一さんや、タレントの照英さん、芸人のヒロミさんなどが受賞されています。
このイエローリボン賞のイメージカラーが黄色であることから、父の日のカラーは黄色というイメージが定着してます。

このことから、日本では父の日には黄色いバラや、ひまわりが贈られるようになりました。

黄色いバラやひまわりの花言葉は?

日本では父の日には黄色いバラやひまわりが贈られるというお話をしましたが、それぞれの花言葉を見てみましょう。

黄色いバラの花言葉

  • 友情
  • 献身
  • 嫉妬
  • 薄れ行く愛

「嫉妬」や「薄れ行く愛」は、父の日としてもあまり良いイメージではないですね。

ひまわりの花言葉

  • 愛慕
  • あこがれ
  • 情熱
  • 私はあなただけを見つめる
  • 光輝

こうして花言葉を比べてみると、ひまわりの方が良いイメージなのがわかります。
また、太陽の花であるひまわりは、父親のイメージにもピッタリではないでしょうか。

父の日には、黄色いバラよりもひまわりを贈る方が良さそうですよね。
父の日にどんな花を贈るか悩んでいる人や、バラとひまわりどちらにしようか迷っている人には、ひまわりをオススメしますよ。

ひまわりはアレンジメントがおすすめ

ひまわりは、花束やアレンジメント、鉢植えと様々ですが、父の日のプレゼントにオススメなのはアレンジメントです。
アレンジメントは、湿らせた専用のスポンジをかごなどに入れ、そこに花を挿して花束のようにして作られます。

アレンジメントのメリットは・・・

  • 花瓶に移す必要もなく、そのまま飾れる
  • 水やりも不要で手間がかからない
  • デザイン性が高い

などが挙げられます。

ただ、花瓶に挿した花束よりも早く枯れてしまうというデメリットもあります。
日頃から花を花瓶に挿して飾る習慣のある方には、花束の方が喜ばれるかもしれません。
お水の管理をしっかりすることで、花束の方が長持ちします。

花束を飾る習慣のないお父さんへは、花瓶を用意する必要がないアレンジメントがオススメですよ。

父の日に贈る花についてまとめ

父の日に贈りたい花について、その由来や花言葉などを中心に説明しました。
今年の父の日は、黄色いバラかひまわりか迷っていた人の参考になると幸いです。

お花屋さんにひまわりをメインにすることと予算を伝えれば、父の日にぴったりのフラワーアレンジメントを作ってもらえます。
だいたい3000円くらいで、素敵なアレンジメントが出来上がりますよ。
また、遠方にお住まいのお父さんには、ネット注文がおススメです。
実際に仕上がりを確認することはできませんので、レビューを参考にお店を選んでみて下さいね。

お父さんの喜ぶ顔が今から待ち通しですね。
普段あまり感謝の言葉を伝える機会がないお父さんへは、メッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか。
一言でもいいので、日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ