御柱祭2016 山出しの上社下社臨時駐車場やシャトルバス情報

kiotoshi_kamisya


7年に一度(数えなので実際には6年に一度)の奇祭、諏訪大社の御柱祭の山出しがあともう少しと迫って来ました。

やはり、御柱祭と言えば、メディアでも取り上げられる木落しですよね。
あの迫力満点の木落しは、山出しの際に行われます。
上社も下社も見どころ満点ですので、今から楽しみにしている方も大勢いらっしゃるかと思います。

当日は大変混雑しますので、電車を利用されることをオススメしますが、どうしても自動車で行きたいという人もいますよね。
そんな方のために、ここでは御柱祭山出し当日の駐車場情報やシャトルバス情報について、お伝えしたいと思います。

里曳きの情報はこちらを参照ください。

御柱祭2016里曳き 上社へのアクセスや駐車場情報にスケジュールと見どころも
御柱祭2016里曳き 下社へのアクセスや駐車場情報にスケジュールと見どころも



2016年の山出しの日程

上社:2016年4月2日(土曜日)・3日(日曜日)・4日(月曜日)
下社:2016年4月8日(金曜日)・9日(土曜日)・10日(日曜日)
スポンサードリンク

御柱祭2016 上社山出しの駐車場情報

上社の山出しは、木落しと川越しが最大の見どころです。
山出しでは、まだ上社へは行きませんので、木落と川越しが行われる茅野駅周辺が盛り上がります。
交通規制もありますので、車で行かれる際は事前に確認の上早めに到着されることをおすすめします。

上社山出し臨時駐車場マップ



駐車場名 台数 駐車可能日
玉川小学校校庭 普通:210台 4/2,3,4
茅野市総合運動公園 普通:820台
大型:93台
4/2,3,4
スケートセンター 181台 4/2,3,4
茅野市役所駐車場 280台 4/2,3のみ
市職員駐車場 普通:127台
大型:22台
4/2,3のみ
永明小学校校庭 280台 4/2,3,4
横内旧ゲートボール場 34台 4/2,3,4
ダイナム駐車場 234台 4/3,4のみ
茅野シティホール駐車場 139台 4/3,4のみ
中沖公園 80台 4/2,3,4
横内大学河原公園 46台 4/2,3,4
ベルビア地下駐車場(有料) 150台 4/2,3,4
旧東洋バルヴ跡地 250台 4/2,3,4
富士見町役場 100台 4/2,3のみ

玉川小学校校庭と、永明小学校校庭は、雨の場合はぬかる恐れがあるので、天候によっては使用不可となる場合があります。
最新情報については、公式ページを確認下さい。

御柱祭上社の情報
http://www.onbashira.jp/kamisha/

4月2日(日)のみは、木落周辺の臨時駐車場をシャトルバスが運行します。

なお、駐車場にも限りがありますし、周辺道路も交通規制がひかれるため大変混雑します。
中央本線沿線の駅周辺に駐車して、茅野駅まで電車で行くというも一つの手かと思いますよ。

御柱祭2016 下社山出しの駐車場情報

続いては、下社の山出しについてです。
あのテレビでよく見かける木落のシーンは、下社の山出しで行われますので、御柱祭=下社の山出しみたいなイメージを持たれている方も多いかと思います。

下社山出し臨時駐車場マップ



駐車場名 台数 駐車料金 駐車可能日時
下諏訪社中学校 360台 3,000円 4/8,9,10
※観覧席チケット購入者及び氏子専用
下諏訪北小学校 190台 3,000円 4/8,9,10
※観覧席チケット購入者及び氏子専用
下諏訪中学校 260台 3,000円 4/8,9,10
下諏訪南小学校 230台 3,000円 4/8,9,10
下諏訪町役場(来庁用)
※9,10日のみ
50台 3,000円 4/9,10のみ
下諏訪町役場(職員用)
※9,10日のみ
30台 3,000円 4/9,10のみ
赤砂崎公園 300台 3,000円 4/8,9,10
※観覧席チケット購入者専用
旧東洋バルヴ跡地 200台 1000円 4/8,9,10

最新情報については、公式ページを確認下さい。

御柱祭下社の情報
http://www.onbashira.jp/shimosha/

有料観覧席チケットをお持ちの方は送迎バスがありますが、一般の人向けの臨時駐車場からのシャトルバスの運行はありませんので、木落し坂へ行かれる場合は徒歩で行く必要があります。
徒歩の場合は、下諏訪駅から60分程度が目安です。

なお、2010年の御柱祭の際には、有料観覧席の当日の券も販売され、また木落し坂近くの河川敷内に一般の観光客も入場できたのですが、混雑などにより混乱が生じたそうです。
そのため、2016年の木落しでは観覧券を持っていない一般の人の入場はできなくなるそうです。
当日は木落し坂周辺は大変混雑し、観覧券を持っている人でさえ、観覧席まで辿り着けないということもあるくらいです。
ですので、チケットを持っていない人は、パブリックビューイングでの観覧をお勧めします。

当日は、大変な混雑が見込まれますので、事前のリサーチは入念に行なって下さいね。
また、4月初旬は信州はまだ肌寒いです。雪が降る年もあるくらいですから、防寒対策も忘れずにして行って下さい。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ