端午の節句 お祝いのお返しの相場や人気はコレ!両親へはどうする?

kabuto


親戚からいただいた息子の初節句のお祝いのお返しは何がいいかしら?両親へも鯉のぼりや兜のお返しはした方がいい?
端午の初節句で頂いたお祝いのお返しは、出産内祝いとはまた違った物をと思いますし、何かと気を遣いますよね。それでは、端午の節句のお返しに人気の品物金額の相場を紹介したいと思います。
スポンサードリンク

端午の節句のお返しに人気の品物は?

端午の節句のお返しには、お祝いのお返しにふさわしい縁起のよいものを選びましょう。

一番人気は、やはりお菓子です。
定番はカステラやバームクーヘンで、名前入りが人気です。

ですが、カステラやバームクーヘンは、出産内祝いの時に既に贈ってしまったという人も多いかと思います。
その場合は、端午の節句らしく鯉のぼりや兜の形の和菓子がおすすめですよ。

もう少し印象に残る物をお探しの人には、写真入りのお米はいかがでしょうか。
御礼のメッセージも添えられるので、感謝の気持も伝わりますよ。

端午の節句の兜や鯉のぼりのお返しの相場は?

日本では「半返し」というように、お返しはいただいた金額の半額が目安です。

なので、お返しをする場合には、まずはいただいたお祝いの金額を知らなければなりませんよね。
現金でお祝いをいただいた場合は明確ですが、兜や鯉のぼりなど品物でいただいた場合は、普段買うことがないだけに値段がわかりにくいかと思います。

兜や鯉のぼりの値段は、デパートの売り場やメーカーのホームページで確認する方法がありますが、参考までに兜や鯉のぼりの値段の相場を紹介します。

兜の値段は実はピンキリで、2万円程度のミニ兜から高級品だと100万円以上のものまであります。
この中で、人気の兜は、10万円〜20万円の価格帯のものです。

鯉のぼりは兜ほど、商品ごとに値段の差はありません。
「鯉のぼり」と言われてイメージする背の高い鯉のぼりは、大体10万円程度です。
もちろん鯉のぼりも、上を目指せばいくらでも高価なものはあります。
逆に、ベランダや屋内に飾れるコンパクトサイズの鯉のぼりであれば、数千円で買うことができます。

なお、高額な鯉のぼりや兜は、両親や祖父母など近い親族からのプレゼントであることが殆どですので、半返しを意識する必要はありません
「ありがとう」の感謝の気持ちを表せる金額で用意しましょう。

端午の節句のお返しは両親にもするべき?

端午の節句のお祝いとして、両親から兜や鯉のぼりをもらったとき、お返しをするべきかどうか悩みますよね。
両親だからそこまでちゃんとしなくてもよいだろう、いや、もう別世帯なのだから金銭的なことはきっちりとやるべき、などと考えれば考えるほど悩みは深まるばかりです。

基本的に、両親への端午の節句のお返しは必要ありません。
初端午の節句の当日、もしくは前日に両家の両親、親戚、お祝いをくれた方々を招いてごちそうを振舞うことで、お返しをしたことになるからです。

また、お祝いの席を設けることができなくても、両親に対してはそこまで気を遣う必要はありません。

そうはいっても、形だけでもいいから少しはお返ししたいという方は、内祝いとして3000円〜5000円程度の品物を用意すると良いでしょう。

両親へのお返しのおススメは、フォトブックです。

可愛い孫の誕生から初節句までの写真を、フォトブックにしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
フォトブックはお店に行かなくてもネットで簡単に注文できてしまうので、子育てで忙しいママさんにも嬉しい品物です。
とても安く作れますので、和菓子などにフォトブックを添えてプレゼントするのも良いですね。

1冊198円~、24時間いつでもオンライン注文!!
しまうまプリントのフォトブック

端午の節句のお返しについてまとめ

以上が、端午の節句のお返しについてでした。
端午の節句のお返しに悩んだときの参考になればと思います。

また、両親にとって、何よりもうれしいお返しは孫の顔が見れることです。
端午の節句当日でなくてもよいので、できれば両親を招いてお祝いの席を設けるように努めてくださいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ