母の日に義母へ送るメッセージカードの書き方や文例に花束への付け方

message_card


もうすぐ母の日ですね。義母には、定番ですが花束をプレゼントしようと思っていますが、花束だけではそっけないので、メッセージカードを添えたいと思います。でも、どんな内容のメッセージを書いたら義母が喜ぶか、アイディアが浮かばなくて・・・。
お姑さんへの母の日のプレゼントは、何かと気を遣いますよね。義理のお母さんへの母の日のメッセージについて、書き方のポイントと例文を紹介したいと思います。
スポンサードリンク

母の日に義母へ送るメッセージの書き方

1年に1度の母の日は、日頃の感謝の気持をお母さんに伝える日です。
花束に添えるメッセージカードは、手紙と違って短い文章で書く必要があるので、まずは一番伝えたいことは何かを考えましょう。

例えば、

  • 日頃の感謝の気持ち
  • これからのこと
  • いつも頼りにしていること
  • 見習いたいこと
  • 夫や孫のこと

などが挙げられます。

そして、一番伝えたいことが決まったら、それについてもう少し掘り下げてみます。

  • 日頃の感謝の気持ち
日頃からどんなことに対して感謝をしているのか
  • 本当の娘のように接してくれること
  • お料理を教えてくれること
  • 孫の面倒を見てくれること
  • これからのこと
これから、どのようにして欲しいのか。
  • 健康で長生きして欲しい
  • もっと頼って欲しい
  • 今度一緒に旅行しましょう
  • いつも頼りにしていること
お義母さんのどんなところを頼りにしているのか
  • 家庭の味を教えてくれるところ
  • 子育てのアドバイスをしてくれるところ
  • 見習いたいこと
お義母さんのどんなところを見習いたいのか
  • お料理上手なところ
  • 仕事と家事を両立しているところ
  • お義父さんと仲が良いところ
  • いつも笑顔でいるところ
  • 夫や孫のこと
夫や孫とのエピソードなど
  • 孫はおばあちゃんが大好き
  • 夫とお母さんに似合いそうな花を選びました

エピソードなどを交えて具体的に書くことで、ありきたりのメッセージではなく、心のこもった暖かいメッセージになりますよ。

母の日に義母へ送るメッセージの文例

お母さん、いつも本当の娘のように接してくれてありがとうございます。
至らない娘ですが、これからもよろしくお願いします。
お母さんへ
いつもお料理を教えてくださりありがとうございます。
早くお母さんの味を覚えるよう、これからも頑張ります!
お母様へ
お母様の明るい笑顔にいつも癒されています。
これからもお体に気を付けて、健康でいて下さいね。
お母さんのお料理はいつも美味しくて見習いたいです。
今度、○○家の味を教えて下さいね。
お母さん
○○さん(夫の名前)と一緒にお母さんをイメージして選んだお花です。
これからも素敵な笑顔のお母さんでいて下さいね。
お母さんへ
先日の旅行、とても楽しかったです。
今度は私たちが企画するので、また一緒に行きましょう!
お母さん
私もお母さんのように素敵に歳を重ねたいです。
いつまでも若々しく、健康なお母さんでいて下さい。

メッセージカードでは、「お義母さん」では他人行儀ですので、「お母さん」または「お母様」と書きましょう!また、差出人の名前は夫との連名にします。

花束に添えるメッセージカードの付け方

花束に添えるメッセージカードは、お花屋さんに言えばだいたい名刺サイズくらいのカードが無料でもらえます。
貰えない場合は、100均ショップなどに売られているので、探してみて下さい。
また画用紙やシール、マスキングテープやスタンプなどを使用して手作りしてもいいですね。

また、ネットで注文する場合も、多くのショップでメッセージカードを付けるかどうかを選択できるはずですので、注文の前に確認してみて下さいね。

そして、メッセージカードを添える位置ですが、さりげなく添えたいですよね。
かといって、あまり目立たない場所だと気付いてもらえないかもしれないので、お花の次に目の付くような場所に添えるようにしましょう。

おすすめは、花束を手渡しする場合はお花とお花の間にさりげなく添える方法です。
このときお花を痛めないよう、そっと添えて下さい。
また、花束を包んでいる透明のシートに、可愛らしいマスキングテープで貼付けるのも良いですよ。

アレンジメントの場合は、ピックなどにテープで貼付けて挿しても可愛いですよ。

母の日のお花に添える義母へのメッセージカードまとめ

いかがでしたでしょうか。
日頃言葉に出して伝えるのは照れくさいことでも、メッセージカードになら書けますよね。
義理のお母さんも、きっと喜んでくれるはずです。
母の日には心温まるメッセージを添えて、花束のプレゼントをしましょう。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ