梅雨の洗濯物の乾かし方とおすすめの臭い対策!一度付いた臭いの取り方も!

sentaku


梅雨時の洗濯物は外に干せないので仕方なく部屋の中に干していますが、アパート暮らしで狭い上に生乾きの臭いが充満して困っています。梅雨でも効率的に洗濯物を乾かす方法や、洗濯物の臭い対策を教えて下さい。
梅雨時の洗濯物は主婦にとって悩みの種ですよね。なかなか乾きにくい上に臭いも付いて、スッキリしないかと思います。それでは、梅雨時の洗濯物の乾かし方や、洗濯物の臭い対策、それに洗濯物に付いてしまった臭いを取る方法についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

梅雨の洗濯物の乾かし方

梅雨入りすると、ジメジメした日が続いて洗濯物が乾きにくくなりますよね。
雨の日が続くと洗濯物を外に干すこともできず、仕方なく部屋干しすれば家の中もジメジメ。
生乾きの嫌な臭いも気になります。

そんな雨の日が続く梅雨時の部屋干しで、洗濯物を短時間で乾かす方法を紹介したいと思います。

脱水を2回する

まず、部屋干しする前にもう一度脱水します。
これだけでも、水分が飛ぶので乾きやすくなります。

浴室で換気扇+除湿器

一番おススメなのが、浴室に干す方法です。
浴室乾燥機が付いている場合はそれを利用するのも良いですが、電気代もかかりますよね。

浴室の換気扇を回して、更に除湿器を使うのが効果的です。
浴室の扉は閉めて、密室にしておくのがポイントですよ。
除湿器がない場合は、扇風機でもOK。
突っ張り棒を利用すれば、ハンガーなどを使って衣類をかけて乾かすことも可能です。

部屋干しして扇風機をまわす

浴室が利用できない場合は、部屋干しをして扇風機をまわします
部屋干しする場合は、窓際は避けてなるべく部屋の中心部分に干す様にしましょう。
窓際は湿気が多いので、乾きにくく部屋干しをする場所には適していませんよ。

干し方を工夫する

干し方を工夫するだけでも、乾き方に違いが出ますので是非試してみて下さい。

  • 太いハンガーを使う
針金タイプの細いハンガーではなく、木製やプラスチック製の太目のハンガーを使いましょう。
そうすることで、衣類が密着しなくなり空気が通るので乾きやすくなります。

  • 間隔を空けて干す
衣類はハンガーなどで分散させて干し、干す間隔は最低でも10cmくらいは空けます。
これも、空気の通りを良くするためです。

  • タオルは開いて干す
タオルは二つ折りにしてタオルハンガーで干すことが多いと思いますが、部屋干しする場合は開いて干すようにしましょう。
スポーツタオルは、100均やニトリ、ホームセンターなどで売られているスカートハンガーがオススメですよ。
バスタオル用のハンガーも100均などで売られているのでチェックしてみて下さい。
見つからない場合は、二つ折りにして重なる部分を最小限にして干すと良いでしょう。

梅雨の洗濯物の臭い対策

洗濯物の臭いの原因は?

部屋干しをした時のあの臭いの原因は、雑菌です。
菌は洗濯物に付着し、皮脂や汗などをエサにしてドンドン繁殖して行くんです。
特に部屋干しの場合は洗濯物が乾きにくいことので、雑菌の繁殖の助けとなる水分がいつまでも残っている状態です。
それに太陽による殺菌効果も期待できないため、臭いが付きやすい条件が揃っているという訳です。

特にタオルが臭いことが気になりませんか?
乾いた後に臭いを確認した時はそれほど臭ってなかったのに、顔を拭いた瞬間「臭っ!」ってなった経験をお持ちの人も多いかと思います。

これは、臭いの原因となっている菌が、乾いている時よりも濡れた時に臭いを発生させるからなんです。
シャツやキャミソールなどの下着に菌が繁殖していると、汗をかいた時に臭いが発生し、汗臭さと菌による臭さとダブルパンチで最悪なことになります・・・。

洗濯物の臭い対策

それでは、この菌をなるべく繁殖させないためにはどうしたら良いか、紹介したいと思います。

  • 洗濯物は溜めないこと
少しだから、今日は洗濯しなくていいやー。
なんてこと、ありますよね。
でも、汗や皮脂の付いた洗濯物は、時間が経つに連れて菌が繁殖して行きます
なるべく溜めずに、こま目に洗濯をするようにしましょう。

  • 除菌効果の高い洗剤を使うこと
最近は、部屋干し専用など、除菌効果の高い洗剤が多く販売されています。
これらの洗剤を使うことで、出来るだけ雑菌を減らします。

アロマで除菌

我が家では、すすぎの時に、ティートゥリーという精油を1滴垂らしています。
このティートゥリーには除菌効果があるんですよ。

  • 洗剤を入れ過ぎないこと
汚れがひどい時に、洗剤を沢山入れたりしてませんか?
洗剤は多いほど洗浄能力が増すというものではありません。
逆に、洗剤が衣類や洗濯機に残ってしまい逆効果になりますので、洗剤の入れ過ぎには要注意ですよ。

  • 定期的に洗濯機を除菌すること
いくら洗濯物をきれいに洗っても、洗濯機が汚れていては意味がありません。
洗濯槽の裏側は、残った汚れ物のカスや洗剤など、カビや雑菌の繁殖にもってこいの環境なんです。
定期的に洗濯槽クリーナーなどを使用して、洗濯機をきれいにしましょう。

洗濯物の臭いの取り方

一度洗濯物についてしまった臭いは、次に洗濯してもなかなか取れませんよね。
これは、臭いの原因となっている菌が、普通に洗濯しただけではなかなか除菌されないからなんです。

こうなってしまった場合の対処法でオススメなのが、重曹+クエン酸による付け置き洗いです。

重曹とクエン酸をぬるめのお湯に溶かし、臭いの気になる洗濯物を一晩付けておいてから洗濯します。
お湯1L対して重曹大さじ1、クエン酸ひとつまみ程度が目安です。

重曹には消臭効果や皮脂などの酸性の汚れを落とす効果が、クエン酸には除菌効果や石鹸カスなどアルカリ性の汚れを落とす効果があるので、この二つは雑菌による臭い取りに最強の効果を発揮します。
また、クエン酸には柔軟剤効果もあるので、洗濯機でのすすぎの時に加えるとふんわりな仕上がりますよ。

それに、重曹とクエン酸なら自然素材なので環境にも優しいですし、赤ちゃんのいるご家庭でも安心ですよね。
なお、重曹とクエン酸を混ぜると発泡しますが、有害ではないのでご安心下さい。

梅雨の洗濯物の乾かし方とおすすめの臭い対策まとめ

梅雨時のジメジメした嫌な時期も、洗い方と乾かし方の工夫一つで洗濯物のストレスから解放されますよ。
洗い方と乾かし方のポイントをおさえて、今年の梅雨を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ