新入社員の歓迎会でのお酌のマナーやタイミングや順番について

beer2


4月から新社会人となりました。入社した会社で配属も決まり、新人歓迎会を開いてくれるそうです。先輩や上司へ失礼のないようにしたいと思っていますが、お酌のタイミングや回る順番など、お酌のマナーについて教えて下さい。
新入社員の方にとって、会社に入って最初の関門が歓迎会かもしれませんね。最初が肝心ですから、歓迎会での振舞いは重要ですよ。それでは、新入社員の歓迎会でのお酌のマナーやタイミング、順番について紹介しますね。
スポンサードリンク

新入社員の歓迎会でのお酌のマナーは?

新入社員歓迎会では、歓迎される側だからお酌は不要だろう。
なんて、思ってませんよね?
新入社員の皆さんは主賓でもありますが、新入社員歓迎会の席では一番下っ端。
上司に名前と顔を覚えてもらうための、最初の大仕事ですから積極的にお酌をしに回りましょう。

まずお酌をするときは、「お注ぎしますか?」と確認したうえで注ぎます。
大体、グラスのビールが半分以下になったらお酌のタイミングです。
また、グラスを逆さにしているのは「飲まない」のサイン、そのような上司はお酌はせず、挨拶だけしておきましょう。

お酌の時のビール瓶は両手で持ちます。
右手で瓶の底を持ち、注ぎ口を左手で支えるとよいです。
ビール瓶は瓶のラベルが上になるように持ってください。
瓶の注ぎ口をグラスに当てないように気を付けます。

お酌をするときは、「新入社員の○○です。よろしくお願いします」と簡単な自己紹介を兼ねた挨拶をしましょう。

と、細かく書きましたが、それほど神経質にならなくても大丈夫ですよ。
笑顔とハキハキした態度で、自己紹介して回れば十分好印象です。

新入社員の歓迎会でのお酌のタイミングは?

新入社員歓迎会でのお酌のタイミングは、乾杯後の自由な歓談時間に入ってからです。
乾杯直後に落ち着きなく動き回るのは、周りも落ち着かない気分になるのでやめておいた方が良いですよ。

まずは、場の雰囲気を確かめ、隣りや周囲にいる先輩の話に耳を傾けましょう。
乾杯後、場の雰囲気が落ち着いてきた頃を見計らってお酌をします。
乾杯のグラスが空くころがベストタイミングです。

新入社員の歓迎会でのお酌の順番は?

お酌の順番は、「役職の上の方から順番に」が基本です。

ただ、これは臨機応変に対応すればよいでしょう。
ふと目についた部長のグラスが空いていたら、社長にお酌をする前でも、お酌をしに行きましょう。
挨拶を兼ねたお酌が一通り済んだら、あとは周囲の空いたグラスに注いで回ります。

何でお酌をするの?お酌の意味は?

そもそもなぜお酌をするのか、ということについて考えてみたいと思います。

お酌については賛否両論あって、

何でわざわざお酌なんてする必要あるの?飲みたければ自分のペースで飲めばいいじゃん!

と、否定的な意見もあるかと思います。

また、女性の場合、

コンパニオンじゃないんだし、上司の横に座らされてお酌するなんてなんだか不快だわ

と思う場面もあったりします。

先日、主人の会社に新卒で入社して来た女の子が、先輩に社長へのお酌を命じられて、

「今は勤務時間外なのに、何でわざわざお酌しないといけないんですか?」

と、言って退けたそうです。

これには周囲の人達も唖然だったそうです。

これは、若い女性が行けば社長も喜ぶから的な考え方だったとすると、新人の女の子がムッとするのもわかるんですが、そうじゃないんですよ。
先輩は、社長に新入社員の顔を覚えてもらおうと思い、お酌に行くよう命じたんです。

社会人にとってコミュニケーションってすごく大事なんです。
それは、お客様とのコミュニケーションももちろんですが、一緒に働く同僚や先輩、上司とのコミュニケーションは、これから仕事をして行く上でもっと重要になります。
飲ミュニケーションなんて言われてるくらいですからね。

そのコミュニケーションが上手に取れる人は、仕事もデキる人に成長して行きますし、出世もします。
上司や同僚達との良い関係こそが、仕事の効率UPにも繋がるのです。
職場の人間関係って、すっごく大事ですからね。

そして飲み会は、コミュニケーションが最も取りやすい場でもあります。
その場において、まだ新人や若手のうちに積極的にコミュニケーションを取るという意味でも、お酌はその機会を与えてくれる良い習慣なんだと思います。

ちょっと面倒くさいなと思っても、自分がこれからその職場で働きやすくなるためだと思って、めいいっぱいアピールしてみて下さいね。

新入社員歓迎会でのお酌についてまとめ

以上が、新入社員の歓迎会でのお酌のマナーやタイミング、順番についてです。

新入社員歓迎会は、入社し配属されてから最初のコミュニケーションの場でもあります。
お酌をきっかけに上司や先輩社員の話を聞くことを心がけ、名前と顔を覚えてもらいましょう。

また、お酌の有無ややり方には、会社独特のローカルルールが存在することも多いです。
歓迎会の前に、先輩社員にお酌の有無ややり方を聞いておくと、歓迎会に安心して臨めますよ。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ