花粉症2016飛散の時期やピークはいつまで続く?症状はいつまで?

kahun


花粉症シーズン到来で、毎日鼻水と目の痒みが辛いです。2016年の花粉の飛散はいつまで続くのでしょうか。またピークは?この辛い症状はいつまで我慢すれば良い?
辛い花粉のシーズンが今年もやって来てしまいましたね。花粉症の辛い症状がいつまで続くのか、2016年の花粉の飛散時期ピーク、それに花粉症の症状はいつまで続くのか解説したいと思います。
スポンサードリンク


2016年の花粉の飛散時期は?いつまで続く?

花粉症に悩まされている人はいつからいつまで花粉の飛散が続くのか気になりますよね。
花粉は気温が高くなる頃から徐々に飛び始めますが、地域によて飛散する時期は異なります。
飛散する時期やいつまで続くのかある程度分かっていれば、花粉症対策で早めに対処できますね。

花粉症にも桜前線のように花粉症前線が日本気象協会によって発表されます。
2016年の花粉の飛散は、九州地方や西日本を始めに、2月上旬頃から始まりました。
東京でも、2月13日に大手町で花粉の飛散開始が日本気象協会によって観測されたようです。

北陸地方は少し遅れて2月25日頃、東北地方では3月上旬から飛散が始まっています。

花粉の飛散量は平年と比較すると若干少ないようですが、花粉が飛んでいることには違いがありません。

2016年の花粉は、2月〜3月にかけて多く飛び、3月下旬から4月下旬頃になると飛散が落ち着いてくると予測されます。
ただし関東は、約1ヶ月先の6月上旬頃まで飛散が続きます。

なお、ここでは春の花粉の代表格であるスギ花粉についてお伝えしましたが、ブタクサやヨモギなど秋の花粉もありますので、自分がどの花粉に敏感に反応するのか分かっていれば早めに対策もできますよ。

2016年花粉の飛散量は?

花粉の飛散量は、前年の夏の気温で決まります。
夏の気温が高いと、雄花がよく成長するので翌年の花粉の飛散が多くなり、逆に夏の気温が低かったり、晴れの日が少なかったりすると、雄花が成長せず翌年の花粉の飛散量も少なくなります。

そして、2016年はどうかと言うと、2015年の夏は8月上旬に猛暑が続いたものの、気温が上がった期間が短かったので、全国的に見ると花粉の飛散量は平年並みか、平年を下回ると予測されています。

花粉症のピークはいつまで?

花粉の飛散時期の中にもピークの期間があります。
ピークの期間中は花粉症の症状もひどくなるので、花粉症の人にとっては一番辛い時期でもありますよね。

花粉症のピークは地域によって若干の差がありますので、お住まいの地域のピーク時期を抑えておきましょう。

福岡:2月下旬〜3月上旬
高松、広島、大阪:3月上旬〜3月中旬
名古屋、東京:3月上旬〜3月中旬
金沢、仙台:3月中旬〜3月下旬

いずれも2月下旬から3月は花粉が多く飛んでいると思った方が良いでしょう。
4月下旬頃になれば花粉症の症状も落ち着いてくると予想されます。

花粉症の症状はいつまで?

花粉症の症状がひどい人にとっては、早く花粉症の時期が過ぎてほしいですよね。

花粉の飛散がなくなって、ピタっと症状も治まれば助かるんですが、実際にはその後約1ヶ月ほどは症状が残ります。

ですから、3月下旬から4月下旬頃に飛散が落ち着き、そこから1ヶ月後、だいたい5月下旬から6月下旬頃が花粉症の症状が治まる時期の目安となります。

2016年花粉の飛散まとめ

2016年の花粉の飛散時期やピークについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。
花粉症の時期が予測できれば花粉症対策を早めに準備することができますね。

また免疫力を高めることで症状が和らぐので普段から栄養バランスの良い食事や規則正しい生活で身体の調子を整えておきましょう。



スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ