諏訪大社御柱祭2016の概要をわかりやすく説明!日程や見どころも

image


長野県諏訪市にある諏訪大社の最大の神事である御柱祭は、テレビでもよく見る木落しの場面が有名ですよね。
でも実際には木落しはお祭りの一部で、他にも見どころは沢山あります。

2016年の御柱祭に出掛けてみようと思っている人のために、概要や見どころをわかりやすく説明したいと思います。

スポンサードリンク

諏訪大社御柱祭の概要をわかりやすく説明します

諏訪大社の御柱祭の正式名称は「式年造営御柱大祭(しきねんぞうえいみはしらたいさい)」と言います。
7年に一度と言われてますが、これは数え年なので実際には6年に一度ということになります。

御柱祭を一言で言うと、「宝殿の造り替えと社殿の四隅に御柱と呼ばれるもみの木の大木を建てるための神事」です。

諏訪大社には、上社と下社があり、更に上社には本宮と前宮、下社には春宮と秋宮の4カ所の境内を持ちます。
この4カ所の境内にそれぞれ4本、合計16本の御柱が建てられるのです。

諏訪大社御柱祭の日程は?

観光客で賑わう御柱祭の一連の行事は、山出しと里曳きの2回に分けて行われます。
山出しも里曳きも、上社と下社でそれぞれ別日程、別ルートで御柱が曳かれますので、日程的には全部で4パターンあります。

2016年御柱祭の詳しい日程を見て行きましょう。

山出しの日程

上社:2016年4月2日(土),3日(日),4日(月)
   
下社:2016年4月8日(金),9日(土),10日(日)

里曳きの日程

上社:2016年5月3日(火),4日(水),5日(木)
   
下社:2016年5月14日(土),15日(日),16日(月)

スポンサードリンク

諏訪大社御柱祭の見どころは?

諏訪大社の御柱祭は、前述の通り4パターンの日程で行われます。
4パターン全てを観覧できれば良いのですが、遠地からという人はいずれかの日程に絞って見に行かれるかと思います。

山出しと里曳きについて、上社と下社ではそれぞれ見どころが異なります。
どの日程で見に行こうか迷っている人のために、それぞれの見どころについて紹介したいと思います。

上社の山出しの見どころ

上社の山出しは、原村にある「綱置場」を八ヶ岳を背後に出発し、安国寺の「御柱屋敷」までの約12kmの道のりを曳行します。

上社の山出しの見どころは、以下の2つ。

  • 木落し
斜度27度の坂を御柱が一気に下ります。
御柱の先頭に取り付けられた「めどでこ」というV字の棒に、沢山の人を乗せたまま下る場面では歓喜がわき起こります。

kiotoshi_kamisya

木落しのスケジュール

4月3日:5本
 9時、10時、11時、13時、14時
4月4日:3本
 9時、10時、11時

  • 川越し
木落が終わると、続いて御柱は幅約40mの宮川を越えます。
まだ雪解け水のながれる冷たい川に飛び込む姿は、男らしく度胸を感じます。

kawagoshi

川越しのスケジュール

4月3日:3本
 13時半、14時半、15時半
4月4日:5本
 9時半、11時、13時半、14時半、15時半

下社の山出しの見どころ

下社の山出しは、下諏訪町の山腹「棚木場」から木遣りと共に出発し、国道142号沿いの「注連掛」まで曳行します。

下社山出しの最大の見どころは、何と言っても最大傾斜35℃、約100mの急斜面を一気に滑り降りる木落しです。
下社に建てられる合計8本の御柱が、3日間に渡って滑り落ちます。

テレビなどのメディアでよく取り上げられている御柱の場面の多くは、この下社山出しの木落しというだけあって、一番の人気観覧スポットでもあります。

これを観覧するための、有料の観覧席が約1万5千席用意されますが、2016年の申し込みは既に終了しました。
また、今年は当日券の販売はないとのことです。
観覧席以外の場所から見ることもできますが、かなりの人が集まりますので覚悟が必要です。

木落しのスケジュール

4月8日:3本
 13時、14時半、16時
4月9日:2本
 13時、15時
4月10日:3本
 11時、13時、15時

上社の里曳きの見どころ

山出しが終わって里曳きを待っていた8本の御柱は、「御柱屋敷」を出発してゆっくりと上社本宮と前宮へ向かいます。
里曳きの見どころは、騎馬行列や長持行列などが繰り出す華やかな御柱行列と、境内へ到着してから御柱を建てる建御柱です。

また、上社の里曳きでは、前宮の境内に向かう狭い急坂と階段を、木遣りやかけ声と共に引き上げる場面と、本宮の境内入口にある鳥居を潜らせる場面も見どころの一つです。

そして、一番の見せ場である建御柱では、境内は氏子と観光客で埋め尽くされます。
ワイヤーが取り付けられた御柱に若者達が乗り、木遣りと共にゆっくりと垂直に立てられて行きフィナーレとなります。

下社の里曳きの見どころ

image

注連掛に安置されていた8本の御柱が、下社春宮に向かってゆっくりと出発します。

下社の里曳きにも、国道20号線に華やかな騎馬行列や長持ち行列が繰り出し、とても華やかなパレードが行われます。
観光協会の方に伺ったところ、上社よりも下社の方が華やかだそうです。

春宮では狭い急斜面を下る木落しが行われ、その後御柱を建てる建御柱が行われます。
秋宮に建てられる御柱は、春宮を経由して2日目に秋宮へ向かってゆっくりと進み、秋宮の境内でクライマックスの建御柱を迎えます。

諏訪大社御柱祭り2016の概要まとめ

山出しと里曳きについて、上社と下社それぞれの見どころを説明しましたがいかがでしたでしょうか。
日本三大奇祭でもある諏訪の御柱祭は、見どころも多数で全てを見て回るのはなかなか難しいかと思いますが、見どころをおさえてどの場面を目に焼き付けるか、じっくり検討して下さいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ