菖蒲湯の由来や効能は?こどもの日には菖蒲湯に入ろう!作り方も説明します

syoubuyu


5月5日のこどもの日には、菖蒲湯にしてみようと思っているのですが、菖蒲湯はなぜこどもの日に入る習慣があるのでしょうか。それに、効能は?どこで買えて、どうやって作るのかも知りたいです。
こどもの日と言えば、鯉のぼりやちまき、柏餅などの他に、菖蒲湯も忘れてはいけない習慣の一つですよね。でも他のものに比べて菖蒲湯を取り入れているご家庭は少ないのではないでしょうか。それでは、菖蒲湯の由来や効能作り方について紹介しますね。
スポンサードリンク

菖蒲湯の由来は?こどもの日になぜ菖蒲湯に入る?

こどもの日は端午の節句とも呼びますが、菖蒲の節句とも呼ばれいて、菖蒲はこどもの日にはは欠かせないものの一つなんです。

菖蒲湯の歴史は、昔々の中国まで遡ります。
中国では菖蒲を厄除けのために用いており、病気や邪気を払うために軒先に吊るしたり、菖蒲酒にして飲むという習慣がありました。

この習慣は奈良平安時代に日本にやってきます。
当初は、端午の節句の習慣・行事として貴族の間で菖蒲が使われましたが、その後、武家が菖蒲に目をつけます。

菖蒲と勝負・尚武をかけて、縁起がよいとされたのですね。
武家では端午の節句や出陣前に武運長久を祈って菖蒲湯につかったり菖蒲を軒先に吊るしました。
この習慣が現代まで続いて、こどもの日には菖蒲湯につかることになったのです。
こどもの日は、男の子のお祭り、そのため武家の習慣が好まれたのでしょうね。

端午の節句の時期は、ちょうど春から夏への季節の変わり目でもあります。
そんな時期は、体調を壊しやすい時期でもありますよね。
そこで菖蒲湯に入ることで季節の変わり目を乗り切り、そして暑い夏も元気に過ごせます様にという願いが込められています。

菖蒲湯の効能は?

菖蒲に含まれる成分は、以下の様な効能を発揮します。

  • 血行促進
  • 腰痛
  • 神経痛
  • 冷え性
  • 筋肉痛
  • リュウマチ
  • 肩こり
  • リラックス効果

また、菖蒲の独特の香りはアロマ効果もあって、菖蒲湯に浸かることでリラックスすることもできますよ。

菖蒲の入手方法と菖蒲湯の作り方

まず、菖蒲湯に入るには、菖蒲を手に入れる必要がありますよね。
普段菖蒲を見かけることはあまりないと思いますが、こどもの日が近づくと、菖蒲はスーパーや花屋に並びます

「あやめ」や「花菖蒲」と間違えない様に!

「あやめ」は漢字で「菖蒲」と書くので、とても紛らわしいですが菖蒲湯の菖蒲とは全く別の植物です。
また、花菖蒲もあやめも菖蒲湯の菖蒲と葉の形が似ているので、花屋で購入するときには、間違えないように気を付けてくださいね。

続いては、菖蒲湯の作り方のポイントを紹介します。

湯船に菖蒲を浮かべれば完成!
まあそれでも良いのですが、せっかくならば香りを存分に楽しみたいですよね。

1. 菖蒲を10本程度で束ねます
お湯の中でバラバラになるのを防ぎます。
後片付けが楽になりますよ。

2. 空の浴槽に菖蒲を入れます
このとき、葉と茎両方を入れてください。
葉には香りが、茎には薬効が含まれています。
また、スーパーなどで菖蒲湯セットを購入したとき、よもぎが付いてくることがあります。
よもぎには保温効果がありますので、一緒に浴槽に入れましょう。
ただし、よもぎには陣痛促進の作用がありますので、妊娠中の方はよもぎはやめておきましょう。

3. 浴槽に42〜43度の少し熱めのお湯を入れましょう。
これで菖蒲湯の完成です。
菖蒲湯には肩までゆっくりと浸かりましょう。

菖蒲湯に入っている時に、菖蒲をお子様の頭にハチマキのように巻いてあげて下さい。
菖蒲を頭に巻くと頭が良くなるとか、健康的に育つなどと言われているんですよ。
「強い男の子になれるんだよー」と言って巻いてあげると、お子様も喜ぶことでしょう。

菖蒲湯の由来や入り方まとめ

以上が、菖蒲湯の由来や効能、菖蒲湯の作り方などについてでした。
こどもの日には、お子様と一緒に菖蒲湯につかりながら菖蒲湯の由来や効能をお話してあげてくださいね。
菖蒲湯を作るときは、お湯を入れたら少し時間をおき、菖蒲の香りや薬効が湯に染み出るのを待つとよいですよ。

この記事も一緒に読まれてます

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ