イースターの由来とは?2016年はいつで何をする日か子供に簡単に説明しよう

easter


ディズニーランドのイースターのイベントCMを見て、子供にイースターって何?って聞かれたんだけど答えられなくて。。。最近日本でもよく耳にするけれど、イースターってどんな日で何をするの
ここ数年、日本でもイースターの名前を耳にする機会が増えましたね。しかしこのイースター、具体的に何の日なのか、何をする日なのか、いまいちぴんと来ないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、イースターのことをもっと知りたい、イースターを楽しみたいという方のために、イースターの意味や由来などについてご紹介します。
スポンサードリンク

イースターとは?意味や由来は?

ハロウィンが日本に定着しつつあるのと同じ様に、最近ではイースターも日本で耳にするようになりました。
やはり一番のきっかけは、ディズニーランドのイベントからではないでしょうか。

最近は、日本でもイベントが開かれたり、100均ショップでもイースターのグッズなどが店頭に並んでいたりと、イースターが浸透しつつあります。

とは言え、まだまだイースターについて詳しく知らないという人の方が多いのではないでしょうか。

イースターとは一言で言うと、「イエス・キリストが復活した日」です。

イエス・キリストが十字架にかけられて処刑されたことは日本でもよく知られていますよね。
処刑から3日後、イエス・キリストは預言通り、復活を果たしました。
イースターとは、このイエス・キリストの復活をお祝いする日なのです。

ただ、イースター自体は、キリスト教誕生よりも前から存在していたといわれています。
元々は、イースターは春をお祝いする日だったようです。
日本で言う、春分の日のようなものですね。

春のお祭りとして浸透していたイースターとキリスト教の復活祭が合体して、現在のような形になったといわれています。

イースター2016年はいつ?何をするの?

日本で春分の日が毎年変わるように、イースターも毎年決まった日というわけではありません。
イースターは「春分の日が過ぎて最初の満月が出た後の次の日曜日」と決められています。

2016年は3月27日です。

この日、キリスト教の方々は、家族でごちそうを食べたり、イースターエッグを使って遊んだりします。
イースターエッグとは、カラフルな卵のことです。

easteregg
最近は日本でも春になると、お洒落な雑貨屋さんなどの店頭で、こんな感じのカラフルな卵をみかけるようになりましたよね。

このカラフルな卵、イースターエッグを使って何をするかと言うと・・・

  • エッグハント:庭などに卵を隠して探すゲーム
  • エッグレース:卵をスプーンの上に乗せて落とさない様にゴールまで競う
  • エッグロール:丘の上から卵を転がして遊ぶ

イースターを子供にもわかる説明は?

イースターを子供に説明するときは、

  • キリスト教のお祭りであること
  • 春の訪れを祝うお祭りであること

の2点を教えてあげましょう。

キリスト教のお祭りでは、日本ではクリスマスが広く浸透していますよね。

クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う日、そして、イースターはイエス・キリストの復活を祝う日である、というようにクリスマスとイースターを並べて教えてあげると子供でもわかりやすいでしょう。

春のお祭りでは、日本ではひな祭りや春分の日が一般的ですね。
日本で春の訪れをお祝いするように海外でも春がきてうれしいとお祝いするのよ」と説明するとよいですよ。

イースター(復活祭)の意味や由来まとめ

以上が、イースターの意味や由来などについてでした。
イースターは、キリスト教徒にとって、クリスマスよりも重要な日といわれています。
クリスマスと同様、家族でごちそうを囲み、家族で大切な時間を過ごす日です。
イースターにはぜひ、家族で楽しい時間を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ