花粉症による目のかゆみを抑える対策と解消するツボや効果的な洗い方

menokayumi


花粉症シーズン到来で、目がかゆくなってきました。毎年目のかゆみには悩まされてて、目薬をさしたりしてるんですが改善されません。目のかゆみを抑えるのに効果的な対策を教えて下さい。
花粉症はくしゃみや鼻水、目の症状を主な症状としますが、症状の種類は個人によっても様々です。どれも辛い症状ですが、目の痒みもストレスになるほど辛いことですよね。それでは、少しでも目の痒みが軽減されるよう、花粉症による目のかゆみを抑える方法や、目のかゆみを解消するツボ、それに効果的な目の洗い方について紹介したいと思います。
スポンサードリンク

花粉症による目のかゆみを抑えるおすすめの対策

花粉症にかかったほとんどの人が悩まされるのが目の痒みですよね。

目は特に花粉の影響を受けて、花粉症の症状として現れやすい部位でもあります。
その理由は、結膜は外部と接しているので花粉が入りやすいことや、結膜には異物を排除しようと戦おうとする免疫細胞が沢山あることなどが挙げられます。

そして、花粉による目のかゆみの症状は、「季節性アレルギー性結膜炎」と呼ばれ、通年性のアレルギー性結膜炎と区別されます。
これは、花粉が目に付着したことで炎症が起こり発症するものですが、目のかゆみの他にも、目の充血や目やにがでたり、目の異物感、痛みなどの症状が現れます。

この痒み、なるべく我慢はするものの、衝動的に一度掻いたりこすったりすると、止まらなくなってしまって無我夢中に掻きまくった結果、目が真っ赤に腫れてしまった・・・なんて経験がある人も多いはず。
私も、お風呂で洗顔時にかゆみが止まらなくなり、もう自制心もぶっ飛んで掻きまくったことがあります(^^;

この様に痒いとついつい目をこすりたくなりますが、強く擦ったり、こすりすぎたりすると目を傷めてしまい細菌感染を引き起こすこともあるので注意が必要です。

それでは、なるべく目をかいたり擦ったりしないために、目の痒みを抑える対策を紹介します。

  • 目を洗う
目を洗うことによって、目に付着した花粉を洗い流すことができるので、かゆみにも効果的です。
目を洗う時は、洗浄液などを使用すると良いでしょう。
目を洗う前に顔を洗うと、肌に付着している花粉が落ちるので目に花粉が入りにくくなります。

  • 目を冷やす
直接的な対処法ではありませんが、目を冷やすことで炎症が抑えられ、一時的にかゆみも解消されます。
目が痒いときは目を冷たいタオルや小さめのアイスノンなどで冷やすと良いでしょう。

  • 点眼薬(目薬)をさす
医療機関で処方してもらった点眼薬(目薬)を使用するのが良いでしょう。
もし市販のものを使用する場合は、花粉症用やアレルギー用の目薬を選びましょう。

  • 目の痒みを和らげるツボを押す
目のツボを押すことで痒みが軽減するでしょう。

花粉症による目のかゆみを解消するツボは?

かゆみ対策としても挙げたツボ押しですが、花粉症から起こる目の痒みはツボ押しで解消することもできます。
ツボ押しは気軽にできるため、目に痒みを感じたら目をこする前にツボ押しで痒みを抑えてみましょう。

花粉症に効くツボを4つ紹介しますので是非、実行してみて下さいね。

攅築(さんちく)

santiku
眉毛の内側部分にあるツボです。
この部分を鼻の方向に押して下さい。

睛明(せいめい)

seimei
目頭と鼻の骨の間のツボです。
この部分を親指と人差し指でやや強めに押します。
目のかゆみの他、鼻の通りにも効くツボです。

印堂(いんどう)

indou
眉毛と眉毛の間のツボです。
親指でゆっくりと円を描く様に押します。

合谷(ごうこく)

goukoku
親指と人差し指の骨がV字に合流する部分のやや人差し指よりにあるツボです。
ここをもう片方の親指と人差し指で挟むようにして揉むのが良いですよ。
合谷は首から上の症状に万能なツボと言われていますので、他のツボと一緒に是非合谷も押しておきましょう。

以上にあげたツボを押すだけで痒みから解消されるので、目が痒いと思ったら一度お試し下さい。
なお、ツボを押す前に手を洗うことをお忘れなく。
手に付着している花粉が、目に入ってしまうことを避けるためです。

花粉症による目のかゆみは洗うのが効果的?

花粉が肌やまつげ、目の粘膜などに付着することで、異物の侵入を検知した免疫細胞が活発に働くことで目の痒みなどの症状が現れます。
ですので、目を洗って花粉を取り除いてあげることで目の痒みも和らぎます

目を洗う時は目の表面を保護している涙の成分に優しい人工涙液を使用すると良いでしょう。

またシャワーの優しい水圧で瞬きしながら洗い流すのも良い方法です。
水道水に含まれている塩素は一度の使用で目を傷めることはほとんどないので、シャワーの水圧を弱めにして帰宅後に実行するようにして下さい。
頻繁に洗うのであれば、水道水ではなく人工涙液の使用をおすすめします。

また、市販されているカップ式の洗浄液で目を洗う時は、カップの中に花粉が混入しないためにも顔を洗ってから目をカップにつけるようにしましょう。

洗浄液は頻繁に使用すると涙の成分を洗い流してしまうことがあるので、使用回数を守って洗うようにして下さい。

花粉症による目の痒み対策のまとめ

目のかゆみは本当に辛いものがありますよね。
ここで紹介した対策は簡単にできるので、目が痒い時に是非実行してみて下さいね。

また花粉症の時期はコンタクトレンズの使用を避けて、メガネを使用するようにしましょう。
バランスの良い食事や睡眠など普段よりもさらに目をいたわることも大切です。

まつ毛に花粉が付着すると痒みの原因になるので、外出するときは花粉症用の眼鏡で目を花粉から守るようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ