花粉症による肌荒れに要注意!症状や効果的なスキンケアは?

hadaare


最近お肌がカサカサしたり、痒みや赤みが気になるんだけれど・・・。もしかして、花粉症のシーズンだからかしら?花粉症で肌荒れって起こる?その場合の症状やスキンケア方法は?
花粉症シーズンになると、肌荒れに悩む女性が急増します。これは、花粉症がお肌にも影響するからなんですよ。それでは、花粉症による肌荒れの症状や、効果的なスキンケア方法についてお話したいと思います。
スポンサードリンク

花粉症が原因で肌荒れになることはある?

毎年やってくる花粉症の季節はくしゃみや鼻水、目の痒みの他に、お肌にも症状が出ることがあります。
花粉症の時期になると肌がかさかさしたり、肌が痒い、湿疹や赤みなど心当たりのある方もいるのではないでしょうか。

このような症状が見られるときは、花粉症による皮膚炎(花粉症皮膚炎)を起こしている可能性があります。
花粉の季節は鼻や目の粘膜の他に、お肌も敏感になっているんです。

花粉症は、目や鼻の粘膜に花粉が付着して、アレルギー反応を起こし症状があらわれますよね。
これと同じ様に、肌に花粉が付着すると肌が痒くなったり、乾燥したり、肌に赤みがでるなど肌荒れの原因になります。
特に目の周囲など、皮膚が薄い部位や頬などには症状があらわれやすいのです。

また、肌が乾燥している時は花粉が付着しやすい状態のため、さらにアレルギー反応が強く起きてしまいます。

花粉症皮膚炎による肌荒れの他に、花粉が直接的な原因ではありませんが、マスクやティッシュの使用による摩擦が原因となり肌荒れを起こすこともあります。
鼻のかみ過ぎで鼻がカサカサしてしまうことってよくありますよね。
なるべく鼻をかむ時は、柔らかいティッシュで擦らずにやさしく押さえて拭き取るようにして下さい。
また、マスクはお肌に接する面の少ない立体的なマスクを着用すると、摩擦が起きにくくて肌荒れも防げますよ。

花粉症による肌荒れの症状は?

花粉症による肌荒れは「花粉症皮膚炎」とも呼ばれています。

花粉による肌荒れの主な症状は、

  • 肌が乾燥してカサカサする
  • お肌が痒い
  • 頬に赤みがある
  • 頬に湿疹がある

などが見られます。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質ではなく、花粉症の季節にこのような症状がみられたら花粉症皮膚炎を疑いましょう。

またアトピー性皮膚炎がある方は、花粉症の時期に症状が悪化する傾向にあります。

肌の保護(バリア)機能も低下している状態のため、適切なスキンケアが大切になります。

花粉症による肌荒れに効果的なスキンケアは?

花粉症による肌荒れを予防するには、マスクを装着して花粉が直接、肌に触れないようにします。

ファンデーションも肌に刺激の少ないパウダーファンデーションや、フェイスパウダーなどで軽くはたくようにします。

リキッドファンデーションはNG!

リキッドファンデーションやクリームタイプのものは、お化粧のカバー力はありますが、花粉が付着しやすく炎症を起こしているときは刺激になるため使用を控えるようにします。

そして、帰宅したらすぐに刺激の少ないクレンジング剤で、メイクと顔に付着した花粉を洗い流しましょう。

すすぎは肌に負担のかからないぬるま湯が良いですよ。
なるべく手でお肌をこすらないよう、優しく洗顔します。

洗顔後は、速やかにアルコールや香料が含まれていない自分にあった化粧水で保湿をします。
肌荒れがひどい時はクリームの使用は避けて低刺激のワセリンを肌に薄くのばすようにします。

肌の状態がひどい時は、皮膚科を受診して適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

花粉症による肌荒れの症状と対策まとめ

花粉は目や鼻以外に、肌にも付着して肌トラブルの原因になることがあるということが理解いただけたかと思います。

花粉の影響でお肌の状態が不安定になると、更に肌荒れしやすくなってしまいます。
花粉症の時期は、肌に刺激の少ないナチュラルメイクを心がけるようにすると良いですよ。

また食事にも気を配り、栄養バランスのとれたメニューでアレルギーに対する抵抗力をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ