端午の節句お祝い向けおもてなしメニューと離乳食に食べ物の由来も紹介

kasiwamoti2


もうすぐ長男の初節句。夫と私の両親を我が家に招待して、端午の節句を祝う予定です。夫の両親はこうした行事やしきたりにこだわる方なので、お祝い向けのおもてなしメニューにも、端午の節句にちなんだ食べ物を用意しないとと思ってます。また、息子はまだ離乳食しか食べられないので、端午の節句らしい離乳食メニューを探してます。
息子さんの初節句のお祝いは、お母さんも気合いが入りますよね。ご両親を招待するとなると、お祝いのお料理も手を抜けませんね。それでは、端午の節句のお祝い向けおもてなしメニューや離乳食メニューについてご紹介したいと思います。
スポンサードリンク

端午の節句に食べる食べ物と由来は?

お祝いのメニューを考える前に、まずは端午の節句に食べるとされている食べ物の由来についてお話したいと思います。

端午の節句に食べるものといえば、柏餅とちまきですよね。
この2つの食べ物をなぜ端午の節句に食べるのか、その由来をご紹介します。

柏餅

kasiwamoti
柏餅に巻かれている葉っぱは、柏の木の葉っぱです。
この柏は、新芽が芽吹くまで古い葉っぱが木から落ちることはないんだそうです。
このことから、柏餅には「子どもが生まれるまで親が死なないように」、つまり「家系が途絶えず子孫繁栄しますよう」にという願いが込められています。

ちまき


ちまきは、中国由来の食べ物ということをご存知でしたでしょうか。
古来より中国では「ちまきは邪気を祓うもの」とされていたため、日本では「災いを避けられますように」という願いを込めて、端午の節句に食べるようになりました。

ちまきには、色々な種類のものがあるって知ってましたか?
餅米に具を混ぜた混ぜご飯のような中華ちまきや、あんこの入ったちまき、それに形も三角形だったり細長かった、俵型だったりと、国や地域によっても様々な種類のちまきが存在します。

端午の節句に食べるちまきには特に決まりはありませんので、お好みで選んでみて下さいね。

代表的なこの2つの食べ物の他にも、子供の成長を願ったり、お祝いするのに相応しい縁起の良い食べ物がまだまだありますよ。

  • たけのこ
たけのこはとても成長が早く、グングンと空に向かってまっすぐ、そして大きく育ちます。
ですから、子供の成長を願うという意味が込められており、端午の節句のお祝いにはピッタリですね。

  • 鰤(ブリ)
ご存知、ブリは出世魚です。
子供が将来出世して行く様にという願いが込められています。

  • 鰹(カツオ)
カツオ=勝男。と、勝利を意味します。
どんな勝負にも打ち勝つ強い子に育ちます様にという願いが込められています。

  • 蓮(レンコン)
穴があいていることから、見通しの良い人生を表します。

どれも身近で手に入れやすい食材ですので、初端午の節句のお祝い料理にも取り入れてみて下さいね。

端午の節句のお祝いにおすすめのおもてなしメニューは?

端午の節句で食べると良いとされている食材を使用して、端午の節句のお祝いに相応しいおもてなし料理を作ってみましょう。
実家の両親を招いての初節句祝いは、高齢の方でも食べやすい和食メニューにすることをオススメします。

前述の、端午の節句にちなんだ食材を使用した料理にするならば、

  • ブリの照り焼き
  • カツオのたたき
  • 筍とレンコンの煮物

あたりが定番です。

これだとちょっと豪華さに欠けるので、ブリの照り焼きの代わりに鯛の尾頭付きの塩焼きにすると、豪華さとおめでたさが倍増です。

また、おめでたいお祝いの席には欠かせない、お赤飯やちらし寿司も良いかと思います。

更に、縁起物の定番である海老を使った茶碗蒸しも、お祝い膳にぴったりですね。
茶碗蒸しってちょっとハードル高そうですが、とても簡単に作れるんですよ。
だし汁と溶き卵を混ぜてから、具を入れた器に流して蒸すだけで完成なんです。

茶碗蒸しの器も100均で手に入りますよ!

image
こちらはダイソーで購入した茶碗蒸しの器ですが、とても重宝しています。

端午の節句の料理を離乳食で!オススメレシピ

大人向けのお祝い料理が決まったら、まだ食べることのできない息子さんの離乳食もいつもとちょっと違う初端午の節句お祝い離乳食にしてみましょう。

  • 鯉のぼりの三色お粥

お粥で鯉のぼりを作ってみてはいかがでしょうか。
お皿にお粥を鯉のぼりの形に盛りつけるだけなので、案外簡単に出来てしまいますよ。
茹でてすりつぶした人参やほうれん草、ゆで卵の黄身を混ぜて、三色のお粥を作り、お皿に鯉のぼりを描きます。
お粥は月齢に合わせて、固さを調整して下さいね。
離乳食後期のお子様には、お粥ではなく食パンで鯉のぼりを型取ってもいいですよ。

クックパッドで、「こいのぼり 離乳食」で検索すると、沢山レシピが出て来ますので是非参考にしてみて下さい。

  • マッシュポテトde柏餅
柏餅に見立てたマッシュポテトもオススメです。
餡子の部分はカボチャを使うといいですよ。
茹でたカボチャをつぶして丸めたら、マッシュポテトで柏餅風に包み込みます。
そして、茹でた小松菜を柏の葉っぱ代わり巻いたら完成です。

端午の節句の食べ物の由来とおもてなし料理のまとめ

以上が、端午の節句の食べ物の由来や意味と、端午の節句におすすめのおもてなしメニューなどについてでした。
初端午の節句には、離乳食も用意して、ご家族・お子様皆様で楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ