紫外線の目への影響や症状と病気のリスクは?アフターケアと充血や頭痛の対処法

taiyo


日中外にいたら、目が充血してしまいました。顔は日焼け止めをしっかり塗って紫外線対策したのだけど・・・。肌は紫外線を浴びると日焼けするけれど、の場合はどうなるのかしら?病気のリスクは?充血してしまった場合はどうしたらいい?
は知らず知らずのうちに紫外線の影響を受けています。肌は日焼け止めを使用できますが、目はどうしても無防備になってしまいますよね。それでは、紫外線の目への影響や、目に紫外線を受けたときの症状、それに目の病気のリスクや気になるアフターケアについてお話したいと思います。

スポンサードリンク



  • 春スキーに行ったら目が充血している
  • 海水浴をした後に目が痛くなった
  • 子供の運動会で1日中外にいたら頭が痛くなった

こんな経験をしたことがある人が、今この記事を読んで下さっていることと思います。

屋外で過ごした後に、目が充血したり痛みがあったりした場合、それは紫外線による影響の可能性が高いです。
目のトラブルは、顔の印象が変わったり、視力低下の不安があったりするので軽視できませんよね。


紫外線の目への影響は?

紫外線の種類

紫外線は、波長によってUV−A、UV—B、UV−Cと3種類に分類されます。

  • UV−A

紫外線の殆どがこのUV−Aです。
ジワジワと肌の奥まで届き、肌のシワ・たるみや老化の原因になります。

  • UV—B

シミやそばかす、皮膚がんの原因になります。
UV—Aよりもはるかに有毒だと言われています。
また、日焼けはこのUV—Bによって引き起こされます。

  • UV−C

UV—Bよりも有毒ですが、オゾン層で吸収されるため人体にはあまり影響がありません。
しかし、近年はオゾン層の破壊により、UV−Cが地上に届く可能性が危険視されています。

紫外線の目に及ぼす影響

この3種類の紫外線のうち、目に影響を及ぼすのはUV—Bです。

紫外線は目には見えませんよね。
しかし目の結膜(白目の部分)、水晶体(レンズの部分)、網膜(光を感じる部分)に届き、影響を及ぼすのです。

目の結膜や水晶体も、紫外線により日焼けのように炎症を起こしたり、たんぱく質が変性して水晶体が濁ったりします。
また、外出の時など、皮膚に日焼け止めクリームなどを塗ったとしても、目から入る紫外線でシミ・そばかすが増える可能性もあるんです。

お肌に日焼け止めクリームを塗ったからシミ対策は大丈夫♪って訳ではないんですね。

紫外線を目に浴びると起こる症状

紫外線を浴びた場合、目には以下の様な症状が起こる可能性があります。

  • 眼球の充血
  • 眼球の痛み
  • 目の奥の痛み
  • 涙が止まらない
  • まぶしい感じがする
  • ゴロゴロした感じがする
  • 目が乾く

これらの症状は、目に紫外線を浴びたことにより、目の結膜(白目)、角膜(黒目)が炎症を起こしているということです。

紫外線が原因の目の病気とは

紫外線が原因の眼の病気には、次のものがあります。

  • 瞼裂斑(けんれつはん)

瞼裂斑(けんれつはん)は、結膜(白目の部分)が厚くなる状態です。
炎症を起こすと瞼裂斑炎となり、白目の部分が充血する、盛り上がってゴロゴロするなどの症状が出ます。
瞼裂斑の治療は、眼薬で炎症を抑えたり目を安静にしたりすることです。

  • 翼状片(よくじょうへん)

翼状片(よくじょうへん)は、結膜(白目)の部分の半透明の膜が角膜(黒目)の部分に出っ張ってくる病気です。
黒目の部分をおおってくるので、視野(見える範囲)が狭くなってくる(視野狭窄)という症状があります。
視力低下や視野狭窄が強い場合は、手術によって出っ張った結膜の部分を取り除きます。

  • 白内障(はくないしょう)

紫外線により、水晶体が白く濁ってしまう病気が白内障です。
白内障では痛みはありませんが、物が見えにくくなります。
白内障は高齢者に多く、急激に起こる病気ではありません。
しかし、目に入る紫外線を押さえておくと、白内障になりにくいことが分かっています。

紫外線を目に浴びたときのアフターケアー方法

目は露出されている部分だけに、紫外線を浴びる機会は多いですね。

紫外線を長時間浴びることによって角膜炎や白内障、翼状片など目の病気の原因となることがあります。
また紫外線は目から入り脳に伝達されて、肌の日焼けの原因ともなります。

紫外線を目に浴びたときのアフターケア方法は、まず目を冷やすことが重要です。

目の充血や痛みなどの症状がある時は、抗炎症作用のある目薬を点眼するようにしましょう。
そして十分な睡眠で目を休ませるようにします。

また、紫外線のダメージから目の病気を防ぐのに効果的のある、ビタミンA、C、E郡の食品を摂取するようにしましょう。
ほうれん草やブロッコリー、ニンジン、トマト、キウイやオレンジなど積極的に摂ると良いですよ。

目に紫外線を浴びた時は、身体の内からケアしてあげることも大切なんです。

紫外線で目が充血したときの対処法

紫外線を浴び続けると角膜や結膜に影響を受け、紫外線角膜炎などの急性症状があらわれます。
紫外線角膜炎は充血や目の痛み、涙目、目の違和感などが主な症状になります。

またひどい時は、白内障になったり視力低下の原因にもなります。

目が充血してしまった時は、まずすぐに冷たいタオルやアイスノンなどで15分くらい目を冷やすようにしましょう。

そして紫外線による炎症を抑える目薬を薬局などで購入し、点眼するようにします。
薬局では、状況を薬剤師さんに説明して、適切な目薬を教えてもらいましょう。

これ以上目に負担をかけないためにも、目を閉じてゆっくり休むようにすることも大切です。

紫外線を目に浴びて頭痛がする時の対処法

紫外線を目に浴び過ぎた際に頭痛を引き起こす原因は、紫外線による光刺激や疲労によるものと考えられています。
紫外線を浴び続けることにより目に負担がかかり、頭痛を引き起こすのです。

もし、紫外線を目に浴びて頭痛がしたら、日陰に避難して目や頭を冷やし休むようにしましょう。

また水など水分を摂取するのも、頭痛を軽減するのに効果があります。

紫外線を目に浴びて頭痛を引き起こさないためにも、日傘をさしたりサングラスをかけて目を保護するようにしましょう。

紫外線の目への影響と浴びた時の対策まとめ

以上が、目と紫外線の関係についてと、目に紫外線を浴びてしまった時の対処法です。

実は夏よりも、春や秋、夕方など、太陽が低い位置にあるときの方が、目に入る紫外線は強くなります。
屋外で長時間過ごす時には、皮膚の日焼け止めだけでなく、目に入る紫外線を抑えることも大切です。

例えば、紫外線を多く浴びる場所では、つばの広い帽子をかぶったり、UVカット機能のあるメガネやサングラスをかけるなど紫外線対策をし、目に入る紫外線を防ぎましょう。

目は紫外線対策を忘れがちですが、肌と同じように紫外線の影響を大きく受けるということを日頃から認識しておきましょう。

スポンサードリンク

この記事も一緒に読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ